Activision CEO「私ならゲームの小売価格はもっと高くする」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision CEO「私ならゲームの小売価格はもっと高くする」

Modern Warfare 2を巡り小売価格のあり方について海外で様々な論争を生んでいますが、あの“PS3撤退騒ぎ”で波風を立てたActivisionのCEO Bobby Kotick氏は、「もっと高くしても良い」という思い切った発言をしています。

ニュース 最新ニュース


Modern Warfare 2がイギリスで通常よりも高い55英ポンド(約8800円)と発表され、小売価格のあり方について海外で様々な論争を生んでいますが、あの“PS3撤退騒ぎ”で波風を立てたActivisionのCEO Bobby Kotick氏は、「もっと高くしても良い」という思い切った発言をしています。

昨日行われたカンファレンスコールにおいて、同社の価格戦略について小売店の反応を質問されたActivision Publishing社長のMichael Griffith氏は、以下のように説明。

“今年我々が発売する、周辺機器が同梱されているものも含め全てのタイトルの価格設定に関しては、ご指摘のように、マーチャンダイジング、マーケティングプログラム、そして価格帯についても、小売店からの強い受け入れと支援があります。”

この発言に対し、Bobby Kotick氏は次のように付け加えました。

“もし私に任せるなら、価格はもっと高くするでしょう。”

このKotick氏の発言は、Modern Warfare 2をはじめ、人気タイトルへの強い需要があってこそのものと見られていますが、海外ユーザーからは怒りにも近い反発的な意見が多数寄せられており、火に油を注ぐような形になっています。(ソース: Edge Online: Activision CEO Would Like To Raise Game Prices "Even Further")


【関連記事】
Activision「PS3を値下げしないならソニーのサポートを止めるかもしれない」
ソニーのストリンガー会長、ActivisionのPS3値下げの圧力を拒絶
元SCEE会長『Modern Warfare 2』の値上げについて「大作ゲームなら妥当」
Activisionが『Dead Space』を指揮したEAのベテランスタッフをヘッドハント
認知度低下を懸念?『Modern Warfare 2』に“Call of Duty”のブランド名が復活
Activision、ジャンルを超えた『Call of Duty』フランチャイズの拡大を計画中
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 『Just Cause』開発が『アイアンマン』ゲーム制作を断念していた…元トップが当時のディズニーとのやり取りを明かす

    『Just Cause』開発が『アイアンマン』ゲーム制作を断念していた…元トップが当時のディズニーとのやり取りを明かす

  2. 廃墟と化した巨大構造物を駆け抜けるコズミックホラー弾幕FPS『Luna Abyss』発表!

    廃墟と化した巨大構造物を駆け抜けるコズミックホラー弾幕FPS『Luna Abyss』発表!

  3. ソニーが独自のPCランチャーを開発中か?PSNとの連携機能を示唆するデータも

    ソニーが独自のPCランチャーを開発中か?PSNとの連携機能を示唆するデータも

  4. 桜井政博氏の「オーダーメイドゲーム機棚」が凄まじい!抜群の機能性に驚嘆

  5. この20年で最高のModとは?海外有名サイト「ModDB」の記念ランキングが公開

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『Roblox』はもはや大人のもの?17歳以上のユーザーが急増中

  8. ディズニー&マーベルのゲーム作品発表イベントが告知!新発表タイトルも―9月10日午前5時放送

  9. “子供向けゲーム”には作らないという感じだった…『GTAオンライン』ドクター・ドレーとのコラボ秘話が明らかに

  10. Unityがモバイル広告企業による約2兆円の買収提案を拒否―競合他社との合併を目指す方針

アクセスランキングをもっと見る

page top