Activision CEO「私ならゲームの小売価格はもっと高くする」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision CEO「私ならゲームの小売価格はもっと高くする」

Modern Warfare 2を巡り小売価格のあり方について海外で様々な論争を生んでいますが、あの“PS3撤退騒ぎ”で波風を立てたActivisionのCEO Bobby Kotick氏は、「もっと高くしても良い」という思い切った発言をしています。

ニュース 最新ニュース


Modern Warfare 2がイギリスで通常よりも高い55英ポンド(約8800円)と発表され、小売価格のあり方について海外で様々な論争を生んでいますが、あの“PS3撤退騒ぎ”で波風を立てたActivisionのCEO Bobby Kotick氏は、「もっと高くしても良い」という思い切った発言をしています。

昨日行われたカンファレンスコールにおいて、同社の価格戦略について小売店の反応を質問されたActivision Publishing社長のMichael Griffith氏は、以下のように説明。

“今年我々が発売する、周辺機器が同梱されているものも含め全てのタイトルの価格設定に関しては、ご指摘のように、マーチャンダイジング、マーケティングプログラム、そして価格帯についても、小売店からの強い受け入れと支援があります。”

この発言に対し、Bobby Kotick氏は次のように付け加えました。

“もし私に任せるなら、価格はもっと高くするでしょう。”

このKotick氏の発言は、Modern Warfare 2をはじめ、人気タイトルへの強い需要があってこそのものと見られていますが、海外ユーザーからは怒りにも近い反発的な意見が多数寄せられており、火に油を注ぐような形になっています。(ソース: Edge Online: Activision CEO Would Like To Raise Game Prices "Even Further")


【関連記事】
Activision「PS3を値下げしないならソニーのサポートを止めるかもしれない」
ソニーのストリンガー会長、ActivisionのPS3値下げの圧力を拒絶
元SCEE会長『Modern Warfare 2』の値上げについて「大作ゲームなら妥当」
Activisionが『Dead Space』を指揮したEAのベテランスタッフをヘッドハント
認知度低下を懸念?『Modern Warfare 2』に“Call of Duty”のブランド名が復活
Activision、ジャンルを超えた『Call of Duty』フランチャイズの拡大を計画中
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

    『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  2. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

    『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  3. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  4. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  5. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  6. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  7. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  8. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  9. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  10. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

アクセスランキングをもっと見る

1
page top