Kinectの初期プロトタイプの開発コストは3万ドル−Don Mattrick氏 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kinectの初期プロトタイプの開発コストは3万ドル−Don Mattrick氏

宣伝キャンペーンに約5億ドルの費用が投じられるというMicrosoftのKinectですが、Don Mattrick氏がNew York Timesに伝えたところによると、開発面においても莫大な予算や労力が注ぎ込まれているようです。

家庭用ゲーム Xbox360
宣伝キャンペーンに約5億ドルの費用が投じられるというMicrosoftのKinectですが、開発面においても莫大な予算や労力が注ぎ込まれているようです。

Microsoftインタラクティブエンターテイメントビジネス部門の社長Don Mattrick氏がNew York Timesに伝えたところによると、Kinectは最初のプロトタイプを開発するのに3万ドルのコストが掛かったそうですが、1000名の従業員がプロジェクトに参加し、最終的に150ドルで販売して利益を生み出せるところまでコストダウンが実現できたとのこと。

具体的な数字ははっきりしていないものの、Mattrick氏はKinectの開発に何億ドルもの予算を投入したことを明らかにしています。

Kinectは北米で2010年11月4日に、国内で11月20日にローンチ予定です。(ソース: New York Times via CVG: MS spent $100s of millions developing Kinect)


【関連記事】
Kinectの北米用公式TVCM映像が公開!『ソニック』のトレイラーも
MicrosoftがKinectのローンチタイトルを発表、マーケティングに5億ドルを投入
英国小売店GAMEでKinectが完売、Amazon.ukでは予約がストップ
Kudo Tsunoda氏: PCでFPSをプレイする人はもうほとんどいない
Kinectの国内ローンチが11月20日に決定!価格は14,800円
Kinect専用タイトル『Kinect Sports』と『JoyRide』の最新トレイラーが公開
米国でKinectの体験ツアーがスタート、大量のプレイ動画が公開
《Rio Tani》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』Ver.2.0の最新情報がついに公開へ!「モンハンスペシャルプログラム」4月27日23時より放送―アプデの必要空き容量は約0.9GBに

    『モンハンライズ』Ver.2.0の最新情報がついに公開へ!「モンハンスペシャルプログラム」4月27日23時より放送―アプデの必要空き容量は約0.9GBに

  2. ケモノオープンワールド『バイオミュータント』新トレイラー公開!美しき風景に酔いしれろ

    ケモノオープンワールド『バイオミュータント』新トレイラー公開!美しき風景に酔いしれろ

  3. キムタクが60fpsになって帰ってくる!『JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered』本日4月23日発売

    キムタクが60fpsになって帰ってくる!『JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered』本日4月23日発売

  4. 『テイルズ オブ アライズ』全プラットフォームで予約受付開始!フィギュア特典などを含む豪華限定版も登場

  5. 『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』発売日が7月15日に決定!『ぼくなつ』シリーズ開発監督が手掛けるひと夏の冒険物語

  6. コンソールでもゆる~くキャンプ『ゆるキャン△ Have a nice day!』PS4/スイッチ向けに2021年9月30日発売決定!予約特典に志摩リンスクーターチョロQも

  7. ハンティングRPG『モンハンストーリーズ2 破滅の翼』予約受付が開始!イーカプコン提供の3WAYポーチなど魅力的なグッズも

  8. 今どこで買える?販売方法は?「PS5」の販売情報まとめ【4月22日】―「ゲオアプリ」抽選受付の終了迫る! 「ノジマオンライン」は明日まで

  9. 今どこで買える?販売方法は?「PS5」の販売情報まとめ【4月23日】―「ノジマオンライン」の抽選受付は本日まで

  10. パーティ格ゲー『グーニャファイター』販売本数17万本達成!「目指せ“20万本”!スイッチ版“20%オフ”セール」実施

アクセスランキングをもっと見る

page top