EA、人間の体内で細胞レベルの戦いを描く新作シューター『MicroBot』を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EA、人間の体内で細胞レベルの戦いを描く新作シューター『MicroBot』を発表

家庭用ゲーム Xbox360



本日Electronic Artsは、Xbox LIVE アーケードとPlayStation Network向けの新作アーケード型シューターMicroBotを正式発表しました。

本作は「人間の体内」をステージにしたユニークなゲームプレイ体験を持つシューティングゲーム。プレイヤーは、体内で病原菌と合体して増殖し始めた医療用ナノテクノロジーマシンを排除するため、超小型プロトタイプマシンMicroBotに乗り込むことになります。

舞台となるのは静脈、骨、肺、脳といった人間の各器官で、人体特有のリズムや体液の流れがダイナミックなステージ環境を形成、プレイヤーの動きやゲームプレイに影響を与えます。これらのステージ環境は、本当の人間の体のようにプレイするたびに変化するとのこと。

プレイヤーはデータフラグメントを集めることで20種類のアップグレードをアンロックすることが出来、自機であるMicroBotを好みにカスタマイズすることが可能。また革新的な要素を持つ途中参加可能なCo-opプレイも搭載するそうです。















RoboBlitzやStar Trek DACを手がけたNaked Sky EntertainmentがEAと共同で開発に当たるMicroBotは、2011年冬のリリースが予定されています。

【関連記事】
避妊具を付けた海兵隊が膣内で戦う新作シューター『Privates』発表
EA、Sporeの要素も持つ新作アクションRPG『Darkspore』を発表
Atari、水中探索型癒し系アクション『The Undergarden』を発表
中世を舞台にしたアクションゲーム『The First Templar』のトレイラーが初公開
舞台は海底から空へ…Irrational Gamesが『BioShock Infinite』を正式発表!
香港が舞台のポリスアクション『True Crime: Hong Kong』の発売が2011年に延期
EA、中世が舞台のザ・シムズ最新作『The Sims Medieval』を正式発表
《Rio Tani》
page top