“FFXIIIはRPGではない”――ではBioWareの考えるRPGの定義とは何か? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“FFXIIIはRPGではない”――ではBioWareの考えるRPGの定義とは何か?

PC Windows

BioWareのDaniel Erickson氏の発言「FFXIIIはRPGではない」を少し前にお伝えしました。ではBioWareの考えるRPGの定義とは何か? 少し前の記事になりますが、Biowareの首脳陣、Casey Hudson氏、Greg Zeschuk氏、Ray Muzyka氏らがその点について触れています(注:このコメントはMass Effect 2発売時のものであり、今回のDaniel Erickson氏の発言と直接的な関係はありません)。

Casey Hudson氏は、我々が「過去の作品を基にそのゲームを分類する傾向があり、ある種のゲームが出ると、それ以降のあらゆるゲームと比較してしまう」ことに疑問を呈しており、「RPGとは何かについての高次な考えは、他のゲームを参照することをルーツとしない」と前置きを置いた上で、RPGを「物語」「戦闘」「キャラクター」の3つの要素で定義しています。これにGreg Zeschuk氏、Ray Muzyka氏の意見を合わせてみます。

*物語は中心的役割を担い、そしてその中のキャラクターとしてのプレイヤーは、物語の結末を変えることができる:物語はあなたの行動を移す鏡である

*戦闘は純粋なアクションゲーム以上に頭を使うものであり、戦術的コンセプトを含む:新しい世界の探検家として背筋が冷えるような体験ができる

*キャラクター(プレイヤー)は、ゲームを進めていくにつれ、スキル、能力、その他を成長させていく:キャラクターの成長は、古典文学における英雄たちの冒険に相当する

一見当たり前のようなことですが、過去作を参照しながら、「RPGとはこういうもの」とすることを避け、できるだけ定義も少なくすることで、RPGというジャンルの停滞を防ぐことができるかもしれません。また、第4の定義として最近になり「伝統的なゲーム空間の外でのプレイヤー間のソーシャルな交流」が浮上しているとしています。

Ray Muzyka氏は「西洋のRPGには、チョイス・カスタマイズ・パーソナライズの機会が多い」と話したこともあります。これはDaniel Erickson氏の「(FFXIIIでは)プレイヤーは一切選択(チョイス)を行わず、キャラクターを作る(カスタマイズ)こともなく、キャラクターを演じる(パーソナライズ)こともありません」の意見と通じるものがあります。(ソース: shacknews: The Bioware Definition of RPG)


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. バトルロイヤルゲーム『PUBG』Month 2アップデートのパッチノート公開!―近日配信予定

    バトルロイヤルゲーム『PUBG』Month 2アップデートのパッチノート公開!―近日配信予定

  2. 『PUBG』新型バイク映像―空中制御追加で大回転スタントも!

    『PUBG』新型バイク映像―空中制御追加で大回転スタントも!

  3. 『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

    『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

  4. 名作ACTリメイク『Wonder Boy: The Dragon's Trap』PC版発売日決定!

  5. 1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

  6. Bungie続編『Destiny 2』に「グリモアカード」は非搭載

  7. 『PUBG』追加武器はロシア製狙撃銃「VSS」!治療モーションも

  8. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  9. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  10. 近接攻撃が本格的に?『PUBG』にキルムーブが実装か

アクセスランキングをもっと見る

page top