Steamで配信されている『Max Payne 2』は改造が施されたクラック版だった!? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamで配信されている『Max Payne 2』は改造が施されたクラック版だった!?

PC Windows

※テキストで開いた実行ファイル

現在Steamで配信されているMax Payne 2はクラッカー集団によってCD/DVDチェックを回避する改造を施されたクラック版ではないかと話題になっています。

Steamのフォーラムに投稿された情報によれば、実行ファイル(maxpayne2.exe)の中にクラッカー集団“Myth”のASCIIロゴが埋め込まれていたのだそうです。

何故クラック版が配信されたのかは分かりませんが、Kotakuでは2つの可能性が提示されています。
■Steamで配信するために必要となるCD/DVDチェック機構の解除が面倒だった説。

■過去に起きた出来事(※)を茶化したプログラマーによるジョーク説。

(※)2008年にUbisoftがRainbow Six Vegas 2クラックパッチを配信してしまった事があった。
公式には何も伝えられていないため真相は不明ですが、ちゃんとした説明が欲しいですね。
(ソース&イメージ: MaxConsole, Kotaku)


【関連記事】
バレットタイム発動?『Max Payne 3』の発売時期が更に延期
『Max Payne 3』のティーザートレイラーがリーク?
オジサンになっても怒りは収まらない! 『Max Payne 3』のスクリーンショットが初公開
『Max Payne 3』Game Informer誌プレビュー記事のスキャンが海外フォーラムに掲載
えらく老け込んでしまった主人公…。『Max Payne 3』の新たな詳細が海外ゲーム誌に掲載
『The Sims 3』発売前から海賊版が流出、18万回以上違法ダウンロードされる
インドのグレーマーケットで、『Halo 3』の海賊版を発見
フィリピンのマニラで、今度はゲームキューブのWii仕様海賊版を発見
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

    『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

  2. Bungie続編『Destiny 2』に「グリモアカード」は非搭載

    Bungie続編『Destiny 2』に「グリモアカード」は非搭載

  3. 1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

    1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

  4. 『PUBG』追加武器はロシア製狙撃銃「VSS」!治療モーションも

  5. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  6. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  7. 一人称視点ダンジョンクローラー『Monomyth』Steam Greenlightトレイラーが公開

  8. 近接攻撃が本格的に?『PUBG』にキルムーブが実装か

  9. オープンワールドサバイバル『Rust』最新トレイラー!―早期アクセスで凄まじい進化

  10. 『マイクラ』風ARPG『Portal Knights』Steam版正式配信!―小島監督も注目

アクセスランキングをもっと見る

page top