Microsoft: 『Alan Wake』はゲームとテレビの境界線を曖昧にする | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Microsoft: 『Alan Wake』はゲームとテレビの境界線を曖昧にする

CVGのインタビューを受けたMicrosoftの製品販売マネージャーLaura Disne氏は今春の発売が予定されている Alan Wake について、 「ゲームとテレビの境界線を曖昧にする」 と話しました。

家庭用ゲーム Xbox360
CVGのインタビューを受けたMicrosoftの製品販売マネージャーLaura Disne氏は、今春の発売が予定されているAlan Wakeについて以下のように話しました。
「ゲームとテレビの境界線を曖昧にし、本当に魅力的なものをつくるために双方の長所を取り入れるでしょう。(中略)プロットはゲーム全体を動かす要因となり、多くのあからさまなホラーゲームとは違った方向でプレイヤーを魅了する雰囲気を生み出します」
またDisne氏は開発元のRemedyがここ数ヶ月でかなりゲームに磨きをかけているという事を伝え、2010年のゲームのポートフォリオにおいて重要な役割を果たすとだろうと本作に高い期待を寄せています。

来月Microsoftによって開催されるX10への出展も決定しているAlan Wake。X10では更なる詳細や新たな映像、そして正式な発売日などの発表に期待したいですね。
(ソース: CVG)


【関連記事】
『Alan Wake』発売前にデモを配信する予定は無し
CES 2010: 追加エピソードの配信も決定!『Alan Wake』最新スクリーンショット
『Alan Wake』や『Crackdown 2』は2010年上半期に発売を予定、MSがコメント
思わず息を呑む緊張感。『Alan Wake』最新ゲームプレイ映像5本立て
Xbox 360用アドベンチャー『Alan Wake』は2010年5月に世界同時発売?
18分に及ぶ『Alan Wake』の直撮りゲームプレイ映像が流出
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

    『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

  2. 『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

    『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

  3. 『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

    『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

  4. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  5. 『Marvel's Avengers』ステージレポ―実機プレイによるヒーローたちのド派手な活躍に大興奮!【TGS2019】

  6. 『FF7 リメイク』TGS2019ステージのアーカイブ映像公開!イフリートを召喚するアプス戦やクラシックモードの情報も

  7. 『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』9月17日発売!シリーズの原点をスイッチで楽しめる

  8. 『CoD:MW』メディアセッションレポー掲げられた5つの「ドグマ」とは【TGS2019】

  9. 『ボーダーランズ3』公式スキルシミュレーター国内公開!主人公4人のスキルが明らかに

  10. 熱狂、そして“つながり”『DEATH STRANDING』ボイスタレントセッションレポ!【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top