Kinectの初期プロトタイプの開発コストは3万ドル−Don Mattrick氏 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kinectの初期プロトタイプの開発コストは3万ドル−Don Mattrick氏

家庭用ゲーム Xbox360

宣伝キャンペーンに約5億ドルの費用が投じられるというMicrosoftのKinectですが、開発面においても莫大な予算や労力が注ぎ込まれているようです。

Microsoftインタラクティブエンターテイメントビジネス部門の社長Don Mattrick氏がNew York Timesに伝えたところによると、Kinectは最初のプロトタイプを開発するのに3万ドルのコストが掛かったそうですが、1000名の従業員がプロジェクトに参加し、最終的に150ドルで販売して利益を生み出せるところまでコストダウンが実現できたとのこと。

具体的な数字ははっきりしていないものの、Mattrick氏はKinectの開発に何億ドルもの予算を投入したことを明らかにしています。

Kinectは北米で2010年11月4日に、国内で11月20日にローンチ予定です。(ソース: New York Times via CVG: MS spent $100s of millions developing Kinect)


【関連記事】
Kinectの北米用公式TVCM映像が公開!『ソニック』のトレイラーも
MicrosoftがKinectのローンチタイトルを発表、マーケティングに5億ドルを投入
英国小売店GAMEでKinectが完売、Amazon.ukでは予約がストップ
Kudo Tsunoda氏: PCでFPSをプレイする人はもうほとんどいない
Kinectの国内ローンチが11月20日に決定!価格は14,800円
Kinect専用タイトル『Kinect Sports』と『JoyRide』の最新トレイラーが公開
米国でKinectの体験ツアーがスタート、大量のプレイ動画が公開
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ

    【TGS2017】ハードコアSFACT『ザ サージ』PS4版は表現規制なし!『シャンティ』新作も展示のインターグローブースレポ

  2. 【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に

    【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に

  3. スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

    スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

  4. 【TGS2017】日本語吹替えも絶賛?『シャドウ・オブ・ウォー』ミニインタビュー

  5. 【9/19更新】『モンスターハンター:ワールド』新要素や発売日は?現時点の情報まとめ

  6. 期待作『レッド・デッド・リデンプション 2』の新情報が近日公開か!―Rockstarが気になる予告

  7. 【TGS2017】ゲームで第二次大戦の悲劇語り継ぐ―『CoD: WWII』メディアセッションレポ

  8. 【TGS2017】10分でも5時間でも楽しめるゲームに…『Destiny 2』開発者によるメディアセッションレポ

  9. 【TGS2017】美麗ドット絵だけじゃない、ユニークなアクションタワーディフェンス『Aegis Defenders』

  10. 【TGS2017】PS4/PCオンライン宇宙戦艦ゲーム『Fringe Wars』セッションレポ―戦艦同士の多人数バトルが熱い

アクセスランキングをもっと見る

page top