SSXシリーズ新作の噂再び、EAが『SSX: Deadly Descent』などのドメイン取得 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SSXシリーズ新作の噂再び、EAが『SSX: Deadly Descent』などのドメイン取得

EA Sports BIGブランドで発売されていたスノーボードゲーム、 SSX シリーズ。最近になりEAが新たにSSX関連と思われるドメイン名“SSXDeadlyDescent.com”などを取得していたことが明らかになり、にわかに新作への期待が高まっています。

ニュース 最新ニュース

EA Sports BIGブランドで発売されていたスノーボードゲーム、SSXシリーズ。最近になりEAが新たにSSX関連と思われるドメイン名を取得していたことが明らかになり、にわかに新作への期待が高まっています。登録が判明したのが、“SSXDeadlyDescent.com”など5つのドメインで、これでタイトルがSSX: Deadly Descentなどの名前になるのでは、との噂。以下がとあるTwitterのつぶやきから判明したドメインです。
*DeadlyDescent.com
*DeadlyDescents.com
*SSXDeadlyDescent.com
*SSXDeadlyDescents.com
*SSXFirstDescent.com

SSXはド派手なトリックとスピード感のある滑降が魅力のゲーム。Deadly Descent(死の滑降)はかなりそれっぽい感じもしますが、果たしてどうなるでしょうか。

今年の頭にも同様の噂があり、そのときは開発にBurnoutシリーズでおなじみCriterionを迎える、という情報もありました。今回情報元では、今年中に発表されるなら、来月のVGA(Video Game Awards)もありうる、としています。ちなみに昨年のVGAでは、Batman: Arkham Asylum 2、True Crime、Spec Ops: The Lineといったビッグタイトルが発表されています。(ソース: scrawl: EA registers SSX: Deadly Descent domains)


【関連記事】




《Kako》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

    基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

  2. ゲーミングマウスは大軽量化時代へ!わずか49gの「Razer Viper Mini Signature Edition(約36,000円)」登場、29gの新作を予告するメーカーも

    ゲーミングマウスは大軽量化時代へ!わずか49gの「Razer Viper Mini Signature Edition(約36,000円)」登場、29gの新作を予告するメーカーも

  3. まだ間に合う!『逆転裁判』『ドラゴンズドグマ』『大神』等がお得なカプコンセール開催中、最大76%OFF

    まだ間に合う!『逆転裁判』『ドラゴンズドグマ』『大神』等がお得なカプコンセール開催中、最大76%OFF

  4. 『CCFF7R』や『ドラクエX』オフライン版発売も前年同期比で減収―スクエニHD、2023年3月期第3四半期連結決算発表

  5. イーロン・マスクがTwitterAPI有料化に言及―100ドルの月額料金とID認証で物事を整理できる

  6. 『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』などがお買い得!最大70%OFFのアトラスセール、2月15日まで

  7. 『 イース・メモワール -フェルガナの誓い- 』プロローグムービーが公開!PSP“屈指の名作”が、ニンテンドースイッチ向けにグレードアップ

  8. NetEaseが新たなゲームスタジオ「Spliced」設立―『GTA』『CoD』、Google、Amazon出身の人材が参加

  9. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  10. スクエニ魔法ACT『FORSPOKEN』が1位!Steam売上ランキングまとめ―『Dead Space』リメイクも上位に

アクセスランキングをもっと見る

page top