Kudo Tsunoda: 振動機能は触覚フィードバックの原始的な形式 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kudo Tsunoda: 振動機能は触覚フィードバックの原始的な形式

家庭用ゲーム Xbox360

Microsoft Game StudiosのゼネラルマネージャーKudo Tsunoda氏は海外ゲーム誌Edge Magazineのインタビューにて、振動機能は触覚フィードバックの原始的な形式であると述べ、もはや必要不可欠の要素ではないと伝えました。

Kudo Tsunoda氏の話によれば、コントローラーを必要としないKinectの開発に取り掛かった当初は触覚フィードバックの不足に懸念を抱いたそうですが、人々がビジュアルとオーディオで何ができるかというのは非常に興味深い事だったと述べ、次のように話しています。
「私達がプレイするゲームの多くで人々は車を衝突させますが、その時彼らはこのようにします(身をかわす動作)。コントローラーでゲームをしている時でさえそうです。彼らは自然な動作と反応で動きたいのです」
PlayStation 3が発売された当時、Sony Computer Entertainment Worldwide StudiosのPhil Harrison氏はSIXAXISコントローラに振動機能が無い事について“振動機能は前世代の機能であり、それは次世代の特徴ではない”と伝えていましたが、ユーザーからの強い要望もあり最終的には振動機能を搭載したDUALSHOCK 3が登場しました。

Microsoftの新モーションデバイスKinectでも振動機能を願う声が挙がるかもしれませんが、Kudo Tsunoda氏は“触覚フィードバックの究極の理想として振動機能に執着し続けるのは滑稽”と伝えているため、そういった類のアクセサリーが登場する可能性は低そうです。

果たして自分自身の体がコントローラーとなるKinectは振動機能の有無をものともしないゲーム体験を与えてくれるのでしょうか。なお北米では7月15日から大型百貨店メイシーズの13店舗にKinectのデモ機が展示されるとの事です。
(ソース: 1UP[1]), 1UP[2])


【関連記事】
Microsoft: Kinectはプレイヤーが座った状態でも認識
センサーの範囲は1.2〜3.5メートル?小売店にKinectの技術スペックが掲載
Microsoft: Kinectを最初に買うのはコアゲーマー層になる
噂: Kinectの公式価格は120ドルになる?小売店から新情報
モーション操作や音声認識でKinect Dashboardにアクセスする動画
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

    『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

  2. 『レインボーシックス シージ』XB1版に「アルファパック」実装!PS4版も近日

    『レインボーシックス シージ』XB1版に「アルファパック」実装!PS4版も近日

  3. 『Crackdown 3』テリー・クルーズ演じる「Jaxon」の姿が明らかに!

    『Crackdown 3』テリー・クルーズ演じる「Jaxon」の姿が明らかに!

  4. 「PS Now」PS4タイトルの配信がスタート、実際のプレイ感は?

  5. 隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

  6. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  7. 『Destiny 2』オープンベータテスト期間が延長、日本時間7月26日まで実施

  8. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード「ゴーストウォー」今夏よりテスト開始、秋にも正式始動

  9. 「PS Store X ドコモ ケータイ払い」キャンペーンで1,000ポイントゲット!? 『ドラクエXI』『Destiny 2』など夏の期待作に備えよう

  10. 戦国死にゲー『仁王』DLC第2弾「義の後継者」の詳細&最新スクリーンショット公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top