噂: Sledgehammerの新作『Call of Duty』にはスペースマリーンが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Sledgehammerの新作『Call of Duty』にはスペースマリーンが登場

元Visceral Gamesのプロデューサー率いるSledgehammer GamesがCall of Dutyの新作ゲームを開発していることが明らかになっていますが、未発表で謎の多い本作について新たな情報が伝えられています。

ニュース 最新ニュース
元Visceral Gamesのプロデューサー率いるSledgehammer GamesCall of Dutyの新作ゲームを開発していることが明らかになっていますが、未発表で謎の多い本作について新たな情報が伝えられています。

Gamasutraの記者が業界関係者から耳にした情報によると、Sledgehammer Gamesの新作Call of Dutyは、シリーズとしては初めて未来を舞台にしており、Space Marines(宇宙海兵隊)のようなキャラクターが登場するのだとか。

Sledgehammer Gamesの新作については、「アクションアドベンチャージャンルになる」「FPSになる」「実はModern Warfare 3」などと様々な説が噂されていました。また、今年5月にはActivisionが「Space Warfare」や「Future Warfare」といったCOD関連作の複数ドメインを取得していたのがみつかっています。(ソース: Gamasutra)


【関連記事】
アナリスト: Sledgehammerは『Modern Warfare 3』を開発している
Sledgehammerが手掛ける新作『Call of Duty』のディテールが一部判明
Sledgehammerの新作『Call of Duty』タイトルはFPSになる?
Activision: Sledgehammerの新作『Call of Duty』はファンを拡大する
『Secret Warfare』…?Activisionが『COD』関連作の複数ドメインを取得
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『原神』PC版アンチチートプログラムの仕様変更を発表―「あらゆるプレイヤーの個人情報や利益に損する行為をいたしません」と相次ぐ疑惑の声に回答【UPDATE】

    『原神』PC版アンチチートプログラムの仕様変更を発表―「あらゆるプレイヤーの個人情報や利益に損する行為をいたしません」と相次ぐ疑惑の声に回答【UPDATE】

  2. Epic対Apple裁判の判決は来年7月へ―Epicは「嘘」をついていると裁判官から厳しい指摘

    Epic対Apple裁判の判決は来年7月へ―Epicは「嘘」をついていると裁判官から厳しい指摘

  3. 「Google Play」ガイドライン改定を計画―アプリ内課金がGoogleの決済サービスを経由するよう徹底させる狙い

    「Google Play」ガイドライン改定を計画―アプリ内課金がGoogleの決済サービスを経由するよう徹底させる狙い

  4. 『トロピコ』シリーズなど手掛けるKalypso Mediaが2020年秋に日本法人を設立!自社パブリッシングを目的に日本市場にも注力

  5. 2DメカACT『ハードコア・メカ』とアニメ「天元突破グレンラガン」のコラボが決定!

  6. 『フォートナイト』のEpic Gamesほか、Spotifyらが「反Apple」アプリ配信ストア規制導入団体の設立へ

  7. 『ウィッチャー3 ワイルドハント』次世代機版の開発が発表! 有償のアップグレードプログラムも明らかに

  8. かわいいチビロボが孤独に世界を旅するパズルADV『Scrap Garden』Steamで期間限定無料配布中

  9. AppleがEpic Gamesの訴訟を『フォートナイト』の人気低迷による“炎上商法”だと主張―Epicはデータを挙げて反論

  10. 『地球防衛軍6』開発途中バージョンのプレイを披露!発売時期は2021年後半~年末に?【TGS2020】

アクセスランキングをもっと見る

page top