グラフィックスは更にパワーアップ!『Serious Sam HD』最新スクリーンショット | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

グラフィックスは更にパワーアップ!『Serious Sam HD』最新スクリーンショット

PC Windows



クロアチアのデベロッパーCroteamが開発した最新エンジン、Serious Engine 3を使用して初代Serious SamをリメイクしたSerious Sam HDの最新スクリーンショットが公開されています。なおパブリッシャーのcdvによればこれらのスクリーンショットは今秋に発売予定となっているWindows PC版のものとの事です(価格は未定)。ちなみにXBLA版は今夏に1200MSPで配信予定。







元々高いクオリティを誇っていたSerious Samのグラフィックスは更にパワーアップしています。現在開発中のシリーズ最新作Serious Sam 3と同様のゲームエンジンを採用しているだけありますね。

ハードウェアもオリジナルの発売当時に比べて随分と進化しているので、今まで以上に多くの敵を描画することが可能となっているかもしれません。

“Beheaded Kamikaze”(両手に爆弾を持って突っ込んでくる首なし男)が大挙として押し寄せる光景を想像…しないほうが良さそう。おや、外から叫び声が聞こえるぞ?

「...ぁぁぁぁぁぁああああああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」

(ソース&イメージ: Shacknews)

Copyright (c) 1993-2009 Croteam Ltd.

【関連記事】
大暴れFPSが再び!『Serious Sam』がXBLAでこの夏登場予定
奴が帰ってくる! Croteam、新ゲームエンジンおよび『Serious Sam 3』の開発を発表
雑誌に掲載されていた『Serious Engine 3』スクリーンショット
『Serious Engine 3』の能力を示すスクリーンショット公開、次世代ゲーム機も視野に?
撃ちまくりFPSの最新作、『Serious Sam 3』が開発中!?

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. ドアを蹴破り敵を殲滅! 高速アクションFPS『HIGH HELL』がSteam配信

    ドアを蹴破り敵を殲滅! 高速アクションFPS『HIGH HELL』がSteam配信

  2. 『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

    『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

  3. 「Blizzard Battle.net」に新たなソーシャル機能搭載―グループ作成やギフトなどが可能に

    「Blizzard Battle.net」に新たなソーシャル機能搭載―グループ作成やギフトなどが可能に

  4. 『PUBG』エリア外ダメージが上昇へ―「乗り越え」機能にも言及

  5. 国家の行方を担う政治経済シム『Government Simulator』が12月Steam配信!

  6. 海外産無料ADV『Doki Doki Literature Club!』Steamで配信―美少女達の文芸クラブは「どきどき」いっぱい?

  7. オープンワールドホラー『Welcome to Hanwell』がSteam配信!―奇妙なモンスターが彷徨う街…

  8. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  9. リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』ブレクール砲塁攻略戦を披露する最新プレイ映像

  10. PC版『Destiny 2』は10月24日に海外発売―予約でベータ早期アクセスが可能

アクセスランキングをもっと見る

page top