Xbox LIVEアーケードの価格は全体的に上昇傾向にある−Microsoft | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox LIVEアーケードの価格は全体的に上昇傾向にある−Microsoft

Xbox LIVE向けのサービスとして、現在までに様々なタイトルが配信されているXbox LIVEアーケード。マイクロソフトのXBLAポートフォリオディレクターChris Charla氏は、ここ数年でXBLAの価格は全体的に上昇傾向にあるとコメントしています。

家庭用ゲーム Xbox360
Xbox LIVE向けのサービスとして、現在までに様々なタイトルが配信されているXbox LIVEアーケード。それらのタイトルはそれぞれ400MSP/800MSP/1200MSPの価格帯で設定されていますが、マイクロソフトのXBLAポートフォリオディレクターChris Charla氏は、ここ数年でXBLAの価格は全体的に上昇傾向にあるとコメントしています。

GamesIndustry.bizの調べによれば、2009年に配信された86タイトルのうち21タイトルが1200MSP、2010年には85タイトルが配信され、そのうち27タイトルが1200MSPと前年より割合が増加、そして2011年現在では既に20タイトルが1200MSPの価格で設定されているなど全体的に上昇傾向にあるようです。

Charla氏は現在のXBLAの市場が、App Storeのような無料化への競争とは正反対で興味深い傾向であるとしており、ゲームクオリティの上昇が価格の上昇を相殺しているとコメント。XBLAはサービス開始当初の50MBの容量制限から、2009年には2GBへと容量を緩和し、最近では大容量のXBLAタイトルも増えています。

尚この夏配信のBastion、From Dust、Insanely Twisted Shadow Planet、Toy Soldiers : Cold Warに関してもそれぞれ1200MSPの価格で配信が予定されています。(ソース: VG247)

【関連記事】
SDCC 11: 自警団と悪党が大激戦!『Gotham City Impostors』最新CGIトレイラー
SDCC 11: 発売は8月!『Street Fighter III: 3rd Strike Online Edition』最新トレイラー
独特な世界観が光る新作アクション『Scarygirl』XBLA/PSN版最新ショット
ネバネバ ゾンビでパズル!XBLA『Splatters』のデビュートレイラーが公開
いよいよ来週配信!XBLA新作『Bastion』幻想的ローンチトレイラー
《Round.D》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』“Clash”再び使用不可に……―新たなグリッチのため

    『レインボーシックス シージ』“Clash”再び使用不可に……―新たなグリッチのため

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. 高評価サイバーパンクACT『RUINER』のニンテンドースイッチ版がまもなく登場!

  5. 一人でも友達とでも遊べるハクスラARPG『ウォーハンマー:Chaosbane』PS4版プレイレポート

  6. 『侍道外伝 KATANAKAMI』シリーズお馴染みの「先生」も登場決定!謎のフロアや新キャラクターなど、発売開始に伴い新情報が一挙公開

  7. 『鉄拳7』全世界販売数500万本突破!登場キャラ大集合の記念イラスト公開―中には原田勝弘氏の姿も?

  8. デッドプールも登場!『フォートナイト』チャプター2―シーズン2がついに開始ースパイたちに占領された島の運命はあなたの手に

  9. 『あつまれ どうぶつの森』Directで発表された最新情報まとめ―お馴染みのマイホームや住民たちがプレイヤーを待つ!もちろんローン返済も…

  10. 『フォートナイト』自分だけの島はどうやって作る?新モード「クリエイティブ」プレイガイド!【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top