カプコンが世界各地で謎のバイラル広告を展開、『バイオ』関連か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコンが世界各地で謎のバイラル広告を展開、『バイオ』関連か

海外サイトの調査により、カプコンが謎のバイラルキャンペーンを展開していることが分かったそうです。“No Hope Left”のロゴにはバイオハザードのシンボルが組み込まれており、「2012年1月19日14時PST」という何らかの発表が行われる日時が同時に記載。

ニュース 最新ニュース

海外サイトの調査により、カプコンが謎のバイラルキャンペーンを展開していることが分かったそうです。

最初に情報が見つかったのは“There's No Hope Left”と名付けられたブログ。ここでは東京、ロンドン、サンパウロ、ヨハネスブルグ、中国などの世界各地で撮影された“No Hope Left(希望は残されていない)”のメッセージや、何者かに襲われて助けを求める中国人女性の動画が投稿。










“No Hope Left”のロゴにはバイオハザードのシンボルが組み込まれており、「2012年1月19日14時PST」という何らかの発表が行われる日時が同時に記載。

このNoHopeLeft.comをWHOIS検索にかけたところ、『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』公式バイラルサイトの所有者と一致するIdentity Protection ServiceやWEBFUSION LTDという名前が浮上。さらに、海外サイトTheSixthAxisがロンドンで見つかった看板広告の管理会社に“No Hope Left”の広告主が誰なのかを問い合わせると、「カプコンによるもの」と回答があったそうです。

尚、カプコンは日本時間で2012年1月20日19時より「バイオハザード生誕15周年記念のプレミアムパーティ」を開催予定で、今回のバイラルキャンペーンで告知されている日時とほぼ一致しています。(ソース: NoHopeLeft.com via IGN, TheSixthAxis: Exclusive: “No Hope Left” Is Capcom!)


【関連記事】
噂: 『バイオハザード6』の新たなヒント、中国が舞台に?
声優の出演作品リストに『バイオハザード6』の名前が記載
噂: 海外サイトで『バイオハザード6』の怪しいトレイラーが出回る
関係者: 『バイオハザード6』はシリーズで最も恐ろしい作品に
OPM UK噂コーナー: 『バイオハザード6』は2012年に登場
『バイオハザード6』は原点のホラーに回帰?カプコンがコメント
カプコン: 『バイオハザード6』は過去のシリーズとは全く異なる内容になる
カプコン竹内氏: 『バイオハザード6』の開発には関わらない
海外サイトによる『バイオハザード6に求める5つの要望』
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『レッド・デッド・リデンプション2』のレビュー解禁は発売前日の10月25日と判明

    『レッド・デッド・リデンプション2』のレビュー解禁は発売前日の10月25日と判明

  2. 『オーバーウォッチ』チャリティで集まった寄付金の使途が公開―乳がん研究に貢献

    『オーバーウォッチ』チャリティで集まった寄付金の使途が公開―乳がん研究に貢献

  3. 2Dドットレーシング『Super Pixel Racers』海外向けに10月31日発売決定―天候の表現や自動生成コースも

    2Dドットレーシング『Super Pixel Racers』海外向けに10月31日発売決定―天候の表現や自動生成コースも

  4. 『サイバーパンク2077』欧州でのパブリッシングはバンダイナムコが担当

  5. ゲームサービス「G123.jp」リニューアルキャンペーン開催決定!傳谷英里香さんと天龍源一郎さんがアンバサダーに

  6. 地獄ホラー『Agony』の無規制版『Agony UNRATED』やっぱり登場か!? Steamページが出現

  7. じんわりとした不安が襲うコズミックホラーADV『Ode to a Moon』発表!

  8. 『Amnesia』『SOMA』開発元が新たなスタッフを募集―「新作は完成に近づいている」

  9. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

アクセスランキングをもっと見る

page top