開発者が明かす『Splinter: Cell Conviction』に採用されなかった要素とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発者が明かす『Splinter: Cell Conviction』に採用されなかった要素とは

海外では来週、国内では3週間後に発売が迫ったSplinter: Cell Convictionですが、ゲーム中のある要素に関する開発者の発言が話題になっています。今作には“敵の死体を運ぶ”要素が採用されていないそうです。

PC Windows
海外では来週、国内では3週間後に発売が迫ったSplinter: Cell Convictionですが、ゲーム中のある要素に関する開発者の発言が話題になっています。

先日行われた発売イベントでUbisoftのクリエイティブディレクターMaxime Beland氏が打ち明けたところによると、今作には過去のスプリンターセルシリーズにあった“倒した敵の死体を運ぶ”要素が採用されていないそうです。

その理由について同氏は、新しく作り出したゲームプレイスタイルにおいて必要なものではなかったと説明しているものの、できればファンのために導入したかった、実現できなかったのは基本的に時間がなかったためだと話しています。

さらにBeland氏は本作のダウンロードコンテンツについても言及。開発チームには将来の予定を記したノートが既にあるといい、サムのストーリーは決して終わっていないと認めたそうです。

最後に別のソースになりますが、IGNでは本作の重要なシステムである“Mark & Execute”を解説した最新の動画が配信されているのでぜひチェックしておきましょう。



(ソース: The Lost Gamer: Splinter Cell team “didn’t have time” to implement carrying dead bodies)


【関連記事】
激しいアクション満載!『Splinter Cell: Conviction』のローンチトレイラーが公開
『Splinter Cell: Conviction』の開発が完了、最新の開発者ダイアリー映像も
『Splinter Cell: Conviction』のサム・フィッシャーがTwitterを開始
『Splinter Cell』シリーズ、今後はマルチプラットフォームでの展開も
『Splinter Cell: Conviction』マルチプレイの新モード&カスタマイズ紹介映像
復讐に燃えるサムが止まらない『Splinter Cell: Conviction』ストーリートレイラー
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. マルチプレイARPG『Blightbound』システム部分日本語化や味方bot追加の「Helping Hands」アップデート実施

    マルチプレイARPG『Blightbound』システム部分日本語化や味方bot追加の「Helping Hands」アップデート実施

  2. 『サイバーパンク2077』でジョニー・シルヴァーハンド演じるキアヌ・リーブス出演のCMが公開!

    『サイバーパンク2077』でジョニー・シルヴァーハンド演じるキアヌ・リーブス出演のCMが公開!

  3. 空中都市建設ストラテジー『Airborne Kingdom』EGSで12月17日より配信―空を旅して失われたテクノロジーを見つけだせ

    空中都市建設ストラテジー『Airborne Kingdom』EGSで12月17日より配信―空を旅して失われたテクノロジーを見つけだせ

  4. 『モンハン:アイスボーン』第5弾アップデート配信開始―追加モンスター「ミラボレアス」登場

  5. サービス14年目の老舗メカMMO『鋼鉄戦記C21』Steamに登場へ【UPDATE】

  6. 『Fall Guys』シーズン2では勝利なしでも最大18個以上のクラウンが獲得可能! シーズン達成報酬に大量追加

  7. ゲームの“外側”を活かすADV『Out of Frame / ノベルゲームの枠組みを変えるノベルゲーム。』Steam版が10月15日配信!

  8. 『Kenshi 2』Unreal Engineで描かれるスキマーの様子も!8月のコミュニティ・アップデート公開【UPDATE】

  9. オンライン対戦にも対応―90年代2D格闘『ブレイカーズ』シリーズがPC/コンソール向けに2021年発売決定

  10. 戦いは新章へ突入!『CoD:BO CW』ゾンビモードの映像が初公開【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top