“Call of Duty”のブランドネームを失った『Modern Warfare 2』は認知度が大幅に低下 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“Call of Duty”のブランドネームを失った『Modern Warfare 2』は認知度が大幅に低下

ニュース 最新ニュース



正式タイトル名から“Call of Duty”の文字が消え、フランチャイズから独立した感もあるInfinity WardのModern Warfare 2。このタイトル名変更の決断により、ユーザーの認知度が大幅に減少していると海外の調査会社が発表しています。

米国のゲーマーを対象にデータを集めたOTXの調べによると、Call of Duty: Modern Warfare 2と呼ばれていた時期は、ゲームに対するユーザーの認知度が全体の40%だったのに対し、ゲームの正式名称がModern Warfare 2に決定したことで、認知度が20%に低下したとのこと。言い換えると、“Call of Duty”というブランドネームバリューは、ユーザーの意識を二倍にする効果があったということになります。

しかしこうした認知度低下の背景があっても、Modern Warfare 2のユーザー購入意欲は依然として非常に高いものだとOTXは指摘。E3 2009後に集計された期待作のランキングによると、Modern Warfare 2のXbox 360版は、Halo 3: ODST、New スーパーマリオブラザーズ Wii、God of War III、FF13、Assassin's Creed 2に次ぐ第六位に位置し、予約本数も現在最も高い数字を記録しているそうです。(ソース: Gamasutra: Survey: Modern Warfare 2 Loses Brand Awareness Without 'Call of Duty')


【関連記事】
Activision、ジャンルを超えた『Call of Duty』フランチャイズの拡大を計画中
『Modern Warfare 2』キャンペーンモードはCo-op非対応、2人用のSpecial Opsモードを実装
Activision「PS3を値下げしないならソニーのサポートを止めるかもしれない」
DLCは200万回ダウンロード!『Call of Duty: World at War』の販売本数が1100万本突破
E3 09: 『Modern Warfare 2』MSカンファレンス直撮りゲームプレイ映像
『Call of Duty 4: Modern Warfare』Xbox LIVEのプレイヤー数は1300万人に
Activision「Modern Warfare 2でゲーム史上最大のセールスを記録したい。」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

    『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

  2. 米オハイオ州の大学が『フォートナイト バトルロイヤル』向けe-Sports奨学金を発表ー海外報道

    米オハイオ州の大学が『フォートナイト バトルロイヤル』向けe-Sports奨学金を発表ー海外報道

  3. モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

    モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

  4. 噂:新作『バトルフィールド』は10年ぶりにWW2が舞台に?タイトルは『V』か

  5. 「いま仙台が面白い!」地場企業のキーマン5人が語らう“地方にゲーム業界が芽吹く瞬間”

  6. PC版『PAYDAY 2』ゲーム本体のみの販売を再開予定ー「Ultimate Edition」も従来通り継続

  7. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  8. 噂:新作『バトルフィールド』にバトルロイヤルモード搭載?プロトタイプが開発中か

  9. 米Amazonの商品が日本円購入/国内配送可能になる新サービス、専用アプリに追加

  10. Sci-Fiオンラインシューター新作『Defiance 2050』発表! F2Pで今夏リリース

アクセスランキングをもっと見る

page top