任天堂、海外ファンの『ポケモン』MMO化プロジェクトを差し止め | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂、海外ファンの『ポケモン』MMO化プロジェクトを差し止め

海外ファンが開発していたポケモンのMMORPG化プロジェクトを、今月1日、任天堂が差し止めていたことが分かりました。問題となったのはPokenetと名付けられた作品で、任天堂のポケットモンスターの世界観やゲームシステムを流用したもの。

PC Windows


海外ファンが開発していたポケモンのMMORPG化プロジェクトを、今月1日、任天堂が差し止めていたことが分かりました。

問題となったのはPokenetと名付けられたオープンソースの作品で、任天堂のポケットモンスターの世界観やゲームシステムを流用し、オンライン上で大人数プレイを可能にしたもの。ゲームにログインした全てのプレイヤーがポケモントレーナーとなり、ポケモンを収集・進化させたり、他のプレイヤーとトレードすることができるそうです。



先月末頃、任天堂はPokenetの運営者に対し、商標権の無断使用を訴え、プロジェクトの停止やウェブサイトの閉鎖を求める警告状を送っていたとのこと。これを受け、開発者らは4月1日にpokedev.orgのウェブサイトをシャットダウンし、正式にPokenetの開発を中止しています。

Pokenetは開発途中の作品で、まだベータ版のリリース前だったそうですが、既に7,000人以上のプレイヤーがゲームに参加する盛況ぶりで、運営者は毎月約80ドルのサーバー維持費を支払っていたということです。(ソース: Joystiq: Nintendo shuts down fan-made Pokemon MMO)


【関連記事】
任天堂、海外ファンが制作した『ゼルダの伝説』長編映画を差し止め
スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声
Gary's Modで作られた『ゼルダの伝説』最新作の偽スクリーンショットがスゴイ
海外ファンによる『スパルタンX』のオリジナル続編が遂に完成
『Doom』+『Diablo』=『Doomablo』 PCゲームの二大金字塔が合体した禁断のゲーム
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  2. ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

    ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

  3. レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

    レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

  4. 『Arma 3』初のサードパーティ開発DLC「Global Mobilization - Cold War Germany」発表

  5. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  6. ゾンビCo-opシューター『World War Z』PC版がEpic Gamesストアに登場―専売となるかは未発表

  7. ダークなトップダウンシューターRPG『Beyond The Veil』配信―弾幕をくぐり抜けて生き残れ

  8. 8bit風アクションADV『アスタロン: 地球の涙』かわいいキャラの冒険を描くゲームプレイトレイラー!

  9. 『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

  10. サバイバルホラー『Chernobylite』約30分に渡る公式ゲームプレイ映像!戦闘から探索まで一挙公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top