X10: Bungie: 『Halo: Reach』のマルチプレイヤーでは大きな冒険を試みている | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

X10: Bungie: 『Halo: Reach』のマルチプレイヤーでは大きな冒険を試みている

5月3日からはベータテストも実施される Halo: Reach ですが、Joystiqのインタビューでマルチプレイヤーについて尋ねられたクリエイティブディレクターのMarcus Lehto氏は「大きな冒険を試みている」と答えました。

家庭用ゲーム Xbox360
5月3日からはベータテストも実施される予定のHalo: Reachですが、Joystiqのインタビューでマルチプレイヤーについて尋ねられたクリエイティブディレクターのMarcus Lehto氏は「大きな冒険を試みている」と答えました。
「Haloの事を熟知し愛しているプレイヤーのために十分な要素を持っていますが、私たちはそれらをより良くし、更に新たな特徴を加えました」
Lehto氏は大きな冒険=新たな特徴の詳細は明かしていませんが、前述のベータテストにて“新たなマルチプレイヤーの特徴”を見ることができると伝えています。

Bungieが“大きな冒険”と表現するこの新たな特徴は一体どのようなものとなっているのでしょうか。ベータテストの実施が待ち遠しいですね。

最後にX10で公開されたビデオドキュメンタリー映像をどうぞ。



(ソース: Joystiq, ビデオ: YouTube)


【関連記事】
X10: 『Halo: Reach』のベータは5月3日から実施、ボックスアートも公開
『Halo: Reach』のスクリーンショット及びコンセプトアートが大量公開!
開発度は70%…『Halo: Reach』の海外マガジンスキャンが掲載
リーチ陥落が描かれる『Halo: Reach』はよりダークな物語に、Bungieがコメント
『Halo: Reach』は6人編成“Noble Team”の物語! メンバーキャラが海外誌で明らかに
『Halo: Reach』には“Super Secret”なモードがある事をBungieが明らかに
《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモンSV』アカデミー内に「隠し扉」発見!位置的にDLCの伏線?

    『ポケモンSV』アカデミー内に「隠し扉」発見!位置的にDLCの伏線?

  2. 『エースコンバット』シリーズ史上最強のステルス戦闘機「X-02S」を専門家がガチ評価!その判定は…?

    『エースコンバット』シリーズ史上最強のステルス戦闘機「X-02S」を専門家がガチ評価!その判定は…?

  3. 新作ACT『コードシフター』配信開始!『ギルティギア』『くにおくん』『ブレイブルー』などの人気キャラが集合

    新作ACT『コードシフター』配信開始!『ギルティギア』『くにおくん』『ブレイブルー』などの人気キャラが集合

  4. 『アーマード・コアVI』ダイナミックで激しいバトルに―経験や知見、ノウハウを生かした新しいアクションとして開発中

  5. Game*Sparkリサーチ『MMORPGは男キャラでプレイ?それとも女キャラでプレイ?』

  6. 『FORSPOKEN』の魔法パルクールは現実世界でも再現可能!?日本トップレベルのパルクールコーチに教えを乞い、魔法トレーサー「フォースパーくん」となれ

  7. コエテク新作『Rise of the Ronin』PSストアページ公開―Team NINJAが手掛ける幕末オープンワールドアクションRPG

  8. PS5がその場で当たる!「プレステ」×「ユニクロ」コラボを記念したTwitterキャンペーンが開催中

  9. PS5とDualSenseを徹底チェック!サイズは?接続端子は?色々と調べてみました

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』続編延期、なぜ「容認・許容」が多いのか? ユーザーの反応から3つの理由に迫る

アクセスランキングをもっと見る

page top