Rocksteady: マルチプレイヤーの搭載は『Batman: Arkham City』を危険に晒しただろう | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Rocksteady: マルチプレイヤーの搭載は『Batman: Arkham City』を危険に晒しただろう

PC Windows


PC/Xbox 360/PS3で10月18日に北米発売予定となっているBatman: Arkham Cityはマルチプレイヤー非対応であることが既に明らかとなっていますが、開発を担当するRocksteady StudioのマーケティングディレクターDax Ginn氏がその理由について語りました。

Ginn氏によれば本作のマルチプレイヤーはクールな要素になり得るため搭載を考慮したものの、開発の観点から人員をシングルプレイヤーキャンペーンとマルチプレイヤーの2つに裂く事はそれそれを平凡なゲームに終わらせ、最終的な結果を危険に晒すと判断されたのだそうです。

またGinn氏はバットマンの素晴らしい経験を完全に届けられるのはシングルプレイヤーのみであり、それが開発の焦点であるとも伝えています。

ファンの中には本作でマルチプレイヤーを楽しみたいという方もいるかもしれませんが、Ginn氏が言うようにマルチプレイヤーを搭載する事で平凡な作品になってしまっては意味がありません。

本作では素晴らしい経験がたっぷりつまったシングルプレイヤーキャンペーンが楽しめる事を大いに期待しましょう。
(ソース&イメージ: VG247)


【関連記事】
『Batman: Arkham City』インゲーム映像で構成された最新トレイラーが到着!
ゲームではどう表現される?『Batman: Arkham City』のコンセプトアートが公開
『Batman: Arkham City』の海外発売日が決定! 最新ショットも公開
『Batman: Arkham City』海外プレビュー情報!最新ショットも公開
今秋発売予定の『Batman: Arkham City』前作からバットギアのリセットは無し
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 壮大宇宙MMO『EVE Online』Steam版リージョン規制解除、日本からのプレイが可能に

    壮大宇宙MMO『EVE Online』Steam版リージョン規制解除、日本からのプレイが可能に

  2. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

    『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

  3. 『DOOM』新アップデートでDLCが本体に統合へ―フリーウィークエンドも実施

    『DOOM』新アップデートでDLCが本体に統合へ―フリーウィークエンドも実施

  4. 恐怖が終わらない『サイコブレイク2』最新トレイラー!「全部お前のせいだ」

  5. サイバーパンクホラー『Observer』海外発売日決定!―「ブレードランナー」のルトガー・ハウアー出演も判明

  6. 『PUBG』Weekアップデート延期へ―内部クライアントクラッシュ問題で

  7. PC版『レインボーシックス シージ』新要素「アルファパック」が正式実装

  8. 『Warhammer 40,000: Inquisitor - Martyr』新トレイラー!―ユニークなシステムの紹介なども

  9. タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

  10. OS風操作の新感覚RPG『Kingsway』が配信開始!―デスクトップで展開する冒険

アクセスランキングをもっと見る

page top