SDCCで『Street Fighter X Tekken』と『Tekken X Street Fighter』が正式発表! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SDCCで『Street Fighter X Tekken』と『Tekken X Street Fighter』が正式発表!

本日カプコンとバンダイナムコは、Comic-Conのパネルにおいて、PS3とXbox 360用の新作対戦格闘ゲームとなるStreet Fighter X TekkenとTekken X Street Fighterを同時に正式発表しました。

家庭用ゲーム Xbox360


本日カプコンとバンダイナムコは、サンディエゴComic-Conのパネルにおいて、PS3とXbox 360用の新作対戦格闘ゲームとなるStreet Fighter X TekkenTekken X Street Fighterを同時に発表しました。

カプコンが開発するStreet Fighter X Tekkenは、ストリートファイターIVのゲームエンジンをそのまま使用した3Dビジュアルと2Dスタイルのゲームプレイで、公開されたゲーム画面では三島一八やニーナ・ウィリアムズといった鉄拳シリーズのキャラクターがリュウやチュン・リーと激突。2対2のタッグチーム戦を採用し、ノックアウトアシスト攻撃、連携必殺技などの要素が用意されるそうです。

一方のナムコが開発するTekken X Street Fighterは、詳細やゲーム画面が公開されなかったものの、鉄拳の3Dスタイルのゲームプレイに、ストリートファイターのキャラクターを迎え入れた内容となる模様です。



発表はカプコン小野義徳氏のパネル実施中に、鉄拳シリーズのプロデューサーである原田勝弘氏が乱入するというサプライズ形式で行われ、来場者にはトレイラーやプレイアブルのデモが披露されました。









※高解像度版やその他のスクリーンショットはこちら

いずれのタイトルも現段階で発売時期は未定。小野氏によると発売までにしばらくを要するとのことです。(ソース&イメージ: Capcom Unity, Destructoid)

UPDATE: 会場で撮影されたゲームプレイ動画を追加。



【関連記事】
『Capcom Namco Super Iron Fist Championship』のポスターが流出!?人気キャラクター勢揃い
噂: 『Capcom vs. Namco』と『Namco vs. Capcom』、2つの新作格闘ゲームが開発中
『鉄拳7』の開発がスタート、ディレクター原田氏が明らかに
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

    『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

  2. 『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

    『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

  3. 『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

    『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

  4. 『Marvel's Avengers』ステージレポ―実機プレイによるヒーローたちのド派手な活躍に大興奮!【TGS2019】

  5. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  6. 『FF7 リメイク』TGS2019ステージのアーカイブ映像公開!イフリートを召喚するアプス戦やクラシックモードの情報も

  7. 『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』9月17日発売!シリーズの原点をスイッチで楽しめる

  8. 『CoD:MW』メディアセッションレポー掲げられた5つの「ドグマ」とは【TGS2019】

  9. 『ボーダーランズ3』公式スキルシミュレーター国内公開!主人公4人のスキルが明らかに

  10. 熱狂、そして“つながり”『DEATH STRANDING』ボイスタレントセッションレポ!【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top