Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表

Infinity WardとActivisionの間で不穏な動きがあると昨日から伝えられていますが、ActivisionがCall of Dutyシリーズの新作を発表するという意外な形で続報が届いています。また、Infinity Ward内の人事異動も同時に発表されています。

ニュース 最新ニュース
スタジオのトップが解雇されたり警備員がオフィスに現れるなど、Infinity WardActivisionの間で不穏な動きがあると昨日から伝えられていますが、ActivisionがCall of Dutyシリーズの新作をプレスリリースで発表するという意外な形で続報が届いています。

プレスリリースはCall of Dutyフランチャイズの今後の販売計画を発表する内容で、2010年にリリースするModern Warfare 2の2つの追加ダウンロードコンテンツや、2010年秋に発売されるTreyarchのシリーズ最新作の存在を強調。

さらに、Electronic Artsから引き抜かれた2人のベテラン開発者の所属するSledgehammer Gamesが、アクションアドベンチャージャンルの新作Call of Dutyを2011年リリースを目標に開発していることも同時に発表されています。

また、今回のプレスリリースでは、先日Activisionと面会したというInfinity Wardの幹部Jason WestとVince Zampella両氏の退社も正式に発表。今後は、Activision Publishingのアジア地域を担当していたPhilip Earl氏がフランチャイズのビジネス全般を管理、同じくActivision Publishingの幹部2名が暫定的にInfinity Wardを指揮する模様です。

やや強引にも思われる形で再編成が行われたInfinity Wardですが、元幹部らが退社した理由ははっきりしておらず、不可解な部分も残されています。一部の海外メディアでは、Modern Warfare 2のロイヤリティーがInfinity Wardに支払われていなかったとのもあるようですが、事実関係は明らかになっていません。

今回の件に関してActivisionのCEO Mike Griffith氏は、Call of Dutyの将来は依然としてInfinity Wardが中心的な存在であると語ったそうです。(ソース: TeamXbox)


【関連記事】
Infinity WardとActivision間でトラブル?スタジオ内で異変が…
噂: Infinity Wardは『Modern Warfare 3』を作らない… 次回作はMMOに?
Activisionが『Dead Space』を指揮したEAのベテランスタッフをヘッドハント
『Call of Duty: Modern Warfare 2』のDLCはXbox 360で30日間の独占配信
EAの開発者が『MW2』の空港シーンに言及。「Infinity Wardの勇気に敬意を表する」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

    『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  2. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

    Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  3. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

    正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  4. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  5. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  6. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. 「BitSummit 7 Spirits」BitSummitアワードのノミネート作品を公開―来場者が投票できるアワードも

  9. 倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施

  10. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

アクセスランキングをもっと見る

1
page top