Activision CEO「私ならゲームの小売価格はもっと高くする」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision CEO「私ならゲームの小売価格はもっと高くする」

Modern Warfare 2を巡り小売価格のあり方について海外で様々な論争を生んでいますが、あの“PS3撤退騒ぎ”で波風を立てたActivisionのCEO Bobby Kotick氏は、「もっと高くしても良い」という思い切った発言をしています。

ニュース 最新ニュース


Modern Warfare 2がイギリスで通常よりも高い55英ポンド(約8800円)と発表され、小売価格のあり方について海外で様々な論争を生んでいますが、あの“PS3撤退騒ぎ”で波風を立てたActivisionのCEO Bobby Kotick氏は、「もっと高くしても良い」という思い切った発言をしています。

昨日行われたカンファレンスコールにおいて、同社の価格戦略について小売店の反応を質問されたActivision Publishing社長のMichael Griffith氏は、以下のように説明。

“今年我々が発売する、周辺機器が同梱されているものも含め全てのタイトルの価格設定に関しては、ご指摘のように、マーチャンダイジング、マーケティングプログラム、そして価格帯についても、小売店からの強い受け入れと支援があります。”

この発言に対し、Bobby Kotick氏は次のように付け加えました。

“もし私に任せるなら、価格はもっと高くするでしょう。”

このKotick氏の発言は、Modern Warfare 2をはじめ、人気タイトルへの強い需要があってこそのものと見られていますが、海外ユーザーからは怒りにも近い反発的な意見が多数寄せられており、火に油を注ぐような形になっています。(ソース: Edge Online: Activision CEO Would Like To Raise Game Prices "Even Further")


【関連記事】
Activision「PS3を値下げしないならソニーのサポートを止めるかもしれない」
ソニーのストリンガー会長、ActivisionのPS3値下げの圧力を拒絶
元SCEE会長『Modern Warfare 2』の値上げについて「大作ゲームなら妥当」
Activisionが『Dead Space』を指揮したEAのベテランスタッフをヘッドハント
認知度低下を懸念?『Modern Warfare 2』に“Call of Duty”のブランド名が復活
Activision、ジャンルを超えた『Call of Duty』フランチャイズの拡大を計画中
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

    タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

  2. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  3. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

    初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  4. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  5. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  8. 新作ハクスラ『Last Epoch』Steamにて4月30日早期アクセス開始!4つの時代を股にかけ運命に抗え

  9. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

  10. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

アクセスランキングをもっと見る

1
page top