海外レビューハイスコア 『Mortal Kombat』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Mortal Kombat』

4月19日に北米発売となった残虐格闘ゲーム最新作、 Mortal Kombat の海外レビューハイスコアです。ファンにとっては少々物足りなかった Mortal Kombat vs. DC Universe から約3年、シリーズ第9作目となる本作は果たしてどの様な評価を受けたのでしょうか。

家庭用ゲーム Xbox360

Game Informer: 9.5/10
本作は今のところ最高のMortal Kombatです。過去作品のMortal Kombat 2や3ほど私を興奮させなかったが、それと繋がるゲームプレイや寿命は2Dのシリーズより抜きん出ている。

1UP: 9.1/10
カジュアルゲーマーからかなりのハードコアゲーマーまで満足させるゲームプレイシステムと入り組んだシングルプレイヤーコンテンツ。Mortal Kombatは私が一生見る事がないと思っていた偉業を成し遂げました。

GameSpot: 8.5/10
ド派手で血まみれ、コンテンツがぎっしり詰まったMortal Kombatはフランチャイズのための原点回帰です。

■長所

 * 格闘ゲームを飾る最も深いストーリーモード
 
 * 改良されたコントロールシステムは本作をより手軽なものに
 
 * 膨大な量のアンロック
 
 * Challenge Towerのミニゲームとチャレンジは非常に面白い
 
 * ひどく残酷な技
 
■短所
 
 ・ シャオ・カーンは信じられないほどチープ
 
 ・時折ラグを感じるオンラインプレイ

IGN: 8/10
最も磨かれた格闘ゲームではないが、全く異なる趣があります。またそれはゲーマーの集まりにおいて盛り上がるでしょう。

演出: 6/10
グラフィック: 7.5/10
サウンド: 9/10
ゲームプレイ: 8/10
持続性: 8.5/10

Eurogamer: 7/10
焦点が合わない数年間の歪みの後、本作は明らかな発展を証明する進化を見せています。それは長い道のりを経たシリーズ最高の3Dゲームで、Mortal Kombatをそれ自身の種類とした2Dの伝統を取り入れています。
* * * * * * *

4月19日に北米発売となった残虐格闘ゲーム最新作、Mortal Kombatの海外レビューハイスコアです。ファンにとっては少々物足りなかったMortal Kombat vs. DC Universeから約3年。シリーズ第9作目となる本作ですが、メタスコアは85と歴代シリーズの中でもトップクラスのスコアとなっています。


レビュアーの評価によればストリートファイターIVから格闘ゲームの王座を奪う事はできないが、Mortal Kombatシリーズとしては過去最高という見方が強いようです。原点回帰として過去作品から多くの要素を進化させたボリュームのある内容は高い評価を受けています。

Mortal Kombat: Armageddonでは個別フェタリティの廃止、Mortal Kombat vs. DC Universeでは残虐度抑えめのTeenレーティングとファンにとっては消化不良だったここ数年。ようやく正統進化を遂げたMortal Kombatが戻ってきたのではないでしょうか。

またデベロッパーのNetherRealmは「人々がプレイしている限りDLCを配信し続ける」と伝えており、今後の更なる発展にも期待です。ちなみに現在はDLCキャラクター“スカーレット”と“ケンシ”の配信が決定済みとなっています。
(ソース:Metacritic)

(c) 2011 Warner Bros. Entertainment Inc.

【関連記事】
『Mortal Kombat』ではパッチなしでバランス調整できる新技術を採用
同日発売の『Portal 2』と『Mortal Kombat』、迷うあなたに『Portal Kombat』
『Mortal Kombat』のクレイトスFatalityシーンがリーク
『Mortal Kombat』実写ドラマシリーズ“Mortal Kombat: Legacy”の第一話が公開!
『Mortal Kombat』“クレイトス”ゲームプレイトレイラーが正式公開!
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 激似の嵐!『ソウルキャリバーVI』仰天カスタムキャラたち―ガスコイン神父からサノスまで

    激似の嵐!『ソウルキャリバーVI』仰天カスタムキャラたち―ガスコイン神父からサノスまで

  2. 異世界ソ連FPS『Atomic Heart』ポリマー水流に飲み込まれる女性を描いたティーザー映像公開

    異世界ソ連FPS『Atomic Heart』ポリマー水流に飲み込まれる女性を描いたティーザー映像公開

  3. 『Fallout 76』には「エンクレイヴ」勢力が登場―その他の組織も続々紹介

    『Fallout 76』には「エンクレイヴ」勢力が登場―その他の組織も続々紹介

  4. 『スターデューバレー コレクターズ・エディション』2019年1月31日より国内発売!PS4向けDL版も同日配信

  5. 『フォートナイト』公式Twitterが画像とともに奇妙な詩を投稿―ハロウィンテーマのイベントに関係か

  6. 『フォートナイト』浮島は謎のエネルギーを立ち昇らせ再びルートレイクへ

  7. 『ヒットマン2』シリーズ初の対戦モード「ゴースト・モード」登場―国内向けトレイラーも

  8. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 『フォートナイト』浮遊を始めた小島たちが雷光と共に浮島へ収束ー今度は何が起こるのか

  10. 『Fallout 76』国内でのB.E.T.A.実施要項が決定! オンラインストアとAmazon.co.jpでの予約購入者が対象

アクセスランキングをもっと見る

page top