カプコン、『バイオ リベレーションズ』の米国小売価格を39ドルに変更 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコン、『バイオ リベレーションズ』の米国小売価格を39ドルに変更

ニュース 最新ニュース

カプコンは、2月7日にリリースされる3DS新作『バイオハザード リベレーションズ(Resident Evil Revelations)』の米国内での小売価格を、当初予定していた49.99ドルから39.99ドルに変更すると発表しました。発売の約一週間前に値下げを発表するのは異例のことと言えます。

本作が3DSタイトルの標準的な価格である39ドルよりも10ドル高い設定だったことは、昨年11月にも海外サイトで取り沙汰され、カプコン側は「4GBカートリッジを採用(通常は2GB)した大ボリュームのエピックタイトル」などと理由を説明していました。

カプコンによると、そうした反響を受けて数週間コストダウンの方法を模索した結果、39.99ドルへの値下げを実現するのに成功したとのこと。但し新価格が適用されるのは米国内のみで、その他の国や地域に関して発表はありません。(ソース: Capcom Unity: Resident Evil Revelations price update: now $39.99!)


【関連記事】
海外レビューハイスコア『バイオハザード リベレーションズ』
『バイオハザード リベレーションズ』の北米版パッケージに誤植【UPDATE】
海外誌に『バイオハザード リベレーションズ』の初レビューが掲載
『BIOHAZARD REVELATIONS』の海外発売日が決定、不気味なカバーアートも
カプコンUSA幹部: 『バイオ3D』のセーブ問題は二度と起こらない
『バイオハザード3D』のセーブ問題に波紋、カプコンから新たな声明も
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

    PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  3. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

    病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

  4. Quantic Dream元従業員が劣悪な職場環境を非難―同社CEOは強く否定

  5. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  6. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

  7. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  8. 『MotorStorm』『Driveclub』元開発者が新作SFゲーム制作中―Unreal Engine 4採用

  9. 海外セガが謎の予告イメージを公開!―『テーマホスピタル』後継作との噂も

  10. 『GRAVITY DAZE 2』オンラインサービスが6ヶ月延長決定―2018年7月まで

アクセスランキングをもっと見る

page top