Mad Catzがお値段100ドルのプロ向けコントローラー発売、十字キー交換可 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Mad Catzがお値段100ドルのプロ向けコントローラー発売、十字キー交換可

先週開催されたCES 2012ではRazerのPCゲーミングタブレットやNykoの周辺機器など様々なゲーム向けガジェットが展示、発表されていましたが、Mad Catzでも新たなプロ向けのコントローラー“MLG Pro Circuit Controller”が登場していましたのでご紹介致します。

家庭用ゲーム Xbox360


先週開催されたCES 2012ではRazerのPCゲーミングタブレットやNykoの周辺機器など様々なゲーム向けガジェットが展示、発表されていましたが、Mad Catzでも新たなプロ向けのコントローラー“MLG Pro Circuit Controller”が登場していましたのでご紹介。

世界最大級のゲームリーグ“Major League Gaming”モデルとなるこのコントローラーの特徴は、過去にも発売された同社の“Cyborg Rumble Pad”と同様に十字キーとアナログスティックの位置を入れ替えることが可能な点。本コントローラーではさらに三箇所の設置部位が独立しており、上部カバーを外すことで2つのアナログスティックと2種類の十字キーを各部位に装着し、Xbox 360、PlayStation 3などのコントローラースタイルを好きに選ぶことが可能となっているようです。

他にもコントローラーとの接続部で外すことが出来る3メートルのプロケーブルや、35グラム、70グラムの重みをかすことが出来るウェイトシステム、全てのアタッチメントとコントローラー本体を収納できるプロケースなども同梱されているとのこと。各種イメージはこちらからどうぞ。

なおお値段は99.99ドルで、海外ではPS3版box 360版が既に発売中とのことです。


(ソース&イメージ: Joystiq)


【関連記事】
CES 12: タッチや傾きセンサーも。PS Vita版『LittleBigPlanet』直撮りプレイ動画
CES 12: RazerのPCゲーミングタブレット“Project Fiona”実機プレイ映像
CES 12: 周辺機器メーカーNyko、PS Vitaなどに向けた新型アクセサリーを発表
CES 12: RazerがPCゲーミングタブレット“Project Fiona”を公開
《ishigenn》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

    PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

  2. 『カスタムロボ』ディレクターが手がける対戦ロボACT『Synaptic Drive』にはSteam版も―プレイ映像も公開!

    『カスタムロボ』ディレクターが手がける対戦ロボACT『Synaptic Drive』にはSteam版も―プレイ映像も公開!

  3. 『Fallout 76』チームプレイ時のXP配布やアイテム漁りに関する仕様が公式SNSより一部公開

    『Fallout 76』チームプレイ時のXP配布やアイテム漁りに関する仕様が公式SNSより一部公開

  4. もう一つの地球防衛軍『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』国内向け最新トレイラーが公開!

  5. 『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

  6. 『CoD:BO4』ベータ終了直前に「Blackout」モードの最大同時参加プレイヤー数が100名へ増加

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』キャラ/ロケーション新情報―厳しい自然に、前作のあのキャラたちも登場【UPDATE】

  8. 『アサシン クリード オデッセイ』“アレクサ”とアレクシオスが奇跡の融合を果たしたパロディ映像―海外ではゲームでも連携可能

  9. 激ムズACT続編『LA-MULANA 2』家庭用ゲーム機版発表!PS4/XB1/スイッチにて2019年春発売予定

  10. 『ニンテンドーラボ』をレゴで設計!?海外レゴデザイナーが驚きの映像を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top