Blitz Games CTO: Kinectのラグは開発者の手によって無くすことができる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Blitz Games CTO: Kinectのラグは開発者の手によって無くすことができる

現在Kinect対応のフィットネスゲーム The Biggest Loser: Ultimate Workout を開発しているBlitz GamesのCTO(最高技術責任者)Andrew Oliver氏は、Gamasutraのインタビューにて “Kinectのラグは開発者の手によって無くすことができる” と話しました。

家庭用ゲーム Xbox360

現在Kinect対応のフィットネスゲームThe Biggest Loser: Ultimate Workoutを開発しているBlitz GamesのCTO(最高技術責任者)Andrew Oliver氏は、Gamasutraのインタビューにて“Kinectのラグは開発者の手によって無くすことができる”と話しました。

Oliver氏の話によれば、Kinectのカメラから入力された情報はソフトウェアによって処理されるとの事ですが、その際クリエイターがどのような処理を行うかによってラグの大きさも変化するそうです。よってそれらの処理を改善すればラグを無くす事ができると伝えています。

Blitz Gamesが手がけるThe Biggest Loserは他のフィットネスゲームと違い計算に少し時間がかかるスケルタルシステムを使用しておらず、ラグは2フレームと殆ど気づかないレベルにまで小さくする事ができるのだそうです。

Oliver氏は今の状況を新しいコンソールゲーム機の発展に例え「初期の幾つかのゲームは2世代目、3世代目のゲームと比較すると何も無いように見える」と話しています。

今後は開発者達によって様々なテクニックが生み出され、Kinectはより進化していくのではないでしょうか。
(ソース: Gamasutra via VG247)


【関連記事】
Ubisoft開発担当者: Kinectの本体CPU使用率は1%以下
『Fight Night Champion』はPlayStation MoveおよびKinectに非対応
香港のイベントで人気セクシーモデルがKinectに挑戦する動画
米国でKinectの体験ツアーがスタート、大量のプレイ動画が公開
Kinectにも対応した新たなダッシュボードのスクリーンショットがリーク
Microsoft: Kinectはプレイヤーが座った状態でも認識
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS5が史上最高のローンチを記録―年末までにさらなる供給を約束

    PS5が史上最高のローンチを記録―年末までにさらなる供給を約束

  2. 『マインクラフト』永久BAN導入へ!他人に危害を加えることを目的とした重度の違反行為を対象

    『マインクラフト』永久BAN導入へ!他人に危害を加えることを目的とした重度の違反行為を対象

  3. Amazon限定「ニンテンドースイッチ ホリデーギフトセット」各種登場!人気ゲームとスイッチ本体がセットで12月20日に届く

    Amazon限定「ニンテンドースイッチ ホリデーギフトセット」各種登場!人気ゲームとスイッチ本体がセットで12月20日に届く

  4. ヤマダ電機PS5当選者発表!販売期間は12月1日から12月13日まで

  5. スマッシュヒットの和風稲作ARPG『天穂のサクナヒメ』世界累計出荷50万本突破!

  6. 12月10日の発売迫る『サイバーパンク2077』新たにPS4 ProとPS5でのプレイ映像を公開!

  7. Wii U『スーパーマリオメーカー』コース投稿機能が来年3月末で終了に―デジタル版も1月13日で販売終了

  8. まだ間に合う、ニンテンドースイッチ本体+『マリオ3Dコレクション』正規新品がAmazonで!【11/25】

  9. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  10. 『サイバーパンク2077』QAリードがプレイ時間の一例を紹介―175時間を超えて未クリア

アクセスランキングをもっと見る

page top