『海外ゲーマーが選ぶ今世代のJRPG』TOP20 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『海外ゲーマーが選ぶ今世代のJRPG』TOP20

海外フォーラムNeoGAFにて、「( 今世代のJRPGトップ5は? )」と題したスレッドが立てられ、熱心なゲームファンから様々な日本産RPGの名前が挙げられているので、それらの意見を基にしたトップ20タイトルのリストをお送りします。

PC Windows
海外フォーラムNeoGAFにて、「Your Top 5 JRPGs of this Generation?(今世代のJRPGトップ5は?)」と題したスレッドが立てられ、熱心なゲームファンから様々な日本産RPGの名前が挙げられているので、それらの意見を基にしたトップ20タイトルをお送りします。一体どのようなJRPGが海外ゲーマーの間で評判が高いのでしょうか、さっそく1位からご覧ください。

※主にDS/PSP世代以降の作品が対象、PS2世代以前の作品やそれらのリメイクは名前が挙がったものでも除外しています(一部例外あり)。また、純粋なRPGだけでなくアクションRPGやシミュレーションRPGといったサブジャンル作品も含まれます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


1位: 『戦場のヴァルキュリア』(60票)
Valkyria Chronicles (PS3, セガ, 2008年発売)


2位: 『ゼノブレイド』(55票)
Xenoblade Chronicles (Wii, 任天堂/モノリスソフト, 2010年発売)


3位: 『テイルズ オブ ヴェスペリア』(50票)
Tales of Vesperia (Xbox 360/PS3, バンダイナムコゲームス, 2008年発売)


4位: 『ファイナルファンタジーXIII』(44票)
Final Fantasy XIII (Xbox 360/PS3, スクウェア・エニックス, 2009年発売)


5位: 『ロストオデッセイ』(42票)
Lost Odyssey (Xbox 360, ミストウォーカー/フィールプラス, 2008年発売)


6位: 『すばらしきこのせかい』(35票)
The World Ends with You (DS, スクウェア・エニックス, 2007年発売)


7位: 『Demon's Souls』(31票)
Demon's Souls (PS3, フロム・ソフトウェア, 2009年発売)


8位: 『エンド オブ エタニティ』(29票)
Resonance of Fate (Xbox 360/PS3, トライエース/セガ, 2010年発売)


9位: 『ニーア レプリカント/ゲシュタルト』(28票)
Nier (Xbox 360/PS3, キャビア/スクウェア・エニックス, 2010年発売)


10位: 『ブルードラゴン』(25票)
Blue Dragon (Xbox 360, ミストウォーカー/アートゥーン, 2006年発売)


11位: 『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』(22票)
Dragon Quest IX: Sentinels of the Starry Skies (DS, レベルファイブ/スクウェア・エニックス, 2009年発売)

12位: 『ラジアントヒストリア』(21票)
Radiant Historia (DS, アトラス, 2010年発売)

13位: 『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(16票)
Pokemon Black and White (DS, ゲームフリーク/ポケモン/任天堂, 2010年発売)

14位: 『ラスト レムナント』(15票)
The Last Remnant (Xbox 360/PC, スクウェア・エニックス, 2008年発売)

15位: 『マリオ&ルイージRPG3!!!』(13票)
Mario & Luigi: Bowser's Inside Story (Xbox 360/PC, アルファドリーム/任天堂, 2009年発売)

16位: 『トラスティベル 〜ショパンの夢〜』(11票)
Eternal Sonata (Xbox 360/PS3, tri-Crescendo/バンダイナムコゲームス, 2007年発売)

17位: 『KINGDOM HEARTS Birth by Sleep』(10票)
Kingdom Hearts Birth by Sleep (PSP, スクウェア・エニックス, 2010年発売)

17位: 『女神異聞録デビルサバイバー』(10票)
Shin Megami Tensei: Devil Survivor (DS, アトラス, 2009年発売)

19位: 『ファイアーエムブレム 暁の女神』(8票)
Fire Emblem: Radiant Dawn (Wii, インテリジェントシステムズ/任天堂, 2007年発売)

20位: 『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』(7票)
Shin Megami Tensei: Strange Journey (DS, アトラス 2009年発売)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


以上のような結果となっていますが、いかがでしたでしょうか。気になる点としては“今世代の作品”として分類するにはやや微妙な立場の『ペルソナ4』と『英雄伝説VI「空の軌跡」』で、このリストには掲載していないものの10人前後のユーザーが名前を挙げていました。

また『タクティクスオウガ 運命の輪』、『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』、『ペルソナ3 ポータブル』といった作品も、リメイクでありながら多数のゲーマーがベストJRPGのひとつとして選出。

「『Demon's Soul』や『ニーア』が果たしてJRPGなのか」といった議論は海外ゲーマーの間でもなされており、定義が難しい所ですが、いずれのタイトルも非常に評判が良く、とりわけ『ニーア』に至ってはメタスコア68点という批評家の意見とは裏腹にリスペクトされている様子。

他方で、一部のユーザーからは「今世代に名前を挙げる価値のあるJRPGが5つもあることに驚き」「トップ5どころかひとつもない」といったさみしい意見も出ていました。(ソース: NeoGAF)


【関連記事】
堀井雄二氏: 海外レビュアーはターンベースRPGに対し否定的
『ドラゴンクエストIX』は“JRPG”ではない―ディアブロ、オブリビオンから影響
RPGメーカーのObsidian、『クロノ・トリガー』の海外制作に興味
BioWare開発者: 『ファイナルファンタジーXIII』はRPGではない
海外サイトが選ぶ『最も偉大なRPG作品』TOP10
BioWareの「JRPGは進化が不足している」発言、海外ユーザーの反応は…
海外サイトが選ぶ『真・三國無双シリーズ歴代作品』TOP10
海外サイトが選ぶ『過小評価された今世代の偉大なゲーム』TOP5
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  2. 8bit風アクションADV『アスタロン: 地球の涙』かわいいキャラの冒険を描くゲームプレイトレイラー!

    8bit風アクションADV『アスタロン: 地球の涙』かわいいキャラの冒険を描くゲームプレイトレイラー!

  3. 『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

    『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

  4. サバイバルホラー『Chernobylite』約30分に渡る公式ゲームプレイ映像!戦闘から探索まで一挙公開

  5. 都市建設シム『アノ1800』DLCやシーズンパスの内容が判明―海外向けトレイラーも

  6. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  7. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  8. 硬派なボクセルホラーADV『The Padre』正式版が配信!悪魔の力の謎を解け

  9. 『アサシン クリード ユニティ』PC版の要求スペックが公開― 最小にGTX680を要求

  10. 『オーバーウォッチ』陽光降り注ぐ新マップ「Havana」がPC版PTRに登場!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top