違法コピー懸念し『Ghost Recon: Future Soldier』のPC版が発売中止−海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

違法コピー懸念し『Ghost Recon: Future Soldier』のPC版が発売中止−海外報道

PC Windows



違法コピーの存在を理由に、新作『I Am Alive』ではPC版を発売しない意向を明らかにしたパブリッシャーのUbisoftですが、新たに別のメジャータイトル『Ghost Recon: Future Soldier』でもPC版が発売されないと一部海外サイトで報道がなされています。

これは、PC Gamerに掲載された『Ghost Recon: Online』のプロデューサーSebastien Arnoult氏へのインタビューから明らかになったもので、当初PC向けにも発表されていた新作『Ghost Recon: Future Soldier』は、現在コンソールのみでの発売が予定されているとのこと。

インタビューを受けたArnoult氏は、「95%のユーザーが違法ダウンロードを行なっている」などと指摘、そうした背景を踏まえ、PCユーザーには『Future Soldier』の単純な移植よりも、F2P(基本プレイ無料)モデルを採用し制約の多い従来のDRMを取り払った『Ghost Recon: Online』のような作品が適していると考えたそうです。

一方、これら報道に対して、別のUbisoft担当者からは「噂を信じるな、公式情報は常に良いものになる」といったTwitter発言が飛び出しており、『Ghost Recon: Future Soldier』の発売機種に関しては正式な情報開示が待たれる状況です。(ソース: PC Gamer: Ghost Recon Online being free-to-play is a counter to piracy, says Ubisoft producer via Blue's News)


【関連記事】
PC版『I Am Alive』配信の予定は今のところ無し、理由は海賊行為
英国での違法コピー件数が2006年から上昇傾向、海賊行為が徐々に蔓延中
Ubisoft: 『Assassin's Creed: Revelations』は常時接続が必要なDRMを使用しない
『From Dust』PC版のDRM削除パッチが配信、PSN版の配信日も決定
Ubisoft: 常時ネット接続が必要なDRM戦略は成功している
『Ghost Recon: Future Soldier』の海外リリース日が3月6日に決定
『Ghost Recon: Future Soldier』のマルチプレイヤーベータは2012年1月に実施
Wii U『Ghost Recon: Online』のウォークスルームービーが公開
E3 11: 『Ghost Recon: Future Soldier』Kinect対応が発表!実際の使用シーンも
Ubisoft、基本プレイ無料の『Ghost Recon Online』を正式発表
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 一人称視点ダンジョンクローラー『Monomyth』Steam Greenlightトレイラーが公開

    一人称視点ダンジョンクローラー『Monomyth』Steam Greenlightトレイラーが公開

  2. PC版『Impact Winter インパクト・ウインター』の再延期が決定

    PC版『Impact Winter インパクト・ウインター』の再延期が決定

  3. 『PUBG』追加武器はロシア製狙撃銃「VSS」!治療モーションも

    『PUBG』追加武器はロシア製狙撃銃「VSS」!治療モーションも

  4. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  5. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  6. 『LawBreakers』開発元がまもなく「ビッグニュース」を投下、海外PS4展開の噂も

  7. 『マイクラ』風ARPG『Portal Knights』Steam版正式配信!―小島監督も注目

  8. 近接攻撃が本格的に?『PUBG』にキルムーブが実装か

  9. 『PUBG』Week8アップデート配信決定―フラッシュバンが一時的に削除

  10. クライムACT『Shakedown Hawaii』新プレイ映像、16bit風で描かれる『Retro City Rampage』の30年後

アクセスランキングをもっと見る

page top