『Dead Island』ホラー系で初の一人称格闘 インタビュー&スクリーンショット | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dead Island』ホラー系で初の一人称格闘 インタビュー&スクリーンショット

PC Windows

「あのゲームの続編か?」と巷で噂になっていた[b]Dead Island[/b]。この度、久々に新しい情報が入ってきました。開発元のTechlandプロダクトマネージャーが語るこのゲーム、確かにゾンビホラーアクションではあるものの、その中で「初の一人称格闘」とのこと。自由度も非常に高いそうです。




プロダクトマネージャーであるMarcin Pio'ro氏のコメントが掲載されていましたので、ご紹介します。


[b]Marcin[/b]: 多彩な環境セッティングがあり、インテリアとアウトドアの光景は挑戦的なものになっています。私達は現実的に見える巨大なトロピカルアイランドに道路、インフラ施設、マリーナ、プールバー、そしてダイナミックな生態系をデザインし、ゾンビの蔓延を拡大します。プレイヤーは完了しなかったタスク(ミッション)を、前の場所に戻るために引き返すか、地道にやり遂げるかを任意に選択することができます。

ゾンビの主な狙いは食物を見つけること―恐らく新鮮な肉―人間の肉を最も好みます。彼らは生前のいくつかの記憶により、その場所の周辺にゾンビが徘徊している理由を、あなたが見つけることができます、ホテルのように。

ゾンビの本能を利用して、より手強いゾンビではない敵を引きずり出すこともできます。例えば、プレイヤーがエサのふりをして動きの遅いゾンビを何人かおびき寄せて集め、それらにプレイヤーが戦うことができない敵に襲わせることが可能です。

NPCとサイドクエストのインタラクションやダイアログチョイスによる、ロールプレイング要素があります。これはノンリニアなゲームプレイを意味しており、プレイヤーが多くの選択をし、異なる様々なタスクを引き受け、助けるか傷つけるか、クエストを完了したかどうかでゲームの結末に影響を与えます。




敵がゾンビ、ということでやっぱり格好のエサは「人間の新鮮な肉」とのこと。この設定は今も昔も変わってないようです(固定観念?)。ですが、ロールプレイング要素があるとはいえ、Xbox 360の「あのタイトル」とどうしても比較してしまう共通部分がありますね。それを覆すのが「一人称格闘」であるとのこと。引き続き、コメントされています。


[b]Marcin[/b]: 私達は、あなたが見るすべての敵と戦い、それを持って運べると仮定しましょう。例えば、あなたがジャングルの中で見つけられる木の枝や岩、ホテルのキッチンにあるフライパンや包丁を拾って使うことができます。我々は銃で撃つより、むしろ殴り合いの格闘に焦点を置いていますが、島の中に銃もあります。しかし、戦闘システムは使用環境に応じ、敵に対し優位となる機会をプレイヤーに与えます。水が満たされているプールのような場所、電流のフェンス、ガス供給とその他にもトラップを配置できる大がかりなものを提供します。そしてそれらの要素を、プレイヤーが集約することも可能です。




今年(2008年)は、Valveから[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=left+4+dead&kcatid=&x=0&y=0]Left 4 Dead[/url]などのマルチプレイモード(特にCo-opモード)を充実させたタイトルが発売予定となっています。Marcin氏は、[b]「もう標準的なマルチプレイシューティングは作りたくない」[/b]とバッサリ。Dead Islandは、かなりの自信作なのでしょうか、やはり期待してしまいますね。ビキニを着けた女性ゾンビも登場。そちらはちょっとイヤすぎ……かも?発売はPC、Xbox 360で2008年発売予定です。
[size=x-small](ソース・イメージ: [url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=179309]CVG[/url])[/size]

【関連記事】
GC 07: 『Dead Island』GC 2007公開のドッキリトレイラー
『Dead Island』Techlandが制作を発表!島がゾンビだらけ
今夏発売決定!農場で飛び跳ねるゾンビが怖すぎる『Left 4 Dead』インタビュー映像
ゾンビだらけのトウモロコシ畑『Left 4 Dead』最新ショット&プレビュー映像
『Dead Space』最新スクリーンショット&ストーリー

(C)Techland All Rights Reserved.




《Taka》

PC アクセスランキング

  1. SCP財団テイストな狂気のSF経営シム『Lobotomy Corporation』日本語版が配信スタート

    SCP財団テイストな狂気のSF経営シム『Lobotomy Corporation』日本語版が配信スタート

  2. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

    PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  3. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

    ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

  4. 『レインボーシックス シージ』新オペレーター3人の特徴とは?海外紹介映像

  5. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  6. 週末セール情報ひとまとめ『Tom Clancy's Rainbow Six Siege』『Starbound』『KILLER IS DEAD』『Stardew Valley』他

  7. 1人称スーパーヒーローゲー『Megaton Rainfall』非VR環境向けにSteam配信開始―ド迫力の破壊とスケール!

  8. 『うみねこのなく頃に』スピンオフ格闘『黄金夢想曲CROSS』Steam版発売日決定!―Steam版はロビーマッチにも新対応

  9. 『QWOP』開発者の新作『Getting Over It』が10月に登場!―釜に入った男がハンマーで山越え

  10. 『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

アクセスランキングをもっと見る

page top