秋葉原の洋ゲー専門店で注目ゲームを調査: その1『ゲームハリウッド』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

秋葉原の洋ゲー専門店で注目ゲームを調査: その1『ゲームハリウッド』

E3 2011が6月6日から米国で行われます。今年は任天堂の「Project Cafe」やソニーの「PS VITA」(いずれも名称は噂)など、新ハードの登場で盛り上がりそうですが、市場での盛り上がりや期待はどうなのか普段から海外ゲームを扱っているショップさんを巡りました。

ゲーム文化 その他
E3 2011(Electronic Entertainment Expo)が6月6日(月)から6月9日(木)に米国「ロサンゼルス コンベンションセンター」で行われます。今年は任天堂の「Project Cafe」やソニーの「PS VITA」(いずれも名称は噂段階)など、新ハードの登場で盛り上がりそうですが、市場での盛り上がりや期待はどうなのかと思い普段から海外ゲームを扱っているショップさんを巡りました。

その1回目として、輸入ゲーム専門店ゲームハリウッドのご担当者さんにお話を伺いました。

まずは来週のE3について。期待しているのはやはり「Project Cafe」や「PS VITA」といった新ハード。これに対するマイクロソフトの動きも気になっている様子。ソフトではGears of War 3やCall of Duty: Modern Warfare 3は「過去作からの期待値も高く、今回も盛り上がるタイトルになりそう」とのこと。

続いて海外ゲームについて聞きました。まず海外ゲームの認知度は「昔と比べると随分変わってきた」とのこと。日本でローカライズされるゲームが増えたのも要因のようです。お店で人気のタイトルは「FPSだから買う、というのは減ってきた」と変化があるそう。いまはコンセプトだけで売れることは減っていて、本当に良いゲームが売れる傾向になっているとのこと。売れ筋としては「女性が主人公で残虐性のあるもの」を挙げてくれました。その意味ではAlice: Madness Returnsは売れる可能性が高いとの予測でした。

どのようなゲームを仕入れるかは腕の見せ所ですが、入荷本数は予約数以外では、前作の売上やデベロッパー、そしてもちろんタイトルを見ての判断となるそうです。残念ながら参考にするのはIGNやGameSpotといった海外サイトで、国内のメディアは使わないとのこと(努力します!)。

個人的に面白かったゲームを聞くとPortal 2という答え。またL.A. Noire、DiRT 3、Mortal Kombat、Rango: The Video Gameなどもオススメだとか。今後期待するタイトルを聞いたところ、Duke Nukem ForeverやAlice: Madness Returnsという答えでした。

今回取材にご協力いただいたゲームハリウッドさんは秋葉原に店舗がありますが、公式サイトでは通販も行っていますので、ぜひチェックしてみてください。
《インサイド》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

    『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

  2. 『Fallout: New Vegas』およそ1万3,000点のテクスチャを高解像度にするテクスチャパックが公開

    『Fallout: New Vegas』およそ1万3,000点のテクスチャを高解像度にするテクスチャパックが公開

  3. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

    海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

  4. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  5. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  6. 海中を冒険するダイビングシム『Deep Diving Simulator』配信日決定!

  7. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  8. アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

  9. 「Bloodborne: The Board Game」Kickstarter開始!開始数時間で1億円近くの支援達成

  10. 『PUBG』ネパールで禁止撤回の動き―「表現の自由」制限必要な内容でないと判断

アクセスランキングをもっと見る

1
page top