コーエーテクモ社長 ソニーのモーション技術の導入に興味を示す | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コーエーテクモ社長 ソニーのモーション技術の導入に興味を示す

Tecmo Koeiの社長、松原健二氏は同社のフランチャイズであるニンジャガイデンのようなゲームに対し、ソニーのモーション技術の導入に興味を持っていると海外サイトに話したようです。

家庭用ゲーム PS3

Tecmo Koeiの社長、松原健二氏は同社のフランチャイズであるニンジャガイデンのようなアクションゲームに対し、ソニーのモーション技術の導入に興味を持っていると海外サイトに話したようです。

そこで松原氏が話した内容は、、ソニーがE3で発表したモーションコントロール技術に対し非常に興味があるとされ、それがどれ程の反応の良さがあるのかを知る必要があるとの意見を示したようです。

「私はこれらのモーションコントロールがカジュアルゲームにおいて、とてもポピュラーであると確信します、しかしニンジャガイデンのような素早い反応を必要とするアクションゲームでは、剣を使うときには腕を周りに振らなければならなく、すぐに疲れてしまうでしょう。」

「恐らく、いずれ私達はプレイスタイルを変える必要があり、モーション技術がどれ程に速く動かせるのかチェックしなければならない。始めはカジュアルゲーム、次にハードコアゲームと私達はそれに向け準備し、そのスタイルを満たす為のゲームを提供しなければならないでしょう」


細かく正確な操作が出来る事をE3見せ付けたソニーのモーションコントローラー。その内容によっては、次期ニンジャガイデンでモーション技術が採用される可能性というのも、ありえないという話ではないのかも知れません。(ソース: Now gamer)

【関連記事】
E3 09: ソニー、プレイステーション用のモーションコントローラーを発表
Ubisoft社長:モーションコントロールはコアゲーム向きではない
任天堂岩田社長、ソニーとMSのモーションコントロールは「予想よりも登場が遅い」
噂:MS、Xbox 360用の全身モーションコントロールデバイスを開発中?
《Round.D》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『マインクラフト』永久BAN導入へ!他人に危害を加えることを目的とした重度の違反行為を対象

    『マインクラフト』永久BAN導入へ!他人に危害を加えることを目的とした重度の違反行為を対象

  2. PS5が史上最高のローンチを記録―年末までにさらなる供給を約束

    PS5が史上最高のローンチを記録―年末までにさらなる供給を約束

  3. PS Plus12月のフリープレイは『ジャストコーズ4』『ロケットアリーナ』『Worms Rumble』!

    PS Plus12月のフリープレイは『ジャストコーズ4』『ロケットアリーナ』『Worms Rumble』!

  4. 『ルーンファクトリー5』新たな恋愛候補4名が公開! ファンタジー世界での“冒険”と“仕事”も明らかに

  5. Amazon限定「ニンテンドースイッチ ホリデーギフトセット」各種登場!人気ゲームとスイッチ本体がセットで12月20日に届く

  6. 競馬シム新作『Winning Post 9 2021』発表!ついに複数年代から開始時期が選択可能に

  7. 『レインボーシックス シージ』次世代機版配信日決定!12月1日から進化した体験が味わえる

  8. 『メトロ エクソダス』PS5/XSX|S版リリース決定! 次回作も既に開発中

  9. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  10. ヤマダ電機PS5当選者発表!販売期間は12月1日から12月13日まで

アクセスランキングをもっと見る

page top