海外レビューハイスコア『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』

1998年にNINTENDO64向けに発売されたゼルダの伝説 時のオカリナ。本作のニンテンドー3DS版となるゼルダの伝説 時のオカリナ 3DSの海外レビューをご紹介致します。NINTENDO64版でも高評価だった本作ですが、果たして結果は如何に

携帯ゲーム DS


Eurogamer: 10/10
素晴らしい芸術はあなたの人生の岐路において特別な意味をもたらす。時のオカリナは今の私にとって13年前にプレイした時よりもずっと特別だ。事実、私はこのゲームがビデオゲームが生まれてから最も素晴らしい物の1つであるとまだ確信している。

IGN: 9.5/10
正直な所、幾つかの3DSゲームよりも見た目は悪く、グラフィックの改善は十分では無いが、他にプレイヤーの興味を引くに値するゲームはそう多く無いだろう。このゲームの発売によって新世代のゲーマーが任天堂のフランチャイズに気づくことは明白だ。残った我々は13年ほど前に見知ったハイラルを再び訪れる価値があるかどうか決めなければならない。

演出: 9/10
グラフィック: 8.5/10
サウンド: 9.5/10
ゲームプレイ 10/10
持続性: 9/10

Joystiq: 9/10
平面的な音景にも関わらず、時のオカリナ3Dは素晴らしいゲームの素晴らしいバージョンであり、未熟な3DSプラットフォームにおける最も強力なタイトルだ。過去のタイトルをリメイクする新たなスタンダードを示し、ゲーマーのノスタルジックにパブリッシャーが投資する事は何ら間違いでは無い事を証明している。ただし彼らが原作を愛しているデベロッパーを見つける事が出来るならばだ、我々ほどとは言わないが。

GameSpot: 8.5/10
過去のルーツが時々見え隠れするにも関わらず、改良されたビジュアルは世代の壁を取り払っている。新要素は冒険のコアをより高めて本作をクラシックゲームの決定版へと導いた。時のオカリナ3Dを制作した事は歴史的アドベンチャーゲームを蘇らせる為の正しい道筋だ。長所: 美しく改善されたビジュアル。素晴らしい冒険と魅力的なサイドクエスト。刺激的な武器やアイテム。優れた音楽と忘れられないキャラクター達。メインクエストは爽快なチャレンジ。短所: 周囲のオブジェクトが乏しい。メインクエストがスタート時点ではアンロックされていない。

1UP: 8.3/10
本作は今もなお素晴らしいアドベンチャーゲームで、一面を情緒感が覆い満足に満ち溢れている。だが完璧な2Dゲームである神々のトライフォースと、洗練された成功者であるトワイライトプリンセス、そしてSkyward Swordといった作品の間では居心地悪く感じてしまう。


* * * * *



1998年にNINTENDO64向けに発売されたゼルダの伝説 時のオカリナ。本作のニンテンドー3DS版となるゼルダの伝説 時のオカリナ 3DSの海外レビューをご紹介致します。

そもそもNINTENDO64版が9.9/10というほぼ完璧に近いスコアを記録していた本作ですが、ニンテンドー3DS版にも殆どの海外サイトが9/10以上の得点をつけており、最低値は何と8.0/10。2011年6月23日現在、平均メタスコアは9.4/10という素晴らしい結果となっており、当時より総レビュー数が2倍近く増えている事を考えれば、原作と同等のスコアを獲得したとも考えられそうです。


レビューでは改善されたグラフィックや3D立体視を筆頭に、下部画面に常時表示出来る簡易マップやオカリナの楽譜、さらに旧世代と新世代のゲーマーへの配慮として搭載されたヒント映像や裏ゼルダなど、新たに追加されたシステムの殆どが賞賛対象に。時のオカリナ自体の素晴らしい素材の味を壊さずに、3DSの機能を上手く味付けした事が高評価へと繋がった様です。

逆に元の世界をほぼ壊さない原作寄りのリメイクとなった事により、13年間という時の流れにより生まれた“古臭さ”を指摘するレビュアーも一部存在。グラフィックは現代のゲームレベルと比べると物足りず、マップ上のオブジェクトの少なさも減点対象に。また1UPでは、2006年に発売された3Dゼルダ最高傑作と名高いトワイライトプリンセスと比較され、やや押さえ気味の評価もつけられました。


そういった批判もあったものの、全てのサイトで8/10以上の高得点を叩き出した本作。ゲーム本編に対する批評も殆ど存在せず、その中身は時を超えて遊べる本物のアドベンチャーとして再び評価されています。ゼルダに触れた事の無い新たな冒険者はもちろん、一度は世界を救った歴戦の勇者にとっても、ハイラルの地を訪れる事は素晴らしい冒険となりそうです。
(ソース:Metacritic)

(c)1998-2011 Nintendo

【関連記事】
『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』の北米CMにロビン・ウィリアムズが出演
3DS『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』最新のTVCM&紹介映像が公開
『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』の最新ムービーが公開
『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』には新たなモードを搭載
『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』日本での発売日が遂に決定
3DS版『ゼルダの伝説 時のオカリナ』は“裏ゼルダ”を収録
『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』ハンズオン映像&最新ゲームディテール
子供リンクの姿も!『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』最新スクリーンショット
E3 10: N64『ゼルダの伝説 時のオカリナ』がニンテンドー3DSで復活
《tobiuo》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 仏教系STG『摩尼遊戯TOKOYO』クラウドファンディングが開始―理由は「徳が尽き、開発が止まった」ため

    仏教系STG『摩尼遊戯TOKOYO』クラウドファンディングが開始―理由は「徳が尽き、開発が止まった」ため

  2. 本当にDS!?『Brothers In Arms: War Stories』トレイラー&スクリーンショット

    本当にDS!?『Brothers In Arms: War Stories』トレイラー&スクリーンショット

  3. 噂: ニンテンドー3DSは実績、フレンドリスト、ボイスチャットを搭載

    噂: ニンテンドー3DSは実績、フレンドリスト、ボイスチャットを搭載

  4. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  5. PS Vitaの一部機能が削除・サポート終了へ、「YouTube」や「マップ」アプリなど

  6. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

  7. 任天堂に100日間の引きこもりストライキ、早期に終了… 警察が出る騒ぎに

  8. 本家と同じくとっても過激!『Jackass: The Game』トレイラー

  9. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

アクセスランキングをもっと見る

1
page top