マシンパワー炸裂『Killzone 2』ハイディティールショット&キーフィーチャー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マシンパワー炸裂『Killzone 2』ハイディティールショット&キーフィーチャー

家庭用ゲーム PS3

先日のGamer's Dayイベントでは、多数のゲームプレイデモが公開されながら、リリース時期は2009年2月まで先送りになったことがSCEAから発表されているKillzone 2。そんな延期にも負けず、今日は海外サイトで掲載された見応えのあるハイディティールなスクリーンショットと、本作のキーフィーチャーをまとめてご紹介します。今回のスクリーンショットは、どれもアートワークと見間違えそうな程のハイクオリティ!

* * * * *















* * * * *


Killzone 2 KEY FEATURE

* リアリスティックで独特の雰囲気を持ったステージは、惑星Helghanの激しく移り変わる状況に呼応する

* Helghanの猛烈な気候の変化を目撃し、プレイヤーと敵に新しい戦術を要求する

* 個性的な武器と新たな搭乗兵器をコントロールせよ。M82-GやStA-52 LAといったシリーズおなじみの兵器も登場

* Helghanの攻撃性を抱いた恐るべき敵達と対面せよ

* Killzone 2のユニークなビジュアルスタイル、PS3のマシンパワー、EDGE Toolの使用、Guerrillaによって開発された独自仕様の技術によって、プレイヤーはゲームのベンチマークやスムースなアニメーション、詳細に描き込まれたステージ、そしてリアルタイムのカットシーンに感動するだろう

* ディファーレンダー技術が生み出す美しく彩られた世界を体験せよ。複数の影と光源処理は、高度に描かれた地形とキャラクターアニメーションを実現した

* True Next-Genオーディオによってプレイヤーはゲームの世界に深く没頭する。7.1サラウンドとLocation-Specific Audio、Wave Tracingをサポート。プレイヤーはインドアとアウトドアの音の違いを認識できるだけでなく、ダイナミックでコンテクスチュアルなサウンドと音楽を体験する

* 特殊効果はかつてない忠実さが実現。フルスクリーンアンチエイリアス、モーションブラー、インターナルレンズリフレクション、デプスベースカラーグレードなどによって、プレイヤーはシャープでスムースな完全なエフェクトを目にすることになる


* * * * *














* * * * *


余談になりますがSCEEのプレシデントであるDavid Reeves氏は、今回のKillzone 2リリース時期変更の理由を問われて、2008年秋にはLBPやResistance 2、SOCOMをはじめとする主力タイトルが充分に揃っていることと、単純に開発する時間がもっと必要であることと、両方が原因だと語っているそうです。[size=x-small](ソース: [url=http://www.videogaming247.com/2008/05/21/killzone-2-development-needed-more-time-says-reeves/5292/]videogaming247[/url], [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=27772]Maxconsole[/url], イメージ: [url=http://www.fz.se/artiklar/20080528/killzone-2/]FZ[/url])[/size]

【関連記事】
臨場感抜群!『Killzone 2』 Gamer's Dayゲームプレイデモ3連発
戦力は充分?SCEAが2008年度新作ラインナップと発売時期を一挙公開
発売時期も決定!『Killzone 2』最新フッテージ ※UPDATE
『Killzone 2』最新トレイラー…じゃない…これは『LittleBigKillzone』!?
ベータテストも近い?!『Killzone 2』のコンセプトアートをご紹介
実機でもこのくらいに?『Killzone』シリーズの美麗コンセプトアート

Killzone 2の関連記事をGame*Sparkで検索!

(C) 2008 Sony Computer Entertainment Europe. Killzone is a trademark of Sony Computer Entertainment Europe. All rights reserved.

- トップに戻る -


 






《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

    プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  2. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

    『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  3. 任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」発表―スイッチ/3DSのタイトルは?

    任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」発表―スイッチ/3DSのタイトルは?

  4. PS4版『ボーダーブレイク』オープンβスケジュールを発表!

  5. 『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

  6. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  7. 山田孝之、『モンハン:ワールド』TVCMでモンスターに!?なりきり度が凄すぎる

  8. 作ったダンボールコントローラーで遊ぶ『Nintendo Labo』が発表!―「バラエティキット」「ロボットキット」が4月20日発売

  9. クレイトス親子のスタチューも!『ゴッド・オブ・ウォー』海外向け豪華特典付き限定版

  10. リマスター版『ダークソウル』ハードによる違いはあるの?公式サイトにて仕様が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top