「PSP Goはぼったくり」発言のアナリストが謝罪 → 「だが高すぎる」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「PSP Goはぼったくり」発言のアナリストが謝罪 → 「だが高すぎる」

携帯ゲーム PSP

「PSP Goの価格はぼったくり」と発言をしていたアナリストのMichael Pachter氏が、不適切な発言だったと正式に謝罪していたことが分かりました。

Pachter氏は、GameTrailers TVのBonus Round番組中で「249ドルというPSP Goの価格はソニーのぼったくり」と自身が発言したことについて、「選ぶ言葉を間違っていた、後悔している」とIndustryGamers.comに対し謝罪の意を表明。価格設定の戦略においてソニーに悪意があったわけではないと付け加えています。

また同氏は、PSP Goの販売価格はiPod touchなどのApple製品に対抗意識を持ったものだと説明しながらも、「個人的意見だが数百万台以上を売るにはやはり高すぎる」と言葉を変えて慎重に自らの意見を述べています。(ソース: IndustryGamers)


【関連記事】
「最も影響力あったのはマイクロソフト」「PSP Goは高すぎ」アナリストが各社のE3発表を分析
米アナリスト「Wii MotionPlusは三分の一のWiiオーナーに普及する」
ソニー、10月1日より発売済みPSPタイトルの大多数をダウンロード販売開始
ソニー「PSPにトロフィー機能は実装しない。」その理由は…?
E3 09: ソニー、ユーザーの所持するUMDをデジタル版に交換するサービスを計画中
E3 09: カラーバリエーションは2色!PSP goのスペックや詳細が発表
E3直前: メタルギアの新作も発表?Qoreの最新回からPSP Goらしき写真や動画がリーク
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. CPUも今度は本気!PSPのフルパワー333MHzモードを利用したソフトが解禁に

    CPUも今度は本気!PSPのフルパワー333MHzモードを利用したソフトが解禁に

  2. 【TGS 15】3DS『シャンティ - 海賊の呪い -』開発者インタビュー―欧米人気の魔法少女2Dアクションが日本に!

    【TGS 15】3DS『シャンティ - 海賊の呪い -』開発者インタビュー―欧米人気の魔法少女2Dアクションが日本に!

  3. テラリア公式、アップデートで「勝手に武器を振るう現象」はバグではないと公表 ― 意外なその原因とは

    テラリア公式、アップデートで「勝手に武器を振るう現象」はバグではないと公表 ― 意外なその原因とは

  4. 海外レビューひとまとめ 『BIOHAZARD THE MERCENARIES 3D』

  5. PS Vita/PSP『討鬼伝』に登場する新たな4体の“鬼”が公開

  6. 開発中止のPSP版『オブリビオン』映像がネット上に一時出現

  7. 『ファーミングシミュレーター18 ポケット農園4』7月20日に発売―旧作セールも実施

  8. 日本語版も決定!『SteamWorld Heist』3DS版が海外12月配信へ

  9. Disney Interactiveが『Split/Second』のPSP版を発表、スクリーンショットも公開

  10. 拡張現実(AR)を取り入れた幽霊狩りゲーム『Ghostwire』DSi向けに発表

アクセスランキングをもっと見る

page top