PSP版『グランツーリスモ』は開発中― グランツーリスモ5を補完するものに? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PSP版『グランツーリスモ』は開発中― グランツーリスモ5を補完するものに?

2004年秋にアナウンスされ、2005年春に発売予定とされたグランツーリスモ4 モバイル(仮称)ですが、最近では話題に上ることもありませんでした。が、とあるところから、そのPSP版 グランツーリスモ に関する情報が舞い込んで来ました。グランツーリスモ5に関する

家庭用ゲーム PS3


2004年秋に[url=http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20041027_psp_gt4m.html]アナウンス[/url]され、2005年春に発売予定とされたグランツーリスモ4 モバイル(仮称)ですが、最近では話題に上ることもありませんでした。どこでもグランツーリスモを楽しめる目玉タイトルとして期待を集めていたPSP版。とあるところから、そのPSP版グランツーリスモに関する情報が舞い込んで来ました。

これは、スペインの[url=http://www.meristation.com/v3/des_articulo.php?pic=GEN&id=cw476568836d01b]Meristation[/url]というサイトに掲載されたグランツーリスモ5に関する山内一典氏へのインタビューから明らかになったもの。このインタビューの内容を一部掲載した[url=http://www.gamesey.com/page.php?t=3176]Gamesey[/url]からわかったことを、こちらも気になるグランツーリスモ5に関する情報と併せてご紹介してみたいと思います。



・グランツーリスモ5 プロローグは、ファンの反応を試すためにある

・GT5は2008年クリスマスを予定している

・全てが"Perfect"になるまで発売は遅れるかもしれない

・全ての車両はゼロからリデザインされる

・車一台につき6ヶ月、ひとつのサーキットにつき1年を費している

・サーキットのためだけに30人が働いている

・オンラインに適した新しいインターフェイスには満足している

・車両のダメージ表現については試行中だが、妥協が必要かもしれない
(山内氏はダメージ表現を望んでいないが、リアリティの一部としてファンがそれを望むことは理解している。また、いくつかの自動車メーカーはダメージ表現を気にしないが、それを禁じるメーカーもある。そのため、ダメージ有りの車とダメージ無しの車が共存するかもしれない)

・発売日を除き、開発に制限は無い。しかし、山内氏が満足するまでは発売されないだろう

・山内氏は、昔からRPGを作りたいと思っている

・"-Currently working on Gran Turismo Portable (!). Will come after GT5 and will be a complementary, satelite game."
(現在もグランツーリスモ ポータブルは開発中!GT5の後に発売され、(GT5を?)補完するものになるだろう)

・GT5を完成させた後は、ほぼ1年間オンラインのために働き続ける予定


[size=x-small]いつかはPSPでグランツーリスモ!?[/size]


直接スペインのサイトを確認できたわけでは無いので、全てを鵜呑みにはしてはいけませんが、ポータブル版のグランツーリスモについての言及があったのは確かなよう。発売されるのであれば「グランツーリスモ4 モバイル」としてではなく、グランツーリスモ5と何らかの連携を取るような形になる方が自然かも。

また、海外(欧州)でのスケジュールながら、グランツーリスモ5が2008年のクリスマスに発売される、という発言もあったようです。ただ、完璧な仕上がりになるまでは発売されないようで、このスケジュールは変わる可能性も高そう。今はグランツーリスモ5 プロローグをプレイしながら気長に待つのが良いようです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamesey.com/page.php?t=3176]Gamesey[/url]) (Via: [url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=177835]CVG[/url])[/size]

【関連記事】
VGA 07: 『グランツーリスモ5 プロローグ』 インプレッサからGT-Rまで!最新映像
GC 07: 内装やダメージまでもついに実現?『グランツーリスモ5 プロローグ』デモ
『Gran Turismo 5』、明らかになっている情報をまとめて紹介

グランツーリスモの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Sony Computer Entertainment Inc. All manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game are trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.


 


《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

    『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

  3. PS4新作『GUNGRAVE GORE』はハーフ・オープンワールドに―IGGYMOBセッションレポート【TGS2018】

    PS4新作『GUNGRAVE GORE』はハーフ・オープンワールドに―IGGYMOBセッションレポート【TGS2018】

  4. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

  5. 『アサシン クリード オデッセイ』ギリシア神話研究家 藤原シシンさんが語るコメンタリー動画が公開

  6. 『レッド・デッド・リデンプション2』には一人称視点モードが搭載!―海外ハンズオンで判明

  7. 超現実ノスタルジックADV『The Gardens Between』配信開始! 時間を操り島の秘密を解き明かせ

  8. 『バイオハザード RE:2』クレア編の試遊デモハンズオン―進化したビジュアルと恐怖、そして気高く強いクレアを体験せよ!【TGS 2018】

  9. ダンテ参戦!『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

  10. 【吉田輝和のTGS絵日記】PS4最新作『Days Gone』を一足先に体験!数の暴力は恐ろしい…

アクセスランキングをもっと見る

page top