「レビュアーもレビューされるべき」ゲーム開発者が提言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「レビュアーもレビューされるべき」ゲーム開発者が提言

KinectimalsやLostWindsなどを手掛けたFrontier DevelopmentsのボスDavid Braben氏がレビュアー問題について指摘。評論家達は逆にレビューされるべきだと、ゲーム開発者向けの情報サイトDevelopにて語りました。

ニュース 最新ニュース
最近ではゲームを買う前に作品の評価を知る事が簡単に出来るようになりましたが、手を抜いたように見える不自然なレビューがゲーマー達の間で話題になってしまう事もあります。KinectimalsやLostWindsなどを手がけたFrontier DevelopmentsのボスDavid Braben氏は、ゲーム開発者向けの情報サイトDevelopにて、「レビュアーもレビューされるべきだ」とする考えを語りました。

Braben氏は多くのレビュアーの評価は素晴らしいものであり、またゲーム批評が大変な労力を必要とする行為である事を認めながらも、「いい加減で無責任な批評家達のユーザー情報が周知となれば、実績やトロフィーは彼等にとって呪いの言葉となる」と、不真面目な評論家が少なからず存在することを指摘。レビュアーを逆にレビューし、総合的な評価を算出するMetacriticの様なサイトがあれば、大多数の真面目な記者達を勇気づけることになるだろうと提言しています。(ソース: Develop: OPINION: Game reviewers can't win via Eurogamer)


【関連記事】
Game*Sparkリサーチ『ゲームレビューの問題点』結果発表
Metacriticによる「2009年のベストレビュー作品」発表。トップは『Uncharted 2』
David Jaffe「レビューの評価なんてどうでもいい」
2010*年末企画『メタスコアで見る2010年のゲーム』WORST20
2010*年末企画 『海外で最も評価された国産タイトル』TOP20
《tobiuo》

ニュース アクセスランキング

  1. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  2. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  3. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

    「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  4. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  5. TGS 2018『デススト』ステージイベント詳細が決定!津田健次郎さん、大塚明夫さんら声優陣も登場

  6. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  7. 「Momodora」開発元による横スクロールアクション『Minoria』発表―手描きとトゥーンレンダリングの融合作品

  8. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  9. 『VA-11 HALL-A』の続編『N1RV Ann-A』発表! 高評価サイバーパンクバーテンダーADV

  10. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top