EDF!は遠かった? ボックスアートで見る、海外版『地球防衛軍』シリーズ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EDF!は遠かった? ボックスアートで見る、海外版『地球防衛軍』シリーズ

家庭用ゲーム Xbox360

海外から最新作と思われるEarth Defense Force: Insect Armageddonの情報が出てきたことで、国内外のファンから地球防衛軍シリーズが再び注目を集めています。

海外でも熱心なファンを抱える本シリーズは、日本同様にPS2で2本、Xbox 360で1本発売されていますが、EDFの道のりは決して平坦なものではありませんでした。ここでは、日本版と海外版のボックスアートを見ながらEDFの歴史を簡単に振り返ってみたいと思います。






SIMPLE2000シリーズとして発売された『THE 地球防衛軍』は、PAL地域ではagetecより2004年に発売(北米では未発売)。今でこそ海外名として認知されている“Earth Defense Force”はいっさい見当たらず、“Monster Attack”という「地球を防衛する」ことよりも「モンスターが攻撃する」ことに主眼が置かれた名前となってしまいました。






続編の『THE 地球防衛軍2』もPAL地域でのみ発売。今度はEssential Gamesがパブリッシャーを担当、パッケージ絵はかなり共通するものがありますが、タイトルは“Global Defence Force”となり、EDFには後一歩及ばず。ちなみに『THE 地球防衛軍タクティクス』もGlobal Defence Force Tacticsです。






Xbox 360で発売された三作目は北米と欧州で、ついにD3パブリッシャーから発売。“Earth Defense Force 2017”で念願のEDF!を獲得しただけでなく、タイトル隅に日本語名も記載するという万全の体制(画像はPAL版)。絵がリアル系になるのはお決まりの流れでしょうか。

パブリッシャーの意向によりMA、GDF、2017と歩んできた地球防衛軍。最新作と噂されるInsect Armageddonが果たしてどんなゲームになるのか? そしてどんなボックスアートになるのか? 楽しみに待ってみましょう。(ソース: Wikipedia)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 1人称SFアクション『PREY』インプレ―創意工夫で生き残る感覚は、まるで“サンドボックス”

    1人称SFアクション『PREY』インプレ―創意工夫で生き残る感覚は、まるで“サンドボックス”

  2. PS4/PC『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』配信開始!―不可解な死を遂げた一族の追憶を体験

    PS4/PC『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』配信開始!―不可解な死を遂げた一族の追憶を体験

  3. 『Gears of War 4』約10分間のゲームプレイ映像!―回転ノコギリを射出する武器がイカス…

    『Gears of War 4』約10分間のゲームプレイ映像!―回転ノコギリを射出する武器がイカス…

  4. 4vs1マルチホラー『Dead by Daylight』の海外PS4/XB1版発売日決定!

  5. PS4『How to Survive:ゾンビアイランド2』が4月25日に発売、最大16人のマルチプレイも

  6. 戦慄ホラー『Outlast 2』ローンチトレイラー―新たな恐怖に備えよ!

  7. 「マイニンテンドーストア」のカスタマイズスイッチ本体、次は4月28日以降に注文受付が再開

  8. 『STAR WARS バトルフロント II』のフルトレイラーが遂に公開!―PS4/XB1/PCで11月発売【UPDATE】

  9. お台場「肉フェス」でプロゲーマーと対戦できる『FIFA 17』エキシビジョンマッチが開催

  10. 『FF15』無料アプデが4月27日より配信―PS4 Pro専用の「安定モード」が追加予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top