Blitz Games CTO: Kinectのラグは開発者の手によって無くすことができる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Blitz Games CTO: Kinectのラグは開発者の手によって無くすことができる

現在Kinect対応のフィットネスゲーム The Biggest Loser: Ultimate Workout を開発しているBlitz GamesのCTO(最高技術責任者)Andrew Oliver氏は、Gamasutraのインタビューにて “Kinectのラグは開発者の手によって無くすことができる” と話しました。

家庭用ゲーム Xbox360

現在Kinect対応のフィットネスゲームThe Biggest Loser: Ultimate Workoutを開発しているBlitz GamesのCTO(最高技術責任者)Andrew Oliver氏は、Gamasutraのインタビューにて“Kinectのラグは開発者の手によって無くすことができる”と話しました。

Oliver氏の話によれば、Kinectのカメラから入力された情報はソフトウェアによって処理されるとの事ですが、その際クリエイターがどのような処理を行うかによってラグの大きさも変化するそうです。よってそれらの処理を改善すればラグを無くす事ができると伝えています。

Blitz Gamesが手がけるThe Biggest Loserは他のフィットネスゲームと違い計算に少し時間がかかるスケルタルシステムを使用しておらず、ラグは2フレームと殆ど気づかないレベルにまで小さくする事ができるのだそうです。

Oliver氏は今の状況を新しいコンソールゲーム機の発展に例え「初期の幾つかのゲームは2世代目、3世代目のゲームと比較すると何も無いように見える」と話しています。

今後は開発者達によって様々なテクニックが生み出され、Kinectはより進化していくのではないでしょうか。
(ソース: Gamasutra via VG247)


【関連記事】
Ubisoft開発担当者: Kinectの本体CPU使用率は1%以下
『Fight Night Champion』はPlayStation MoveおよびKinectに非対応
香港のイベントで人気セクシーモデルがKinectに挑戦する動画
米国でKinectの体験ツアーがスタート、大量のプレイ動画が公開
Kinectにも対応した新たなダッシュボードのスクリーンショットがリーク
Microsoft: Kinectはプレイヤーが座った状態でも認識
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. SIEが「PlayStation Network」の復旧を発表【UPDATE】

    SIEが「PlayStation Network」の復旧を発表【UPDATE】

  2. PS5ローンチタイトル『Destruction AllStars』2021年2月に発売延期―PS Plus加入者向けに2ヶ月間無料でリリース

    PS5ローンチタイトル『Destruction AllStars』2021年2月に発売延期―PS Plus加入者向けに2ヶ月間無料でリリース

  3. 『PUBG』所有者は次世代機で無料プレイ可能―本体発売日からクロスジェネレーションにも対応し最大60fpsで動作【UPDATE】

    『PUBG』所有者は次世代機で無料プレイ可能―本体発売日からクロスジェネレーションにも対応し最大60fpsで動作【UPDATE】

  4. 2分が14秒に?『The Last of Us Remastered』最新アップデートでロード時間が劇的に改善

  5. 「PS5」コントローラー海外開封映像!Androidデバイスへの接続も【UPDATE】

  6. ニンテンドースイッチ版『Apex Legends』のリリース延期が発表

  7. PS5最新予約状況ひとまとめ…ヨドバシ結果発表中、予約可能な店舗は徐々に減少中【随時更新】

  8. ラグナロクが間もなく訪れる!PS5向け『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズ最新作2021年リリース【UPDATE】

  9. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  10. コンシューマ版『サイバーパンク2077』の対応言語は日本語と英語のみ―日本語は海外版には収録されず

アクセスランキングをもっと見る

page top