Microsoft: 2011年にはさらに多くのコアゲーマー向けKinectタイトルを発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Microsoft: 2011年にはさらに多くのコアゲーマー向けKinectタイトルを発表

TGSでは重鉄騎やCodename Dなど注目のKinect専用タイトルが発表されていますが、MicrosoftのUKマーケティング幹部のStephen McGill氏によると、2011年はこうしたコアゲーマー向け作品をさらに多く発表する計画を立てているそうです。

家庭用ゲーム Xbox360
今年の東京ゲームショウでは、重鉄騎やSuda51のCodename Dなど注目のKinect専用タイトルが一挙に発表されていますが、MicrosoftのUKマーケティング幹部のStephen McGill氏によると、2011年はこうしたコアゲーマー向け作品をさらに多く発表する計画を立てているそうです。

また同氏は、カジュアル中心と見られがちなKinectのローンチタイトルについても、とっつきやすい上に、Dance CentralやKinect Sportsといったゲームにはコアゲーマーも満足させるたくさんの奥深さがあると説明しています。(ソース: CVG)


【関連記事】
Tsunoda氏: 『Kinect: Star Wars』は2011年のクリスマスに発売
海外レビュー速報 『Kinect』+『Kinectローンチタイトル』
TGS 10: 『Child of Eden』新ステージ紹介ムービーと水口氏実演プレイ映像
TGS 10: Kinectでドラゴンに乗る!『Project Draco』直撮りトレイラー映像
TGS 10: セガ、Kinect専用タイトルの『Rise of Nightmares』を発表
TGS 10: パラッパの松浦氏が手がけるKinect専用ホラーゲーム『Haunt』が発表
TGS 10: Kinect専用の『鉄騎』新作、『重鉄騎』が発表!
TGS 10: Suda51がKinect対応の新作アクション『Codename D』を発表
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「PS5」の販売情報まとめ【10月3日】―「TSUTAYA」の抽選受付がもうじき終了、明日から始まる新たな受付先の予告も

    「PS5」の販売情報まとめ【10月3日】―「TSUTAYA」の抽選受付がもうじき終了、明日から始まる新たな受付先の予告も

  2. 『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

    『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

  3. スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

    スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

  4. 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加

  5. 『スカイリム AE』待望のスイッチ版登場か?台湾のレイティング機関のリストにて見つかる

  6. 西洋剣術スクールで実地体験!『ラスラー ~中世のならず者~』のアウトローバトルを体験する前に“正統派騎士道”を学んできた

  7. 長らく音沙汰がなかった『Beyond Good and Evil 2』にリブート版『セインツロウ』にも携わった新ライターが参加

  8. 『HOT WHEELS UNLEASHED』『SUPERHOT』『Rogue Explorer』が登場!「PS Plus」2022年10月のフリープレイ情報公開

  9. 再び国道依存症にならないか?PS5『デス・ストランディング ディレクターズカット』で進化した数々のポイント

  10. スイッチ版『CHAOS;HEAD NOAH / CHAOS;CHILD DOUBLE PACK』2月24日発売!初回製造分には、あの「セクシーパッチ」も付属

アクセスランキングをもっと見る

page top