Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表

ニュース 最新ニュース

スタジオのトップが解雇されたり警備員がオフィスに現れるなど、Infinity WardActivisionの間で不穏な動きがあると昨日から伝えられていますが、ActivisionがCall of Dutyシリーズの新作をプレスリリースで発表するという意外な形で続報が届いています。

プレスリリースはCall of Dutyフランチャイズの今後の販売計画を発表する内容で、2010年にリリースするModern Warfare 2の2つの追加ダウンロードコンテンツや、2010年秋に発売されるTreyarchのシリーズ最新作の存在を強調。

さらに、Electronic Artsから引き抜かれた2人のベテラン開発者の所属するSledgehammer Gamesが、アクションアドベンチャージャンルの新作Call of Dutyを2011年リリースを目標に開発していることも同時に発表されています。

また、今回のプレスリリースでは、先日Activisionと面会したというInfinity Wardの幹部Jason WestとVince Zampella両氏の退社も正式に発表。今後は、Activision Publishingのアジア地域を担当していたPhilip Earl氏がフランチャイズのビジネス全般を管理、同じくActivision Publishingの幹部2名が暫定的にInfinity Wardを指揮する模様です。

やや強引にも思われる形で再編成が行われたInfinity Wardですが、元幹部らが退社した理由ははっきりしておらず、不可解な部分も残されています。一部の海外メディアでは、Modern Warfare 2のロイヤリティーがInfinity Wardに支払われていなかったとのもあるようですが、事実関係は明らかになっていません。

今回の件に関してActivisionのCEO Mike Griffith氏は、Call of Dutyの将来は依然としてInfinity Wardが中心的な存在であると語ったそうです。(ソース: TeamXbox)


【関連記事】
Infinity WardとActivision間でトラブル?スタジオ内で異変が…
噂: Infinity Wardは『Modern Warfare 3』を作らない… 次回作はMMOに?
Activisionが『Dead Space』を指揮したEAのベテランスタッフをヘッドハント
『Call of Duty: Modern Warfare 2』のDLCはXbox 360で30日間の独占配信
EAの開発者が『MW2』の空港シーンに言及。「Infinity Wardの勇気に敬意を表する」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. ご近所ホラー『Hello Neighbor』正式リリース日が決定!

    ご近所ホラー『Hello Neighbor』正式リリース日が決定!

  2. Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

    Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

  3. 映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

    映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

  4. 『グウェント』パブリックベータが国内PS4/XB1/PC向けにスタート!

  5. チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

  6. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  7. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  8. ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

  9. 『FARCRY5』日本向けティーザートレイラー公開!正式発表は5月29日に

  10. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

アクセスランキングをもっと見る

page top