米国ゲーム雑誌『Game Informer』が発行部数500万突破、全ての雑誌でも5位に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国ゲーム雑誌『Game Informer』が発行部数500万突破、全ての雑誌でも5位に

世界の主な出版社で組織されるAudit Bureau of Circulations(ABC)が最新の調査結果を発表。米国の月刊ゲーム雑誌、 Game Informer Magazine (GI)が発行部数を33%伸ばし、500万部を超える数字を記録、米国のあらゆる雑誌の中でも5番目に位置していることが明らかに

ニュース 最新ニュース

世界の主な出版社で組織されるAudit Bureau of Circulations(ABC)が最新の調査結果を発表。米国の月刊ゲーム雑誌、 Game Informer Magazine(GI)が発行部数を33%伸ばし、500万部を超える数字を記録していることが明らかになりました。これは、米国のあらゆる雑誌の中でも5番目に位置し、あの『TIME』や『Cosmopolitan』といった日本でも知られる雑誌を上回る部数。GIの成長とは対照的に、インターネット普及の影響などで、雑誌産業全体では1.2%の発行部数減少が報告されています。

Game Informerは1991年にFuncoLandによって創刊。2000年には、ゲーム小売の最大手であるGameStop Corp.によって買収されます。購読すると年間15ドルの割引が行われるなど、GameStopとの連携を通じて大部分の購読者は創出されているとのこと。既にデジタル版でも125,000を超える購読者を獲得しています。

こちらでは2010年前半の雑誌全体の発行部数ランキングを見ることが出来ますが、他のゲーム雑誌は100位以内にすら入っておらず、GIのひとり勝ちの様相。大作の独占アナウンスや特集が行われることも多く、業界全体の注目を集める雑誌となっています。(ソース: Gamasutra)


【関連記事】




《Kako》

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」の無料プレイローンチが延期―Epicが開発状況を報告

    『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」の無料プレイローンチが延期―Epicが開発状況を報告

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 3Dレーシングアクション『Ricky Runner: SUPERBOOT CUP』11月にSteam早期アクセス開始

    3Dレーシングアクション『Ricky Runner: SUPERBOOT CUP』11月にSteam早期アクセス開始

  4. 地獄ホラー無規制版『Agony UNRATED』正式発表! 多数の新要素も追加

  5. 恐竜テーマパークシム『Parkasaurus』アップデートにより日本語に対応!

  6. PC版『Warframe』新オープンワールド拡張「Fortuna」 国内でも11月に無料配信!PS4/XB1版は今冬に

  7. セガサターン仕様のハイレゾプレーヤー「CT10 セガサターン」発売決定!初期型カ/後期型カラー、各限定500台

  8. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  9. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』の必要ストレージ容量は100GB以上か―オンラインのプレイヤー数は最大32人に

アクセスランキングをもっと見る

page top