Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?

ニュース 最新ニュース

Modern Warfare 2の世界的ヒットの陰で、開発スタッフの退社訴訟騒ぎに発展しているActivisionInifinity Ward間の深刻なトラブル。今日、Activisionは同社を起訴していたInfinity Wardの元幹部らに対し対抗訴訟を起こしました。

Infinity Wardの創設者であるJason West氏とVince Zampella氏は、Activisionに不当に解雇されたと訴え、ロイヤリティーの支払いやModern Warfareブランドの支配権を要求していましたが、これに対しAcitivisionは両氏がスタジオを奪おうとしていたなどと指摘しています。

LA Timesが報じた訴状の内容によると、West氏とZampella氏はActivisionのライバルメーカー幹部(Electronic Arts?)と極秘にミーティングを行い、独立して新スタジオを設立する計画を立てていたとのこと。また、同社はModern Warfare 3を2011年末に発売したいと考えていたそうですが、今回の一連の事件によって制作が遅れていることも明らかになっています。

一方、West氏とZampella氏の弁護士であるRobert Schwartz氏は、Acitivisionの訴えが「常軌を逸した偽り」だと非難する声明文を発表。二人がゲーム制作に復帰し、近々何らかの発表ができると伝えているそうです。(ソース: Los Angeles Times, Shacknews)


【関連記事】
噂: Infinity Wardの主要スタッフがさらに二名退社
EAの幹部がActivisionとIWのトラブルについてコメント 「誰の得にもならない」
Activision、IW元幹部の訴訟に対し声明を発表 「失望した」
『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟
Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表
Infinity WardとActivision間でトラブル?スタジオ内で異変が…
『Band Hero』を巡りNo DoubtがActivisionを訴訟。Activisionは正当性を主張
『GH5』のカート・コバーン出演にコートニー・ラブやニルヴァーナの元メンバーが抗議
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

    スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

  2. 噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

    噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

  3. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

    米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  4. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

  5. 不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』がGOTYを獲得! 第21回「D.I.C.E. Awards」受賞作品リスト

  7. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  8. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

  9. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  10. 米トランプ大統領「映画やゲームには規制が必要だ」―パークランド銃撃事件受け

アクセスランキングをもっと見る

page top