Kinectの初期プロトタイプの開発コストは3万ドル−Don Mattrick氏 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kinectの初期プロトタイプの開発コストは3万ドル−Don Mattrick氏

家庭用ゲーム Xbox360

宣伝キャンペーンに約5億ドルの費用が投じられるというMicrosoftのKinectですが、開発面においても莫大な予算や労力が注ぎ込まれているようです。

Microsoftインタラクティブエンターテイメントビジネス部門の社長Don Mattrick氏がNew York Timesに伝えたところによると、Kinectは最初のプロトタイプを開発するのに3万ドルのコストが掛かったそうですが、1000名の従業員がプロジェクトに参加し、最終的に150ドルで販売して利益を生み出せるところまでコストダウンが実現できたとのこと。

具体的な数字ははっきりしていないものの、Mattrick氏はKinectの開発に何億ドルもの予算を投入したことを明らかにしています。

Kinectは北米で2010年11月4日に、国内で11月20日にローンチ予定です。(ソース: New York Times via CVG: MS spent $100s of millions developing Kinect)


【関連記事】
Kinectの北米用公式TVCM映像が公開!『ソニック』のトレイラーも
MicrosoftがKinectのローンチタイトルを発表、マーケティングに5億ドルを投入
英国小売店GAMEでKinectが完売、Amazon.ukでは予約がストップ
Kudo Tsunoda氏: PCでFPSをプレイする人はもうほとんどいない
Kinectの国内ローンチが11月20日に決定!価格は14,800円
Kinect専用タイトル『Kinect Sports』と『JoyRide』の最新トレイラーが公開
米国でKinectの体験ツアーがスタート、大量のプレイ動画が公開
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

    日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

  2. PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

    PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

  3. 『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

    『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

  4. ニンテンドースイッチ版『テラリア』移植スタジオから直撮りファーストルック映像が公開!

  5. 『サイバーパンク2077』舞台となるナイトシティの一部詳細が公開ー地理的事情などが明らかに

  6. スイッチ『スマブラSP』アシストフィギュアにボンバーマンが登場!お馴染みの十字爆発で強力サポート

  7. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  8. 『ロケットリーグ』、『フォートナイト』方式のコンテンツシステム「ROCKET PASS」を導入へ

  9. 『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

  10. Xbox 360版『Modern Warfare 3』がXbox Oneの下位互換性機能に対応!

アクセスランキングをもっと見る

page top