クソゲーにキレたユーザーがDSカートリッジをバリバリと食べてしまう映像 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

クソゲーにキレたユーザーがDSカートリッジをバリバリと食べてしまう映像

携帯ゲーム DS



様々な人気ゲームや良作がユーザーの心をつかみ楽しませる一方で、日々後を絶たないクソゲーの存在。そんな駄作にめぐり合ってしまったユーザーの怒りは、もはや想像の範囲を超えているのかもしれません。なんだかうれしそうな様子でDSのソフトを取り出すこちらの映像の青年。ゲームがあまりにもつまらなかったために、突然発狂したようにブチ切れて、以下のようなものすごい行動を取ります。

[b]言うまでもなく絶対に真似しないでください。[/b]

* * * * *



1) WTF! Oh Sh*t!!などと連呼しながら外へ

2) ハンマーでカートリッジを粉砕

3) カートリッジの破片を拾い集めてそれを食べるためにキッチンへ

4) 以下、彼がカートリッジを食べるために使った材料

* クソゲーの破片と魂
* 牛乳
* マリオのパワーアップドリンク
* 卵 1個
* ネスクイックココアパウダー スプーン2杯

5) これらをすべてミキサーにかける

6) できあがった不気味な液体をコップに注いでおいしそうに一気飲み

7) コップの底に残ったDSのカートリッジを口に入れてバリバリと噛み砕く

8)火葬


* * * * *


クソゲーの魂をマリオのパワーアップドリンクで浄化しようとしたのかどうかは不明ですが、少年をこのような(あらゆる意味で痛々しい)異常な行動に駆り立てるほどつまらなかったのはどんなゲームだったのかといえば、どうやら日本では発売されていないCrazyPigというフランスの作品。豚を題材にしたニンテンドッグスのような内容であることが下の動画を見てもわかります。



いくらクソゲーといえど、さすがに食べたり燃やしたりするのは常軌を逸していますが、本来ユーザーを楽しませるのがゲームのあるべき姿なので、突然プレイヤーが怒り出したりするゲームはやはり作り手側の姿勢にも問題があるのかも。このようなゲームにめぐり合わないように、全力で回避するしかない?[size=x-small](ソース: [url=http://gonintendo.com/?p=38531]GoNintendo[/url])[/size]


ゲーマーへの挑戦状! 超難ゲー『I Wanna Be The Guy: The Movie: The Game』
リアルでヘラジカに襲われたゲーマー少年「挑発」や「死んだふり」でやり過ごす
自分のXbox360をぶっ壊してPS3本体をGET!ドイツで危ないイベントが開催
ゲームをしながらブチ切れる人達の映像 TOP5
『ロストプラネット』体験版 小さくて読めないゲーム内テキストにゲーマーが激怒
『Halo 3』で少年がブチ切れ…窓から360をぶん投げる動画
『Halo 3』で遊んでいた少年が母親の顔面をパンチ → 逮捕
海外レビュー灰スコア 『Yaris』
海外レビュー灰スコア 『Godzilla: Unleashed Double Smash』
これが…極めし者達の…神業……!!


 






《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

    【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

  2. 『ファーミングシミュレーター18 ポケット農園4』7月20日に発売―旧作セールも実施

    『ファーミングシミュレーター18 ポケット農園4』7月20日に発売―旧作セールも実施

  3. DSで名作アドベンチャー『Myst』タッチペンプレイ動画

    DSで名作アドベンチャー『Myst』タッチペンプレイ動画

  4. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

  5. ニンテンドーDSi専用のソフトがこの秋にも発売。パッケージは特殊仕様に

  6. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

  7. 「ニンテンドーDSかゲームボーイを一日に2時間遊ぶ」で弱視が250%改善―英国

  8. 新しい舞台も!『Myst』アドベンチャーゲームの金字塔がDSに登場

  9. 「PS Vita TV 専用モニタ一体型コントローラ」9月17日発売決定!7インチで最大5時間の連続プレイが可能

  10. 「ゲームに登場するスゴい忠犬」独自発表 − 海外ゲーマー VS Game*Spark

アクセスランキングをもっと見る

page top