専用サーバーやLANプレイは非対応『BioShock 2』のマルチプレイFAQ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

専用サーバーやLANプレイは非対応『BioShock 2』のマルチプレイFAQ

Dark Sectorなどを手掛けたDigital Extremesが、本編とは別に開発を担当しているBioShock 2のマルチプレイヤーモード。公式サイトCult of Raptureにて、その詳しい仕様がQ&A形式で発表されました。

PC Windows
Dark Sectorなどを手掛けたDigital Extremesが、本編とは別に開発を担当しているBioShock 2のマルチプレイヤーモード。公式サイトCult of Raptureにて、その詳しい仕様がQ&A形式で発表されました。Call of Duty: Modern Warfare 2やStarCraft IIの前例を踏襲し、本作のマルチプレイも専用サーバーやLANプレイは非対応になる模様です。

* アンランクマッチのオプションはなし

* フレンドを招待して最大4人までのパーティーを組むことができる
※パーティーへの途中参加も可能

* パーティー編成時は各メンバーのスキルに適した相手パーティーとマッチング

* PC版、PS3版、Xbox 360版のシステムはほぼ同じ
※パーティーシステムに若干の違いあり

* プライベートマッチ以外の全てのゲームはリーダーボードにデータが記録される

* プライベートマッチは最大9人までのプレイヤーを招待できる

* プレイヤーキックは不可
※悪用されることが多いため

* LANプレイと専用サーバーは非対応

開発者は、LANプレイと専用サーバーの導入を断念した理由について、前作になかったマルチプレイを導入すること自体が困難な作業であることや、とっつきやすく安定したオンライン環境の構築を優先した結果であると説明しています。(ソース: The Cult of Rapture)


【関連記事】
SecuRomのインストールが必須『BioShock 2』PC版の必要動作環境が明らかに
テンション高すぎ!『BioShock 2』のマルチプレイヤートレイラーが初公開
前作を上回る?海外マガジンに『BioShock 2』の初レビューが掲載
『BioShock 2』のシングルプレイキャンペーンは10時間以上のボリューム
『BioShock 2』に登場する新プラスミドの効果が明らかに!最新ショットも公開
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  2. ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

    ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

  3. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

    『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  4. レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

  5. 『Arma 3』初のサードパーティ開発DLC「Global Mobilization - Cold War Germany」発表

  6. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  7. ダークなトップダウンシューターRPG『Beyond The Veil』配信―弾幕をくぐり抜けて生き残れ

  8. ゾンビCo-opシューター『World War Z』PC版がEpic Gamesストアに登場―専売となるかは未発表

  9. 『アサシン クリード ユニティ』PC版の要求スペックが公開― 最小にGTX680を要求

  10. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top