暴力描写に加えて性描写も『Red Dead Redemption』のレーティングはMatureに決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

暴力描写に加えて性描写も『Red Dead Redemption』のレーティングはMatureに決定

5月18日に北米で発売となる Red Dead Redemption のレーティングがMatureに決定しました。北米のレーティング機関ESRに掲載されている審査概要によれば、本作には激しい流血・暴力描写に加えて、性描写が含まれているようです。

家庭用ゲーム Xbox360

5月18日に北米で発売となるRed Dead RedemptionのレーティングがMature(対象年齢17歳以上)に決定しました。北米のレーティング機関ESRBに掲載されている審査概要よれば、本作には激しい流血・暴力描写に加えて、性描写が含まれているようです。以下概要分から一部抜粋。
■キャラクターが撃たれた際、血が噴き出る。

■ナイフでの攻撃およびヘッドショットの場合は更に多くの血が噴き出る。

■あるシーケンスでは血まみれのバラバラ死体が小屋の垂木にぶら下げられている。

■二人のキャラクターがテーブル上で性行為を行うシーンが含まれている。

■一部で女性の裸が映し出される。

■あるシーケンスではコカインを自分に注射する人物が描かれる。

■“f**k”や“c*nt”、“sh*t”といった乱暴で汚い言葉が登場する。
なかなか過激な描写も含まれているようですが、その分濃厚なゲームプレイを楽しむことが出来そうですね。
(ソース: ESRB via Kotaku, PlayStation LifeStyle, イメージ: 公式サイト)

(c)Rockstar Games. All rights reserved.

【関連記事】
様々な対戦モードを紹介!『Red Dead Redemption』の最新トレイラーが公開
Rockstar、『Red Dead Redemption』の発売直前に長編アニメ映像を放映
Mega64による『Red Dead Redemption』を遊びすぎた男の悲劇…
初心者も安心?『Red Dead Redemption』には複数の難易度設定が存在
『Red Dead Redemption』マルチプレイ“Free Roam Mode”プレビュー
魅力的なトレイラーも!『Red Dead Redemption』のマルチプレイヤー情報が遂に公開
《RIKUSYO》
BFV最新ニュース[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『CoD:BO4』1.10アップデート配信!「Zero」バランス調整でハック所要時間が全体的に増加

    『CoD:BO4』1.10アップデート配信!「Zero」バランス調整でハック所要時間が全体的に増加

  2. 『DEATH STRANDING』日本語アフレコ収録が本格始動! 小島監督がTwitterで報告

    『DEATH STRANDING』日本語アフレコ収録が本格始動! 小島監督がTwitterで報告

  3. 『アズールレーン クロスウェーブ』新ゲーム映像が12月26日公開―キャスター「綾波」が情報収集

    『アズールレーン クロスウェーブ』新ゲーム映像が12月26日公開―キャスター「綾波」が情報収集

  4. 【吉田輝和の絵日記】ちょ待てよが如く『JUDGE EYES』キムタクがコンビニや風呂屋(意味深)で大暴れ!

  5. PS Nowに『Bloodborne』『ぎゃるガンヴォルト バースト』など5タイトルが追加!

  6. サスペンスADV『コール・オブ・クトゥルフ』国内PS4版が3月28日に発売決定!さあ狂気の深淵へ

  7. 『スマブラSP』スピリッツイベント「炎の紋章をかかげて 前編」12月21日開催―『FE』シリーズキャラ大集合!

  8. 『CoD:BO4』次回アップデートで「Blackout」のカスタムゲームが導入!―武器迷彩サポートも

  9. 『フォーオナー』YEAR3「イヤー オブ ハービンジャー」ロードマップ公開―新シーズンパスも配信開始

  10. ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?

アクセスランキングをもっと見る

page top