開発者が明かす『Splinter: Cell Conviction』に採用されなかった要素とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発者が明かす『Splinter: Cell Conviction』に採用されなかった要素とは

海外では来週、国内では3週間後に発売が迫ったSplinter: Cell Convictionですが、ゲーム中のある要素に関する開発者の発言が話題になっています。今作には“敵の死体を運ぶ”要素が採用されていないそうです。

PC Windows
海外では来週、国内では3週間後に発売が迫ったSplinter: Cell Convictionですが、ゲーム中のある要素に関する開発者の発言が話題になっています。

先日行われた発売イベントでUbisoftのクリエイティブディレクターMaxime Beland氏が打ち明けたところによると、今作には過去のスプリンターセルシリーズにあった“倒した敵の死体を運ぶ”要素が採用されていないそうです。

その理由について同氏は、新しく作り出したゲームプレイスタイルにおいて必要なものではなかったと説明しているものの、できればファンのために導入したかった、実現できなかったのは基本的に時間がなかったためだと話しています。

さらにBeland氏は本作のダウンロードコンテンツについても言及。開発チームには将来の予定を記したノートが既にあるといい、サムのストーリーは決して終わっていないと認めたそうです。

最後に別のソースになりますが、IGNでは本作の重要なシステムである“Mark & Execute”を解説した最新の動画が配信されているのでぜひチェックしておきましょう。



(ソース: The Lost Gamer: Splinter Cell team “didn’t have time” to implement carrying dead bodies)


【関連記事】
激しいアクション満載!『Splinter Cell: Conviction』のローンチトレイラーが公開
『Splinter Cell: Conviction』の開発が完了、最新の開発者ダイアリー映像も
『Splinter Cell: Conviction』のサム・フィッシャーがTwitterを開始
『Splinter Cell』シリーズ、今後はマルチプラットフォームでの展開も
『Splinter Cell: Conviction』マルチプレイの新モード&カスタマイズ紹介映像
復讐に燃えるサムが止まらない『Splinter Cell: Conviction』ストーリートレイラー
《Rio Tani》
BFV最新ニュース[PR]

PC アクセスランキング

  1. 「忍殺」作者監修『AREA4643』謎めいた理由でSteam審査に引っかかる―「日本語がフルサポートされていないように思える」

    「忍殺」作者監修『AREA4643』謎めいた理由でSteam審査に引っかかる―「日本語がフルサポートされていないように思える」

  2. オープンワールドのハードコア終末サバイバルゲーム『Miscreated』正式リリース!

    オープンワールドのハードコア終末サバイバルゲーム『Miscreated』正式リリース!

  3. 爆乳忍者ACT『閃乱カグラ Burst Re:Newal』Steam版発売日発表、予約も開始に

    爆乳忍者ACT『閃乱カグラ Burst Re:Newal』Steam版発売日発表、予約も開始に

  4. SFドローンSTG『D.R.O.N.E. The Game』Steam早期アクセス開始!未来のドローンバトルを体感せよ

  5. 『Dead by Daylight』冬季限定イベント「Winter Solstice」開催―BP2倍期間も

  6. ディストピア世界のアニマルシューター『HoverGrease』アルファ版が公開!

  7. シリーズ誕生20周年!『Anno 1602』がUplayにて期間限定で無料配布―最新作のベータ受付も

  8. 非対称対戦ホラー『Last Year The Nightmare』配信開始!Discordゲームストアで販売

  9. 宇宙忍者ハクスラARPG『Warframe』PC版に新アップデート「プロフィット・テイカー」配信開始!

  10. まもなくSteamから消えるゲーム版『カンフー・パンダ』が最後のセールを実施

アクセスランキングをもっと見る

page top