チリにおけるPlayStation 3の広告がちょっとヤバイ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

チリにおけるPlayStation 3の広告がちょっとヤバイ

家庭用ゲーム PS3

人の目を引き付け商品への興味を持たせるための宣伝手段である広告。注目されればされるほど効果を発揮する広告ですが、チリにおけるPlayStation 3の広告がちょっぴり良くない感じで話題となっています。話題となっている広告は以下の2枚。


1枚目はゲーマーの心臓をフランスの国民的英雄“ジャンヌ・ダルク”に移植している様子を描いたもの。パックリと開いた胸に取り出された心臓。少し過激でインパクトのある広告です。心臓を持っている看護婦(医者?)の顔が怖い……。


1枚目の広告はまだ良いとしても、2枚目は政治的に問題がありそうです。こちらの広告ではゲーマーが“ナチスの将校”(恐らくエルヴィン・ロンメル)に輸血をしてる様子を描いています。ロンメルの評価はさておいて、“ナチスの将校”及びナチスのシンボルでもある“鉤十字”を広告に使用した事は大きな議論を巻き起こしそうです。

というのも、鉤十字などナチスを連想させるものの使用は世界的にタブーとなっています(ドイツにいたっては違法)。ゲーム内のテクスチャーなどで登場するならまだしも、多くの人目に触れる広告で使用するのは問題ありですね……。まぁ一番の問題はこの広告が何を伝えたいのか良く分からないことですが。
(ソース: Joystiq, イメージ: adme.ru)


UPDATE: これらの広告はSony公式のものではなく、BBDOという会社のスタッフがコンテストやフェスティバル向けに制作したものだったようです。 この件に関する詳細は キムチさん がこちらの記事のコメント欄にまとめて下さっています。キムチさん 情報提供ありがとうございました。

また ああさん および LNさん が指摘されている鉤十字の件ですが、鉤十字が使用されているのはベッドの頭の部分です。本記事で掲載した画像では小さくて分かりづらいですが、元画像を見て頂くと分かると思います。説明が足らず申し訳ありませんでした。

【関連記事】
Activision、とある理由により『Wolfenstein』のドイツ版をリコール
「威嚇的だ」と住民から苦情、バス停に貼られた『Killzone 2』の広告が全て撤去−カナダ
「暴力ゲーム内広告は非暴力ゲームよりも印象に残る」と最新の研究結果が証明
本日の一枚 「新型PS3の広告を掲載するXBOX専門サイト」
遊ぼうよ!マイクロソフト、自社広告でうっかりプレイステーションを宣伝

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「PS Now」PS4タイトルの配信がスタート、実際のプレイ感は?

    「PS Now」PS4タイトルの配信がスタート、実際のプレイ感は?

  2. 隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

    隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

  3. 『Destiny 2』オープンベータテスト期間が延長、日本時間7月26日まで実施

    『Destiny 2』オープンベータテスト期間が延長、日本時間7月26日まで実施

  4. 『レインボーシックス シージ』XB1版に「アルファパック」実装!PS4版も近日

  5. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード「ゴーストウォー」今夏よりテスト開始、秋にも正式始動

  6. 「PS Store X ドコモ ケータイ払い」キャンペーンで1,000ポイントゲット!? 『ドラクエXI』『Destiny 2』など夏の期待作に備えよう

  7. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  8. 戦国死にゲー『仁王』DLC第2弾「義の後継者」の詳細&最新スクリーンショット公開!

  9. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』 新キャラ国内発表!最新映像も

  10. 「ニンテンドースイッチ」3月3日発売! 価格は29,980円

アクセスランキングをもっと見る

page top