Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?

ニュース 最新ニュース

Modern Warfare 2の世界的ヒットの陰で、開発スタッフの退社訴訟騒ぎに発展しているActivisionInifinity Ward間の深刻なトラブル。今日、Activisionは同社を起訴していたInfinity Wardの元幹部らに対し対抗訴訟を起こしました。

Infinity Wardの創設者であるJason West氏とVince Zampella氏は、Activisionに不当に解雇されたと訴え、ロイヤリティーの支払いやModern Warfareブランドの支配権を要求していましたが、これに対しAcitivisionは両氏がスタジオを奪おうとしていたなどと指摘しています。

LA Timesが報じた訴状の内容によると、West氏とZampella氏はActivisionのライバルメーカー幹部(Electronic Arts?)と極秘にミーティングを行い、独立して新スタジオを設立する計画を立てていたとのこと。また、同社はModern Warfare 3を2011年末に発売したいと考えていたそうですが、今回の一連の事件によって制作が遅れていることも明らかになっています。

一方、West氏とZampella氏の弁護士であるRobert Schwartz氏は、Acitivisionの訴えが「常軌を逸した偽り」だと非難する声明文を発表。二人がゲーム制作に復帰し、近々何らかの発表ができると伝えているそうです。(ソース: Los Angeles Times, Shacknews)


【関連記事】
噂: Infinity Wardの主要スタッフがさらに二名退社
EAの幹部がActivisionとIWのトラブルについてコメント 「誰の得にもならない」
Activision、IW元幹部の訴訟に対し声明を発表 「失望した」
『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟
Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表
Infinity WardとActivision間でトラブル?スタジオ内で異変が…
『Band Hero』を巡りNo DoubtがActivisionを訴訟。Activisionは正当性を主張
『GH5』のカート・コバーン出演にコートニー・ラブやニルヴァーナの元メンバーが抗議
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ゴッド・オブ・ウォー』DLCは考えていない、全てを本編に詰め込んだ―ディレクターが語る

    『ゴッド・オブ・ウォー』DLCは考えていない、全てを本編に詰め込んだ―ディレクターが語る

  2. 5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

    5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

  3. 任天堂、平成30年3月期 決算を発表─売上高は1兆円超え、スイッチは1,500万台を販売、『オデッセイ』1,000万本の大台に

    任天堂、平成30年3月期 決算を発表─売上高は1兆円超え、スイッチは1,500万台を販売、『オデッセイ』1,000万本の大台に

  4. 任天堂の君島社長が6月28日付で退任―新代表取締役社長は古川俊太郎氏に内定

  5. 90年代インターネットシム『Hypnospace Outlaw』発表! オンライン世界の秩序を維持せよ

  6. 特典付きパッケージ版『ソニックマニア・プラス』国内PS4/スイッチで発売決定!

  7. 警察パトロール隊シム『City Patrol: Police』発表! 激しいカーチェイス満載

  8. 第一次世界大戦の物語描く新作ADV『11-11: MEMORIES RETOLD』が海外発表

  9. リマスター版『バレットウィッチ』がSteam配信決定! 4K解像度対応やゲームバランス調整も

  10. 『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top