任天堂、海外ファンの『ポケモン』MMO化プロジェクトを差し止め | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂、海外ファンの『ポケモン』MMO化プロジェクトを差し止め

海外ファンが開発していたポケモンのMMORPG化プロジェクトを、今月1日、任天堂が差し止めていたことが分かりました。問題となったのはPokenetと名付けられた作品で、任天堂のポケットモンスターの世界観やゲームシステムを流用したもの。

PC Windows


海外ファンが開発していたポケモンのMMORPG化プロジェクトを、今月1日、任天堂が差し止めていたことが分かりました。

問題となったのはPokenetと名付けられたオープンソースの作品で、任天堂のポケットモンスターの世界観やゲームシステムを流用し、オンライン上で大人数プレイを可能にしたもの。ゲームにログインした全てのプレイヤーがポケモントレーナーとなり、ポケモンを収集・進化させたり、他のプレイヤーとトレードすることができるそうです。



先月末頃、任天堂はPokenetの運営者に対し、商標権の無断使用を訴え、プロジェクトの停止やウェブサイトの閉鎖を求める警告状を送っていたとのこと。これを受け、開発者らは4月1日にpokedev.orgのウェブサイトをシャットダウンし、正式にPokenetの開発を中止しています。

Pokenetは開発途中の作品で、まだベータ版のリリース前だったそうですが、既に7,000人以上のプレイヤーがゲームに参加する盛況ぶりで、運営者は毎月約80ドルのサーバー維持費を支払っていたということです。(ソース: Joystiq: Nintendo shuts down fan-made Pokemon MMO)


【関連記事】
任天堂、海外ファンが制作した『ゼルダの伝説』長編映画を差し止め
スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声
Gary's Modで作られた『ゼルダの伝説』最新作の偽スクリーンショットがスゴイ
海外ファンによる『スパルタンX』のオリジナル続編が遂に完成
『Doom』+『Diablo』=『Doomablo』 PCゲームの二大金字塔が合体した禁断のゲーム
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』世界観が伝わるコンセプトアート50枚以上をまとめて公開!

    『サイバーパンク2077』世界観が伝わるコンセプトアート50枚以上をまとめて公開!

  2. AMD、新世代CPU「Ryzen 3000XT」シリーズプロセッサー登場!

    AMD、新世代CPU「Ryzen 3000XT」シリーズプロセッサー登場!

  3. 『リーグ・オブ・レジェンド』新チャンピオン「リリア」発表! 固有スキルとUltで敵を眠りに誘う

    『リーグ・オブ・レジェンド』新チャンピオン「リリア」発表! 固有スキルとUltで敵を眠りに誘う

  4. ソビエトライクな国で市長になる―市政ストラテジー『For the People』7月30日Steamでリリース

  5. 「Humble Summer Adventure Games Bundle」開始!Telltale製ADVなどがセットに

  6. 『Gears 5』Operation4でドムがまさかの復活か?デルタ部隊が再集結するティザートレイラー公開

  7. PC版『Horizon Zero Dawn』Steam価格が各国で改定―多くの地域で大幅値上げに

  8. シリーズ続編『Hollow Knight:Silksong』の新キャラクター「セス」は亡くなったファンの名前を使用していることが明らかに

  9. 『L4D』開発元の新作Co-opゾンビFPS『Back 4 Blood』1枚のコンセプトアートが披露!

  10. 根っからのデスクトップPCゲーマーがゲーミングノートに切り替えて感じたこと―MSI「GF75 Thin」インプレッション

アクセスランキングをもっと見る

page top