コーエーテクモ社長 ソニーのモーション技術の導入に興味を示す | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コーエーテクモ社長 ソニーのモーション技術の導入に興味を示す

家庭用ゲーム PS3


Tecmo Koeiの社長、松原健二氏は同社のフランチャイズであるニンジャガイデンのようなアクションゲームに対し、ソニーのモーション技術の導入に興味を持っていると海外サイトに話したようです。

そこで松原氏が話した内容は、、ソニーがE3で発表したモーションコントロール技術に対し非常に興味があるとされ、それがどれ程の反応の良さがあるのかを知る必要があるとの意見を示したようです。

「私はこれらのモーションコントロールがカジュアルゲームにおいて、とてもポピュラーであると確信します、しかしニンジャガイデンのような素早い反応を必要とするアクションゲームでは、剣を使うときには腕を周りに振らなければならなく、すぐに疲れてしまうでしょう。」

「恐らく、いずれ私達はプレイスタイルを変える必要があり、モーション技術がどれ程に速く動かせるのかチェックしなければならない。始めはカジュアルゲーム、次にハードコアゲームと私達はそれに向け準備し、そのスタイルを満たす為のゲームを提供しなければならないでしょう」


細かく正確な操作が出来る事をE3見せ付けたソニーのモーションコントローラー。その内容によっては、次期ニンジャガイデンでモーション技術が採用される可能性というのも、ありえないという話ではないのかも知れません。(ソース: Now gamer)

【関連記事】
E3 09: ソニー、プレイステーション用のモーションコントローラーを発表
Ubisoft社長:モーションコントロールはコアゲーム向きではない
任天堂岩田社長、ソニーとMSのモーションコントロールは「予想よりも登場が遅い」
噂:MS、Xbox 360用の全身モーションコントロールデバイスを開発中?
《Round.D》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『グランツーリスモSPORT』ポルシェが駆け抜ける4K実機映像お披露目

    『グランツーリスモSPORT』ポルシェが駆け抜ける4K実機映像お披露目

  2. 最新作『Call of Duty: WWII』にはゾンビモードも搭載!

    最新作『Call of Duty: WWII』にはゾンビモードも搭載!

  3. PS4版『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』PS Plus向けに100円で提供!

    PS4版『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』PS Plus向けに100円で提供!

  4. 『GRAVITY DAZE 2』DL版セールが4月27日に開始―『ニーアオートマタ』コスDLCも同日配信

  5. PS4向け動画アプリ「DMM.com」がPSVRに対応、約1200タイトルが視聴可能

  6. 少女たちを監視する実写ADV『ナイトトラップ』PS4/XB1向けに海外で発売決定

  7. 『MARVEL VS. CAPCOM INFINITE』国内向けストーリートレイラー公開

  8. 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』公式サイト&新トレーラーが公開、壁紙の配布なども実施

  9. E3 2017で『スプラトゥーン2』トーナメント大会が開催決定

  10. 『STAR WARS バトルフロント II』のフルトレイラーが遂に公開!―PS4/XB1/PCで11月発売【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top