ソニーの子会社Sony Online Entertainmentからも顧客情報流出の可能性 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニーの子会社Sony Online Entertainmentからも顧客情報流出の可能性

ニュース 最新ニュース

ソニーの子会社であるSony Online Entertainment(以下SOE)はハッカーの不正侵入によって同社サーバーから顧客情報が流出した可能性があると発表しました。不正侵入は2011年4月16日から4月17日にかけて行われ、以下の個人情報が違法に取得された可能性があるそうです(プレスリリースより抜粋)。
・お客様の氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、性別、生年月日、ログインID、ハッシュ化されたパスワード

・2007年当時のデータベースから、約12,700件の米国以外にお住まいのお客様のクレジットカード/デビットカード番号と有効期限(クレジットカードセキュリティコードは除く)

・約10,700件 のオーストリア、ドイツ、オランダ、スペイン在住顧客のダイレクトデビットカード情報
なおクレジットカード情報を含んだデータベースへの不正アクセスの可能性は完全に否定出来ないとしながらも、現時点ではその事を示す形跡は見つかっていないとの事。また更なる調査の継続に加えて以下の措置を講じると伝えています。
1)SOEのゲームサービスの一時的な停止

2)本件の調査を情報セキュリティ専門会社に依頼し、実態の把握に努めること

3)個人情報の保護強化を目的とし弊社のシステムセキュリティを更に高度化するため、システムの再構築によるネットワークインフラの補強
その他、Eメール、電話、郵便などを利用して個人情報を聞き出す手口に対する注意を促すと共に、SOEのサービス復旧の際にはユーザーIDやパスワードの変更をするよう推奨しています。
(ソース: プレスリリース)


【関連記事】
SCE平井一夫社長がPSN障害に関する記者会見にて今後の対応を発表
ソニーが5月1日に記者会見を実施へ−PSN個人情報流出
ハッカーのGeohotがPSN障害について発言、関与を否定
PSN障害に関する新たなFAQが掲載「サービスは復旧に近付いている」
米国のユーザーがSCEAを集団訴訟−PSN個人情報流出で
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. “ルートボックスはギャンブル”ベルギー調査結果が公表―「お金と中毒性が組み合わさったものはギャンブル」

    “ルートボックスはギャンブル”ベルギー調査結果が公表―「お金と中毒性が組み合わさったものはギャンブル」

  2. 噂: 「Steamアワード」が今年も開催か―バッジページが見つかる

    噂: 「Steamアワード」が今年も開催か―バッジページが見つかる

  3. 噂: Steamハロウィンセールが近日開催か―ブラックフライデーセールやウィンターセールの日程も浮上

    噂: Steamハロウィンセールが近日開催か―ブラックフライデーセールやウィンターセールの日程も浮上

  4. 『STAR WARS バトルフロント II』少額課金停止の影響でEA株価が2.5%下落―海外報道

  5. Q-Gamesが『PixelJunk Monsters Duo』を発表!―名作タワーディフェンスのモバイル向け新作

  6. PC版『Watch Dogs 2』Steamにて予約開始―豪華版の詳細や高画質スクショも!

  7. 最新作『Wolfenstein II』の国内発売が決定!―日本語吹替トレイラーも披露

  8. 『レインボーシックス シージ』「Year 3」が国内発表!新シーズンパスも発売決定

  9. GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

  10. シリーズ最新作『戦場のヴァルキュリア4』発売決定―トレーラーや限定版などの特典情報も

アクセスランキングをもっと見る

page top