米国ゲーム雑誌『Game Informer』が発行部数500万突破、全ての雑誌でも5位に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国ゲーム雑誌『Game Informer』が発行部数500万突破、全ての雑誌でも5位に

ニュース 最新ニュース


世界の主な出版社で組織されるAudit Bureau of Circulations(ABC)が最新の調査結果を発表。米国の月刊ゲーム雑誌、 Game Informer Magazine(GI)が発行部数を33%伸ばし、500万部を超える数字を記録していることが明らかになりました。これは、米国のあらゆる雑誌の中でも5番目に位置し、あの『TIME』や『Cosmopolitan』といった日本でも知られる雑誌を上回る部数。GIの成長とは対照的に、インターネット普及の影響などで、雑誌産業全体では1.2%の発行部数減少が報告されています。

Game Informerは1991年にFuncoLandによって創刊。2000年には、ゲーム小売の最大手であるGameStop Corp.によって買収されます。購読すると年間15ドルの割引が行われるなど、GameStopとの連携を通じて大部分の購読者は創出されているとのこと。既にデジタル版でも125,000を超える購読者を獲得しています。

こちらでは2010年前半の雑誌全体の発行部数ランキングを見ることが出来ますが、他のゲーム雑誌は100位以内にすら入っておらず、GIのひとり勝ちの様相。大作の独占アナウンスや特集が行われることも多く、業界全体の注目を集める雑誌となっています。(ソース: Gamasutra)


【関連記事】




《Kako》

ニュース アクセスランキング

  1. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

    米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  2. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

    米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  3. スーファミ風16-bitアクション『FOX n FORESTS』が今春登場! 様々な名作にインスパイア

    スーファミ風16-bitアクション『FOX n FORESTS』が今春登場! 様々な名作にインスパイア

  4. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

  5. 最もDDoS攻撃の標的になったのは「ゲーム業界」―攻撃総数自体は横ばいも79%占める

  6. Naughty Dog、未発表の次回作は三人称視点ではない可能性―『ラスアス』開発秘話も

  7. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  8. 「初代ハーフライフのラスボスは自分」…ゲイブの息子グレイ・ニューウェルの海外インタビュー映像

  9. 『レインボーシックス シージ』は10年にわたるサポートを計画―続編の予定はなし

  10. 不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

アクセスランキングをもっと見る

page top