カプコンPR担当者: 『バイオ5』の人種差別問題受け、再発防止を目指す | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコンPR担当者: 『バイオ5』の人種差別問題受け、再発防止を目指す

ニュース 最新ニュース

バイオハザード5の発売前は、白人の主人公が黒人のゾンビを倒すという描写があったことから、ゲーム中の人種差別表現の是非大きな論争を呼びましたが、カプコンの海外担当者はこうした過去を振り返り、今後の作品では細心の配慮をしていくと話しています。

同社シニアPRマネージャーのMelody Pfeiffer氏がGamasutraに伝えたところによると、バイオハザード5の一件以来、デザインチーム以外の人間が異なる視点でゲームを見ることの重要性に気付き、米国のPR部門がゲーム制作過程の早期からチェックを行うことで、同様の問題が起こるのを防いでいきたい考え。

また同氏は、カプコンのプロデューサーとも密接にやりとりしていると話し、日本の開発チームがPR部門の意見やアイデアを取り入れながら海外向けのコンテンツを制作していると説明しています。(ソース: Kotaku, Escapist)


【関連記事】
賛否両論…『バイオハザード5』人種差別問題、米大手メディアでも議論の的に
「バイオハザード5は人種差別的ではない。」専門家が人類学の観点で分析
議論再び…『バイオハザード5』と歴史的背景の問題をニューズウィークの記者が追求
人種差別?アフリカ人女性が『バイオハザード5』をブログで非難 → 炎上
社会心理学者「テレビゲームの主人公が白人男性ばかりなのは問題」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

    PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  3. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

    『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

  4. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  5. Quantic Dream元従業員が劣悪な職場環境を非難―同社CEOは強く否定

  6. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  7. 『MotorStorm』『Driveclub』元開発者が新作SFゲーム制作中―Unreal Engine 4採用

  8. PC版『Watch Dogs 2』Steamにて予約開始―豪華版の詳細や高画質スクショも!

  9. 三国志を描く『Total War: Three Kingdoms』が発表!―『Total War』シリーズ最新作

  10. 『GRAVITY DAZE 2』オンラインサービスが6ヶ月延長決定―2018年7月まで

アクセスランキングをもっと見る

page top