Raven Software、求人広告から『Call of Duty』シリーズへの関与が判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Raven Software、求人広告から『Call of Duty』シリーズへの関与が判明

ニュース 最新ニュース

Raven Softwareが掲載している開発スタッフ求人広告にて、同社がCall of Dutyシリーズの開発に関与していた事が明らかとなりました。デザイナーを募集する求人広告には次のように書かれています。
「大ヒット作Call of Dutyシリーズへの貢献を含む数々の受賞作品に携わってきたRaven Softwareは、ファーストパーソンシューターの開発を確立したチームに加わる情熱的なデザイナーを求めています」
どの作品にどの様な役割で関わったのか、具体的な詳細は明かされていません。なおRaven Softwareは現在SledgehammerやInfinity Wardと共にCoDシリーズ最新作の開発にも携わっているとも言われていますが、果たしてこちらの噂の真相や如何に。今後の更なる続報に注目です。
(ソース: CVG)


【関連記事】
将来の『Call of Duty』シリーズには近未来戦も?Treyarchがコメント
Raven Softwareが『Call of Duty』関連プロジェクトを進行中?求人情報から噂が浮上
噂: Ravenが『Call of Duty: Black Ops』のマップパックを開発中
PC版『CoD: Black Ops』DLC“First Strike”は3月25日より配信開始
噂: 『Call of Duty: Modern Warfare 3』ではゴーストが主役に?
Sledgehammer: 『Call of Duty』最新作はメタスコア95点以上を目指す
Activision、『Call of Duty』関連の新スタジオBeachheadを設立
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど

    Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど

  2. 血闘しようぜ! 一撃必殺格闘ゲーム『斬!斬!斬!』PS4で配信決定

    血闘しようぜ! 一撃必殺格闘ゲーム『斬!斬!斬!』PS4で配信決定

  3. エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発

    エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発

  4. 「Blizzard Battle.net」年内に日本円での支払いに対応―カナダ・ニュージーランドの現地通貨にも

  5. RTS『サドン ストライク 4』特番が10月20日に生放送―ローカライズディレクターの西尾勇輝氏も出演!

  6. 『グランツーリスモSPORT』の山内一典氏、イタリアの大学で名誉学位を受贈

  7. 『DARK SOULS』アストラの上級騎士スタチューの工場製作版ビジュアルが公開!

  8. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  9. オープンワールドRPG『ELEX』最新ショット!『スカイリム』+『Fallout』?

  10. 『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

アクセスランキングをもっと見る

page top