カプコンが世界各地で謎のバイラル広告を展開、『バイオ』関連か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコンが世界各地で謎のバイラル広告を展開、『バイオ』関連か

ニュース 最新ニュース


海外サイトの調査により、カプコンが謎のバイラルキャンペーンを展開していることが分かったそうです。

最初に情報が見つかったのは“There's No Hope Left”と名付けられたブログ。ここでは東京、ロンドン、サンパウロ、ヨハネスブルグ、中国などの世界各地で撮影された“No Hope Left(希望は残されていない)”のメッセージや、何者かに襲われて助けを求める中国人女性の動画が投稿。










“No Hope Left”のロゴにはバイオハザードのシンボルが組み込まれており、「2012年1月19日14時PST」という何らかの発表が行われる日時が同時に記載。

このNoHopeLeft.comをWHOIS検索にかけたところ、『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』公式バイラルサイトの所有者と一致するIdentity Protection ServiceやWEBFUSION LTDという名前が浮上。さらに、海外サイトTheSixthAxisがロンドンで見つかった看板広告の管理会社に“No Hope Left”の広告主が誰なのかを問い合わせると、「カプコンによるもの」と回答があったそうです。

尚、カプコンは日本時間で2012年1月20日19時より「バイオハザード生誕15周年記念のプレミアムパーティ」を開催予定で、今回のバイラルキャンペーンで告知されている日時とほぼ一致しています。(ソース: NoHopeLeft.com via IGN, TheSixthAxis: Exclusive: “No Hope Left” Is Capcom!)


【関連記事】
噂: 『バイオハザード6』の新たなヒント、中国が舞台に?
声優の出演作品リストに『バイオハザード6』の名前が記載
噂: 海外サイトで『バイオハザード6』の怪しいトレイラーが出回る
関係者: 『バイオハザード6』はシリーズで最も恐ろしい作品に
OPM UK噂コーナー: 『バイオハザード6』は2012年に登場
『バイオハザード6』は原点のホラーに回帰?カプコンがコメント
カプコン: 『バイオハザード6』は過去のシリーズとは全く異なる内容になる
カプコン竹内氏: 『バイオハザード6』の開発には関わらない
海外サイトによる『バイオハザード6に求める5つの要望』
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

    GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

  2. 『レインボーシックス シージ』新シーズン「Operation White Noise」発表!

    『レインボーシックス シージ』新シーズン「Operation White Noise」発表!

  3. 『レインボーシックス シージ』週末無料プレイが国内発表―デジタル版割引も

    『レインボーシックス シージ』週末無料プレイが国内発表―デジタル版割引も

  4. 噂: Steamハロウィンセールが近日開催か―ブラックフライデーセールやウィンターセールの日程も浮上

  5. ベルギー、『STAR WARS バトルフロント II』の調査を開始-ギャンブルに当る疑い

  6. 『DARK SOULS』アストラの上級騎士スタチューの工場製作版ビジュアルが公開!

  7. ケイブ、完全新作『三極ジャスティス』の公式サイトをオープン!

  8. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  9. 最新作『Wolfenstein II』の国内発売が決定!―日本語吹替トレイラーも披露

  10. 1年を締めくくる「The Game Awards 2017」ノミネート作品発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top