コーエーテクモ社長 ソニーのモーション技術の導入に興味を示す | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コーエーテクモ社長 ソニーのモーション技術の導入に興味を示す

Tecmo Koeiの社長、松原健二氏は同社のフランチャイズであるニンジャガイデンのようなゲームに対し、ソニーのモーション技術の導入に興味を持っていると海外サイトに話したようです。

家庭用ゲーム PS3

Tecmo Koeiの社長、松原健二氏は同社のフランチャイズであるニンジャガイデンのようなアクションゲームに対し、ソニーのモーション技術の導入に興味を持っていると海外サイトに話したようです。

そこで松原氏が話した内容は、、ソニーがE3で発表したモーションコントロール技術に対し非常に興味があるとされ、それがどれ程の反応の良さがあるのかを知る必要があるとの意見を示したようです。

「私はこれらのモーションコントロールがカジュアルゲームにおいて、とてもポピュラーであると確信します、しかしニンジャガイデンのような素早い反応を必要とするアクションゲームでは、剣を使うときには腕を周りに振らなければならなく、すぐに疲れてしまうでしょう。」

「恐らく、いずれ私達はプレイスタイルを変える必要があり、モーション技術がどれ程に速く動かせるのかチェックしなければならない。始めはカジュアルゲーム、次にハードコアゲームと私達はそれに向け準備し、そのスタイルを満たす為のゲームを提供しなければならないでしょう」


細かく正確な操作が出来る事をE3見せ付けたソニーのモーションコントローラー。その内容によっては、次期ニンジャガイデンでモーション技術が採用される可能性というのも、ありえないという話ではないのかも知れません。(ソース: Now gamer)

【関連記事】
E3 09: ソニー、プレイステーション用のモーションコントローラーを発表
Ubisoft社長:モーションコントロールはコアゲーム向きではない
任天堂岩田社長、ソニーとMSのモーションコントロールは「予想よりも登場が遅い」
噂:MS、Xbox 360用の全身モーションコントロールデバイスを開発中?
《Round.D》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FF7R』には幻のティファパートが存在した!開発秘話で明かされた、実際に遊べるまで開発されていた内容と未収録の理由とは?

    『FF7R』には幻のティファパートが存在した!開発秘話で明かされた、実際に遊べるまで開発されていた内容と未収録の理由とは?

  2. ローグライクダンジョン探索・防衛RPG『ダンジョン オブ ザ エンドレス』日本語版、スイッチ向けに発売決定!

    ローグライクダンジョン探索・防衛RPG『ダンジョン オブ ザ エンドレス』日本語版、スイッチ向けに発売決定!

  3. 旧作相当の内容込みで基本プレイ無料化!新章『メガトン級ムサシX』PS4/スイッチ2022年秋配信

    旧作相当の内容込みで基本プレイ無料化!新章『メガトン級ムサシX』PS4/スイッチ2022年秋配信

  4. 「PS5」の販売情報まとめ【7月1日】─「TSUTAYA」が抽選受付を開始、来週5日まで

  5. サバイバルホラー『Tormented Souls』日本語完全ローカライズのスイッチ版7月28日発売

  6. PS5のボイスチャット録音機能に関する詳細な説明が公開―嫌がらせ行為への対策のため【UPDATE】

  7. 任天堂、定額制の「Nintendo Switch」修理保証サービス開始!自然故障から破損まで幅広く保証

  8. コアゲーマー御用達、未開惑星サバイバルSLG『RimWorld』コンソール版発表!夏のアイスのように時間が溶けていく…【UPDATE】

  9. 『スマブラSP』セフィロスは12月23日から!「セフィロス チャレンジ」クリアで正式配信前に使用可能、追加Miiファイターは「ティファ」「ジーノ」等5体

  10. スクエニ新作『ハーヴェステラ』!村で生活しながら災厄「死季」に立ち向かえ【Nintendo Direct mini 2022.6.28】

アクセスランキングをもっと見る

page top