DDO?指輪?それとも……Turbineがコンソール用のMMO開発を明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

DDO?指輪?それとも……Turbineがコンソール用のMMO開発を明らかに

PC Windows

Dungeons & Dragons OnlineThe Lord of the Rings Onlineの開発運営で知られるTurbineがコンソール用のMMOの開発に着手している事が明らかになりました。残念ながらまだタイトルは明らかになっていないものの、すでに現実的な開発体制が整っているようです。

また、同社のビジネスパートナーにタイム・ワーナーと中国系のGGV Capitalが新たに加わり、4000万ドルの増資を行ったとの事。タイム・ワーナーの発表によると同社のIP資産の活用も積極的に取り組んでいくとの事で新タイトルの開発もあるのではと噂されています。(一部ではハリーポッターの名前も……)





そしてThe Lord of the Rings Onlineは中国国内でのローンチを控え、韓国でもちょうどクローズドベータテストが終了したところ、Turbineのコミュニケーションディレクターを務めるAdam Mersky氏によると同社はアジアを非常に大きなMMO市場と認識しているそうで、GGV Capitalとの提携も含めかなりの力を入れていくようです。また平行してモリア坑道の拡張や7月に実装される新しいBookの制作も順調に進んでいる模様。

またDungeons & Dragons Onlineでは今夏に向けてDX10への対応や新コンテンツの実装、旧コンテンツのアップデートや新規プレイヤー向けの導入コンテンツの充実を計画しているとの事。

* * * * * * * * *


まだコンソール向けにどういった展開が行われていくのか明らかにはなっていませんが、上記の状況や各タイトルのベクトルを鑑みるにどのような展開が行われてもおかしくはない状況です。コンソールの開発チームはすでに60人を超えプロジェクトも実務段階に入っているようで、具体的なタイトルが明らかになるのもそう先の話ではなさそうですね。

難しいとされる版権物のタイトルを2本とも地道で堅実な運営でメジャータイトルに成長させてきたTurbine、ゲーム性やそのカジュアルさと大作指向なギャップなど、これまでの所謂PCゲーや洋ゲー的なタイトルのデベロッパとは少し異質な物を感じます。さらに大きな力を蓄えた同社がこれからどういう道を進んでいくのか、ますます目が離せません。
[size=x-small](ソース: [url=http://pc.ign.com/articles/879/879092p1.html]IGN[/url],[url=http://kotaku.com/5015103/interview-turbine-confirms-console-project-talks-future-plans]Kotaku[/url], イメージ: [url=http://flickr.com/photos/gagtech/487095266/]Flickr[/url])[/size]

【関連記事】
『Load of the Rings Online』がコンシューマでも展開?という噂
『Load of the Rings Online』に初の拡張パックが登場!
ニュース : 『The Lord of the Rings Online』各職業の専用スキルが公開
ムービー : WoWにそっくり?な『Lord of the Rings Online』のゲームプレイ映像

- トップに戻る -








《nick》

PC アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』シリーズ10周年記念セールがSteam&GOG.comで開催!―『3』は過去最大の値引き率

    『ウィッチャー』シリーズ10周年記念セールがSteam&GOG.comで開催!―『3』は過去最大の値引き率

  2. 『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず―日本サーバー登場も予告

    『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず―日本サーバー登場も予告

  3. 『TF2』大型アップデート「Jungle Inferno」発表!―4分超の新作ムービーも

    『TF2』大型アップデート「Jungle Inferno」発表!―4分超の新作ムービーも

  4. 近未来バーテンダーADV『VA-11 Hall-A』PC版への日本語収録も発表!PS Vita日本語版と同日に

  5. けもの格闘ACT『Overgrowth』正式リリース―進化の過程を辿るローンチ映像も披露

  6. 台湾産ホラーADV『返校 -Detention-』日本語版が配信決定―1960年代の文化を色濃く反映

  7. 『PUBG』砂漠マップ最新ショットが海外メディアより披露

  8. タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

  9. V/STOL機を操れ!フライトシム『DCS AV-8B Night Attack Harrier II』ティーザー映像

  10. 『PUBG』新シーズン開始がリーダーボードのシステム強化のため延期、スタートは10月17日に

アクセスランキングをもっと見る

page top