『FFXI』を巡るスクウェア・エニックス500万ドル集団訴訟の詳細 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『FFXI』を巡るスクウェア・エニックス500万ドル集団訴訟の詳細

ニュース 最新ニュース

今年6月、ファイナルファンタジーXIの北米ユーザーが、スクウェア・エニックス米法人に対し、500万ドル以上の損害賠償を求める集団訴訟を起こしたと報じられましたが、その事件の詳細がいくつか明らかになっています。

新たに提出された訴状によると、原告の代表者であるEsther Leongさんは、2005年から月額料金を支払ってファイナルファンタジーXIをプレイしていましたが、2007年の8月にアカウントを停止。今年に入ってからゲームを再開しようとしたところ、月額利用料を支払っていなかったためアカウントは無効になり、キャラクターも消失していたそうです。

この出来事によって被害を受けたと訴えるLeongさんは、キャラクターデータを維持するには月額利用料を支払い続ける必要があることを、スクウェア・エニックスがゲーム購入時の段階で明確に伝えていない、と問題を指摘。また、月額利用料の未払いや解約後90日間でコンテンツIDが完全に削除されてしまうことや、90日以内にIDを復活させる場合でも追加の利用料が発生するといった重要な情報の開示をメーカーが怠ったと主張しています。

たった一人のキャラクター消失が、500万ドルの集団訴訟へと発展している今回の事件。スクウェア・エニックスの対応と共に今後の行方が見守られます。(ソース: GameSpot: $5 million Square Enix class action suit detailed)


【関連記事】
『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟
『ファイナルファンタジーXIV オンライン』発表!PS3とPCで2010年登場
スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声
『FF13』のシヴァ姉妹バイク変形姿を見た海外ユーザーの反応は…
スクエニ、Eidosの販売部門を吸収して新グループ設立。社員のレイオフも
海外メディアが選ぶ『スクウェア・エニックス歴代作品』TOP15
イリノイ州の男性、Xbox 360本体の販売中止を求めマイクロソフトを訴訟
『Resistance』でPSNのアカウントをBANされたゲーマーがソニーを訴訟−アメリカ
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: 韓国審査機関に『ロックマン クラシックス コレクション 2』登録

    噂: 韓国審査機関に『ロックマン クラシックス コレクション 2』登録

  2. 元『BioShock』開発者のホラー『Perception』配信日が5月に決定

    元『BioShock』開発者のホラー『Perception』配信日が5月に決定

  3. 噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

    噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

  4. ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

  5. PS4版『レインボーシックス シージ』公認大会新シーズンが5月開始!

  6. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  7. 「A 5th of BitSummit」ゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアル

  8. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  9. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  10. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top