海外サイトが勝手に選出、古今の不細工ゲーム機セレクション! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが勝手に選出、古今の不細工ゲーム機セレクション!

家庭用ゲーム Xbox360

Pointless Banterにてこれまでに発売された家庭用ゲーム機の中でも"不細工"だったゲーム機10台がピックアップされています。ゲームソフトを売るためには必要不可欠なゲーム機ですが、果たしてどのようなゲーム機が不細工の烙印を押されてしまったのでしょうか。さっそく見て行きましょう。

* * * * * * * * *


Philips Tele-Spiel - 1975年



Fairchild F - 1976年



RCA Studio II - 1977年



Magnavox Odyssey 2 - 1978年



Epoch TV Block - 1979年



Voltmace Database Games - 1980年



MB Vectrex - 1982年



Philips Videopac - 1983年



Rollet Videocolor - 1983年



Nintendo Virtual Boy - 1995年


* * * * * * * * *


これらのゲーム機はファミコン以前に発売されたもの多く、様々なアイデアに溢れているのが面白いですね。カラーリングや操作系もバラエティーに富んでいます。それが良かったのか悪かったのかは触れないでおきますが(笑)。

しかしこう並べてみるとやはりVirtual Boyの奇抜さが目立ちますね。一般には殆ど受け入れられず発売から数ヶ月で市場から消え去ってしまったVirtual Boyですが、この独特のスタイルはファンやコレクターにとっては"不細工"というより"愛嬌がある"と感じるのではないでしょうか。

結局、不細工かどうかは個人個人の美的感覚によるものなので、今回のセレクションは理解できないと言う方もいるかと思います。ですので今回は"Pointless Banterが不細工と感じた"ゲーム機セレクションということでご勘弁くださいませませ。
(ソース, イメージ:Pointless Banter)

【関連記事】
『ゲームキャラのナイスなヒップ』TOP10
『米TIME誌が選ぶ、2008年のビデオゲーム』 TOP10
『ゲームに登場する個性的なライフバー』 TOP7
『ゲームキャラのステキな巨乳』 TOP10
ファミコン登場前夜…あなたの知らない、70年代ゲームコンソールの世界
閲覧注意! 動画で見る『最も過激な残虐ゲーム』TOP10
テレビゲームにおける7つのオカシな死に方

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

    『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

  2. 『レインボーシックス シージ』「アルファパック」PS4版実装日が決定

    『レインボーシックス シージ』「アルファパック」PS4版実装日が決定

  3. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

    『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

  4. 隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

  5. 『アンチャーテッド 古代神の秘宝』海外ロングゲームプレイ!壮大さは健在

  6. 『Destiny 2』オープンベータテスト期間が延長、日本時間7月26日まで実施

  7. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  8. 『Crackdown 3』テリー・クルーズ演じる「Jaxon」の姿が明らかに!

  9. 「PS Now」PS4タイトルの配信がスタート、実際のプレイ感は?

  10. 『レインボーシックス シージ』XB1版に「アルファパック」実装!PS4版も近日

アクセスランキングをもっと見る

page top