カプコンの稲船氏、『ロストプラネット2』失敗の理由についてコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコンの稲船氏、『ロストプラネット2』失敗の理由についてコメント

カプコンの稲船敬二氏がOXMのインタビューに応え、 ロストプラネット2 について言及しています売り上げ的には振るわなかったと指摘がある本作、稲船氏は“失敗した理由”について「初期の段階でコンセプトを明確にできなかったこと」とし、前作の“極寒の地という環境を

PC Windows
カプコンの稲船敬二氏がOXMのインタビューに応え、ロストプラネット2(Lost Planet 2)について言及しています。様々な新要素を導入しつつも売り上げ的には振るわなかったと言われる本作、稲船氏は“失敗した理由”について「初期の段階でコンセプトを明確にできなかったこと」としています。

氏は「発売した今だから分かること」と前置きの上で、「ロストプラネット2のコンセプトを“極寒の地という環境下でのシューティングゲーム”と定めるべきだった」「(ロストプラネット1の環境は)ジャンルにおいて極めて珍しかったので、環境のセッティングを多様化させるよりはむしろ、その環境下でもっとたくさんのことができたのではないかと感じています」と話しています。

前作ではプロデューサーを務めた稲船氏ですが、ロストプラネット2では前作の成功を受け、途中から開発チームに任せる形となっていました。このインタビューを受けOXMは「稲船氏の次のプロジェクトはデッドライジング2。それはコアなコンセプトから離れる兆候はない―それならこれはヒット間違い無しだろう」とコメントしています。(ソース: OXM: Inafune: Lost Planet 2 failed because it left the ice world)


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 『真・三國無双8 Empires』の発売時期が「Early 2021」から延期―続報については準備中

    『真・三國無双8 Empires』の発売時期が「Early 2021」から延期―続報については準備中

  2. 『Dead by Daylight』新チャプター「All-Kill」PTBがSteamで開始―K-POPスターが殺人鬼となって登場

    『Dead by Daylight』新チャプター「All-Kill」PTBがSteamで開始―K-POPスターが殺人鬼となって登場

  3. 新作ハリポタゲーム『ホグワーツ・レガシー』ではトランスジェンダーのキャラも作成可能に

    新作ハリポタゲーム『ホグワーツ・レガシー』ではトランスジェンダーのキャラも作成可能に

  4. 売上500万本突破!北欧神話サバイバル『Valheim』1週間で更に100万人がヴァイキングに

  5. Deerは鹿に、Greydwarfは灰色ドワーフに!『Valheim』サーバー改善やローカライズ更新を含む最新アップデート配信

  6. 【吉田輝和の絵日記】モンスターにとっては地獄?『Valheim』で作る楽しいテーマパーク

  7. クトゥルフADV『The Sinking City』Steam版ストアページが開発元のDMCA侵害の申請によって削除

  8. 【読者参加型Valheim生活】「監禁したボスが脱走し殺処分」「秘密の部屋で名作ゲームのタイトルを書く」「ダンジョンが勝手に作られる」の3本立て

  9. 『原神』Ver.1.4の新情報公開!濃縮樹脂の所持数調整や、未育成での世界ランク上昇に対処法を用意―後日予告番組も実施

  10. ついに我らが地球の登場!宇宙シム『X4: Foundations』新DLC「Cradle of Humanity」の予告トレイラーが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top