直撮り映像でも確認。『Modern Warfare 2』の被ダメージ表現はより生々しいものに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

直撮り映像でも確認。『Modern Warfare 2』の被ダメージ表現はより生々しいものに

既にコンソール版の予約本数が100万本を突破し、米大手ゲームショップGameStopの上級副社長Tony Bartel氏も「史上最大のベストセラーとなるかもしれない」と大きな期待を寄せている Modern Warfare 2 ですが、今作ではダメージを受けた際の表現がより生々しいものと

PC Windows




既にコンソール版の予約本数が100万本を突破し、米大手ゲームショップGameStopの上級副社長Tony Bartel氏も史上最大のベストセラーとなるかもしれないと大きな期待を寄せているModern Warfare 2ですが、今作ではダメージを受けた際の表現がより生々しいものとなっているようです。

実際のプレイ動画を見てもらうと分かるように、ダメージを受けるたびに真っ赤な血が画面を覆っていきます。動画のラストでハイスピードのスノーモービル同士が激突したシーンでは画面全体におびただしい量の血が……。

この被ダメージ表現は非常に迫力がありますが、苦手と言う方もいると思うので、設定で変更できた方が良いかもしれませんね。ちなみに前作Call of Duty 4: Modern Warfareでは充血した目のような表現となっていました。


(ソース: PlayStation LifeStyle, ビデオ: YouTube)


【関連記事】
『CoD: Modern Warfare 2』現時点ではパブリックなマルチプレイベータの計画は無し
その先には一体何が…『Modern Warfare 2』最新スクリーンショット
発売まで3ヶ月『Modern Warfare 2』北米での予約本数は82万本
DCからコミック化決定!『Modern Warfare 2: Ghost』が発表
Mad Catzが『Modern Warfare 2』用コントローラー及びアクセサリーの販売権を獲得
50 Centが『Modern Warfare 2』にカメオ出演?公式サイトから明らかに

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 『対魔忍コレクション:アサギ 決戦アリーナ』Steamで無料配信中―『対魔忍ユキカゼ』体験版も登場

    『対魔忍コレクション:アサギ 決戦アリーナ』Steamで無料配信中―『対魔忍ユキカゼ』体験版も登場

  2. 『モンハン:アイスボーン』アップデートVer.14.00配信!新規モンスターやマカ錬金機能追加など

    『モンハン:アイスボーン』アップデートVer.14.00配信!新規モンスターやマカ錬金機能追加など

  3. 独裁者シム『Tropico 6』DLC「Lobbyistico」配信開始―Steam版本編は週末に無料プレイ

    独裁者シム『Tropico 6』DLC「Lobbyistico」配信開始―Steam版本編は週末に無料プレイ

  4. 可愛らしいドット絵RPG『HEARTBEAT』開発者公認の日本語化Modが公開!

  5. 『DEATH STRANDING』完全新規の壁紙を公式サイトで配信中―7月14日PC版リリース間近!

  6. ゲーム最終章『SAO アリシゼーション リコリス』発売記念!二見Pに聞く同作の魅力とシリーズPC版「前作はPCでも50万本ほど。日本からも世界上位の売上」【UPDATE】

  7. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』AIチームメイトのティザー映像が公開! 7月中旬のアップデートにて実装予定

  8. 期間限定200人バトロワが終了―『CoD:Warzone』のプレイリストが更新され「BR Quads」と「BR Stimulus Trios」が登場

  9. WayForwardが『熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls』の新展開を発表!「DLCではない別のプロジェクト」

  10. パワードスーツで悪魔と戦う2DドットACT『Panzer Paladin』海外7月21日発売決定

アクセスランキングをもっと見る

page top