Bungieの開発者が明かした『Halo: Combat Evolved』の裏話 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungieの開発者が明かした『Halo: Combat Evolved』の裏話

PC Windows

Activisionとの長期販売契約や9月に発売日が決定したHalo: Reachに今も大きな関心の集まるBungieですが、開発者の一人が、10年近く前に発売されたシリーズ処女作Halo: Combat Evolvedの裏話をEdge Magazineに語っています。

同スタジオのデザイナーJaime Griesemer氏が明かしたところによると、当初Bungieは、ゲームのタイトル名をサブタイトルなしの「Halo」に決めていたそうですが、Microsoftのマーケティング担当に戦闘系のゲームにはふさわしくないネーミングだと指摘を受けたとのこと。

これに対しBungie社内ではちょっとした意見の相違が生まれ、最終的にHaloにサブタイトルを付けるという妥協案に落ち着いたそうですが、Griesemer氏いわく当時はBungieのスタッフ全員がCombat Evolvedというサブタイトルを嫌っていたのだとか。

ところがゲームの発売後は、そのタイトル名が広く定着し、Haloとは関係のないゲームのキャッチコピーに使われるほど有名になってしまったため、Griesemer氏は結果的にサブタイトルが良い妥協案だったと振り返っています。(ソース: CVG: Microsoft forced Bungie to accept 'Combat Evolved' name)


【関連記事】
『Halo: Reach』の発売日が決定、ベータには270万人が参加
Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる
ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに
泳ぎ続ける魚のように……あのBungieがMicrosoftから自社組織に独立宣言
初代Xboxのオンラインサービスが本日4月15日で終了に
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『Friday the 13th: The Game』発売日決定―殺人鬼、再び

    『Friday the 13th: The Game』発売日決定―殺人鬼、再び

  2. Valveシューター強化版『Alien Swarm: Reactive Drop』無料配信!

    Valveシューター強化版『Alien Swarm: Reactive Drop』無料配信!

  3. GOGとSteamで『セインツロウ 2』が今だけ無料配布!―シリーズ作品のセールも実施中

    GOGとSteamで『セインツロウ 2』が今だけ無料配布!―シリーズ作品のセールも実施中

  4. 実在の監獄島を舞台にしたサバイバル『SCUM』最新ゲーム映像

  5. 【特集】『Steamでプレイすべきシューティングゲーム』10選

  6. 『シャドウ・オブ・ウォー』キルを連鎖させる驚愕スキル!海外メディア映像

  7. 『STAR WARS バトルフロント II』カスタマイズ要素など新情報続々

  8. 『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』頼みの綱はフライパン?アップデートで驚きの効果!

  9. PC版『Terraria』最新アップデート「1.3.5」配信!―4K対応やズーム設定など追加

  10. 『Heroes of the Storm』20人のヒーロー無料解除!アップデート2.0後にログインで

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top