カプコンPR担当者: 『バイオ5』の人種差別問題受け、再発防止を目指す | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコンPR担当者: 『バイオ5』の人種差別問題受け、再発防止を目指す

ニュース 最新ニュース

バイオハザード5の発売前は、白人の主人公が黒人のゾンビを倒すという描写があったことから、ゲーム中の人種差別表現の是非大きな論争を呼びましたが、カプコンの海外担当者はこうした過去を振り返り、今後の作品では細心の配慮をしていくと話しています。

同社シニアPRマネージャーのMelody Pfeiffer氏がGamasutraに伝えたところによると、バイオハザード5の一件以来、デザインチーム以外の人間が異なる視点でゲームを見ることの重要性に気付き、米国のPR部門がゲーム制作過程の早期からチェックを行うことで、同様の問題が起こるのを防いでいきたい考え。

また同氏は、カプコンのプロデューサーとも密接にやりとりしていると話し、日本の開発チームがPR部門の意見やアイデアを取り入れながら海外向けのコンテンツを制作していると説明しています。(ソース: Kotaku, Escapist)


【関連記事】
賛否両論…『バイオハザード5』人種差別問題、米大手メディアでも議論の的に
「バイオハザード5は人種差別的ではない。」専門家が人類学の観点で分析
議論再び…『バイオハザード5』と歴史的背景の問題をニューズウィークの記者が追求
人種差別?アフリカ人女性が『バイオハザード5』をブログで非難 → 炎上
社会心理学者「テレビゲームの主人公が白人男性ばかりなのは問題」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 海外レビューハイスコア『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』

    海外レビューハイスコア『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』

  2. 米国6月ソフトセールスは格ゲー席巻!『鉄拳7』『Injustice 2』『ARMS』上位に

    米国6月ソフトセールスは格ゲー席巻!『鉄拳7』『Injustice 2』『ARMS』上位に

  3. Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

    Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

  4. RAZER、ワイヤレスゲーミングマウス「Lancehead」を7月28日に国内発売

  5. 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

  6. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  7. 『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

  8. Steam版『River City Ransom: Underground』突如配信停止に―ある人物の関与が報告

  9. 誰も死ななくていいRPG『UNDERTALE』日本語版がPS4/Vita/PC向けに発売決定!

  10. PlayStation NowにPS4タイトルが30本追加!『ウルIV』『GRAVITY DAZE』『ディスガイア5』など

アクセスランキングをもっと見る

page top